浦佐スキー場土砂災害復旧に関する説明会
        12月20日(火)19:00~20:30

 お国じまん会館にて開催される。県、市の担当者より説明を受ける。
 質問は、倒産後の浦佐スキー場の保全は管理はどうなるのかと言うところに質問が多く出る。

 復旧は来年消雪後、測量・用地買収・工事着手と言う手順で行う。工事は「石の布団かご」を現在の土嚢の前に長さ50メートル、高さは土嚢と同じ高さに。そして、布団かごに沿って排水溝を設置。ゲレンデ斜面にも排水溝を設置。

 雪崩を止めるという工法でなく、あくまでも土砂をを止める。
 5ヘクタールを地すべり地帯に指定する。
 今年の冬は見回りを強化して雪崩対策に当たる。
 今後の管理保全については市と地元で協議する。
 先日1回目の債権者会議が行われ、2回目は来年行われる。新たな買い手とかはむずかしい。
 リフトは買い取る業者がでたようです。3月ごろには撤去。

 昨年の今頃は、浦佐スキー学校50周年を祝い、地元と一体となった新たな浦佐スキー場にしたいとスタートしたばかりであったのに閉鎖は本当に残念である。
 閉鎖をして雇用、地域の経済に及ぼす影響は大きいと改めて感ずる。
 
 今後浦佐スキー場跡地の活用について市と協議し進めていかなければと思った。
 スキー場としては、魅力は少ないが、どうだろうか、四季を通じての観光、保養等々を考えたときに他にはない立地条件は最高と思う。そういう視点から誘致を考えて行こう・・・・・。

 <他には無い立地>  
  ・交通アクセスは最高(新幹線浦佐駅、関越高速道大和インター)
  ・魚沼基幹病院平成27年に開設
  ・国際大学、北里大学保健専門院学園、国際情報高校
  ・霊峰八海山、清流魚野川を望む
  ・日本一の魚沼コシヒカリ、八色スイカ等の食
  ・歴史の毘沙門堂と浦佐城
  ・
[PR]
by 2nezou | 2011-12-20 07:35 | 地域情報 | Comments(0)
<< 八海山麓スキー場安全祈願祭  ... 阿部議長就任祝賀会 >>