<   2006年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧
雄介結婚おめでとう
       4月29日(土・みどりの日)

 雄介おめでとう!花嫁さんの晴れ姿を、じいちゃん・ばあちゃんに見てもらうために、京都で式を挙げる。親戚は、新潟と東京なのに雄介の優しさだなと感心する。家のじいちゃん・ばあちゃんも楽しみにしており、京都に行った。西本願寺で行う。
 
 嫁さんをもらうのは、男兄弟ばかりの常蔵としては得意だが……。

 
         
[PR]
by 2nezou | 2006-04-29 21:54 | 地域情報 | Comments(0)
魚沼菊花展・浦佐菊まつり実行委員会(総会)
      4月29日(土・みどりの日)13:30~15:30

 昨年、第20回菊まつりを開催し、ようやく二十歳となりこれからが、祭りとしての正念場と思
います。第一回から係わってきた私としては、これからは議会と重ならない限り、100%事務局として対応できる。
 裸押し合い祭りの最高幹部(30歳)を終わり、これだけ素晴らしい毘沙門堂・普光寺だか
ら、3月3日一日だけの祭りでなく、何か無いかと言うことから菊まつりを提唱しました。新潟に弥彦あり・浦佐有り、の菊まつりにしようと呼びかけて、スタートいたしました。
 第20回の菊まつりは、入り口に「菊アーチ」、会場に「菊の五重塔」を作成し、出品の菊も
弥彦を上回る、質の高い作品だとお褒めの言葉を頂戴しています。
 初心忘れず、弥彦の菊まつりを名実共に、追いつくことを目標に精進します。

 十数年実行委員会の会計を担当してきた小林さんは、菊作りに専念すると言うことで、私が
会計を引き継ぎました。皆さんのご協力・ご指導を賜りたいと思います。
 
[PR]
by 2nezou | 2006-04-29 21:28 | 地域情報 | Comments(0)
飯島教授(調査委員長)初会合
      4月28日(金)13:30~15:30

 大和公民館にて、裸押合大祭記録保存事業の、調査委員長である新潟大学の飯島教授
と初会合を開く。飯島先生は事前調査で、今年の3月2日・3日と来られた。
 飯島先生より調査執筆委員の紹介がある。
  ・筑波大学 中野泰先生(多聞青年団を中心に)
  ・出版社  津山正幹先生(街並み、民家ー祭りの場の空間……)
  ・長岡市立科学博物館長 山崎進先生(裸で押合うと言う意味…、幅広く祭りをみる)
  ・地元より(浦佐天王町在住) 瀧澤繁先生
  ・選考中
  ○顧問ー神奈川大学大学院 歴史民俗資料学研究科 佐野賢治教授(文学博士)
  ○監修ー日本宗教民俗学会代表委員 鈴木昭英先生(文学博士)
  ○調査執筆協力委員として
     ・坂西謙司さん ・湯本高夫さん ・横山一男さん
  ○調査補助員として
     ・鈴木章二さん ・北村洋成さん ・小島康義さん ・関利一さんそして、私。
     ・新大、筑波大学院生数名
  ○調査協力委員
     ・実行委員会委員(区、商工会、普光寺関係者、老人会、歴代団長、婦人会等々)
 
 「国宝重要文化財等保存整備事業」として、国より1,169千円、同額が市より補助金とし
て、交付されスタートする。この事業を地域全体で支援し、後世に残る記録とすべく、実行委員会設立を5月14日に行います。
 私自身、歴史とか文化財なんて言うと、余り興味が無く過ごしてきましたが、裸押し合い祭
りと言うと血が騒ぎます。これを契機に歴史・史跡等の文化財を学び、地域の活性化のため
に勉強します。一緒にいい汗かきましょう。
[PR]
by 2nezou | 2006-04-28 16:39 | 地域情報 | Comments(0)
社会厚生委員会開催
       4月25日~26日 両日9:30~16:00

 調査事件として
  (1)斎場の管理運営について
  (2)障害者自立支援事業について(含現地調査)
  (3)介護保健認定審査について
  (4)養護老人ホームの運営について(含現地調査)
  (5)保育事業について(含現地調査)
  (6)学童保育について(含現地調査)
  (7)休日救急診療所の管理運営について
  (8)その他

 調査に入る前に4/1より就任した平賀収入役の挨拶。そして、助役より市営長森住宅10戸の下水道使用料金の徴収漏れについてと、魚沼地域医療高度化病院と、総合福祉センタの賠償問題についての報告がある。
 ○ 斎場の改築、管理運営(場所は現思川へ)  
     19年度着工、20年度稼働の予定。ペットの炉については、必要と思うがこの場所
というのは問題。斎場の管理人の接待態度が悪いとの指摘有り。
 ○ 障害者自立支援事業
     現地として知的障害者厚生施設「まきはたの里」、身体障害者福祉工場「旭原福
祉工場」、精神障害者通所授産施設「魚野の家」を訪問する。
     4/1から障害者自立支援法が適用され、各施設とも利用者の負担増から利用で
きない方が出るのではないかと心配され、南魚沼福祉会の石田常務さんは「法案の
修正を今後求めてゆかなくてはならない」と強く話される。
      旭原福祉工場は農作業を中心に利用者に賃金(650円/H)を支払いしており、
国・県でもここ一カ所しかない施設。「病は近代医学では治せない」と、百十数年前
に医師シュレーベル博士がクラインガルデン(市民農園)を提唱したことからも、この
施設の存続には行政として支援する必要を感じた。
 ○ 介護保健認定審査     
     申請から認定までの流れと、認定審査業務の現状について調査する。
 ○ 養護老人ホーム(魚沼荘)
     原則65歳以上の方で、心身の衰え、経済的理由、家庭環境などの理由により
在宅での生活が困難になった方が、生活の場として入所する施設。
     自分の身の回りの事ができる方が対象で、できないと入所はできません。自分の
身の回りのことができない方は、介護保健を利用する特別養護老人ホームなどが
対象になります。現在の入所者は70名(定員)で、待機者は10名おる。
     現地調査に行ったとき、職員の方が手すり・引きとの金具等を清掃消毒しており何
かなと思ったら、「ノロウィルス」に係る感染性胃腸炎が発症したためという。
     発症経過、感染経路、家族への説明、感染防止対策等の説明を聞き安堵する。
とかく施設内での不祥事は内部で始末しがちだが、県への報告等を含め対応は
良かった。
 ○ 保育事業
     家庭環境や両親の仕事がますます多様化する中で、保育園の果たす役割はます
ます重大で、その責務は重い。就学前の子育て(しつけ・基本的生活習慣・学力)は、
その人の人格をも形成し、一生を左右するから。  
     0歳児から5歳児までで、保育の形態も多様で保育士の対応も、大変だなと言うの
    が第一印象。管内に26保育園があり1,910名の園児が学んでいる。
     幼稚園、保育園の一元化について、国はモデル施設を設置して検討を進めてお
り、今秋から実施に移すとも聴いているが、当市としても前向きの検討が必要。
     親も保育園に「預ける」という言葉は止めるべき。物では無いから。
 ○ 学童保育
     現在9クラブで児童数が235人と増加の一途である。現在「学童保育協議会」を立
    ち上げて、各クラブの保護者会の事務負担軽減や、より良い子供達のための学童
保育にするために、今後NP0法人化等を視野に検討を進めるとのこと。     
 ○ 休日救急診療所
     昭和49年7月に開設する。
     日曜・休日の昼間、土曜日の午後は各開業医等が交替、土・日・休日の夜間は六
日町病院と大和病院が交替。診療科目は内科・小児科および外科の一次救急医療。

     2日間の委員会は調査事件によっては時間が足りなかったし、広域事務組合の
解散に伴い所管の調査が増加した。委員会で足りなかったところは日常の中で対応
をする。

     新年度に入り、執行部と終了後、顔会せ会をする。     
 
[PR]
by 2nezou | 2006-04-26 20:41 | 議員活動 | Comments(0)
市政報告(川原町常会)
       4月23日(日)20:45~21:10

 川原町は決算と予算常会という。町内が違うと若いお母さん達は、分らない人が多いなと第一印象。関心のある魚沼地域基幹病院の直近の情報、多聞橋からクランクになっている道路の見直しの件、裸押合い祭りの記録保存事業について、新幹線浦佐駅へのエレベーター設置等について報告する。
[PR]
by 2nezou | 2006-04-23 20:30 | 議員活動 | Comments(0)
感動した!春季消防演習
      4月23日(日)8:00~11:00

 「皆さんの元気の良い号令、キビキビとした訓練、凛々しい姿に感動いたしました。皆さんの日夜の活動のおかげで、私ども市民は安心して暮らすことが出来ます。改めて感謝申し上げます。63,000人の市民が、これからも安全で安心して生活できるために、更なる精進をつまれる事をお願いします……。」と、第一分団百数名の前で挨拶をする。

 分団旗入場、8時開始宣言。国旗掲揚、点検者挨拶のあと、小隊・機械器具の点検。小隊毎の規律訓練、水出しポンプ操法訓練では実際に放水をする。どの顔も真剣そのものです。
 ラッパに合わせた分列行進は、ジーンときた。点検者よりの講評は、各部の放水までの時間が報告される。市長挨拶・団長訓辞・祝辞・万歳三唱・国旗降納で、18年度春季消防演習は終わる。
 
 今、若者の行動がとかく言われる中で、この凛々しい行動を、皆さんに披露したいと思ったのは、私ばかりでは無いと思います。
 本当にご苦労様です。消防活動を通じ仲間の親睦を深め、より郷土のためにお互いに頑張りましょう。
 消防団は「水」が無くてはなりません。水を適度に入れ、意気を上げて下さい。
[PR]
by 2nezou | 2006-04-23 14:53 | 議員活動 | Comments(0)
新町区予算総会
      4月22日(土)19:00~20:00

 今年度の区長さんは、関茂さん、副区長に池田俊彦さん、会計に佐々木さん、庶務が関寅春さん、衛生が中村さんと森山さん。一年間ご苦労様です。
 今年は懸案であった大事業(集会場の屋根の改装)に取組みたいと提案があり、二・三の質問のあと満場一致で決まる。250万円以上の改修費であると、市からの4割助成が受けられる制度もあるが、予算の関係で助成の時期が明確でなく、今年改修する事となる。

 私からは・裸押合い大祭記録保存事業の件・魚沼基幹病院の件・2010新幹線問題、そし
て不気味なタバコ投げ込みの件・交通安全の件について報告する。
 犬の糞の後始末やゴミのポイ捨てについて話があり、市の条例化制定の要望がある。
作業場への不燃ゴミの置き方について強い指導がある。
 
 恒例の懇親会。新町は本当にまとまりが良く、他町内からもうらやまれるほどである。この良き伝統をずーと引き継ぐことが大切でーす。
[PR]
by 2nezou | 2006-04-22 20:26 | 地域情報 | Comments(0)
大地をたたく!
      4月22日(土)10:00~17:00

 昨夜は興奮してなかなか眠れなかった……。20数年ぶりにゴルフをするわけだから!
 
 若井さんに「蜻蛉の会」(議員と市職員のゴルフクラブ)に誘われ、いまさらゴルフはいいなと、思っていたが、女房が「お父さんした方がいいよ」の一声で、加入する。
 クラブと靴は友人からの借り物。昨日の午後、ゴルフ練習場に行き、駒形会長の指導で今日に備える。右手の薬指皮がむけて痛くなるも、時々まっすぐに良い当りがするようになる。
 
 コースは群馬県の関越ゴルフクラブ中山コース。
 市長と議長の始球式がありスタートする。スタートは4組で、記念すべき第一打は池ポチャとなる。メンバーに素質があるとおだてられ、OUTのスコアは70。お昼の生ビールは格別で
す。気を入れて午後スタートするが、張り切りすぎて1ホールは12打。その後はだんだん、うまくいき最後の7ホールは、1オーバーで上がる。スコアは66。
 私と一緒に回った牛木さんは準優勝、桐生さんは3位、上村さんは8位と皆さん良い成績で
良かった。
 楽しみにしていた懇親会は、町内の予算総会のため欠席。
[PR]
by 2nezou | 2006-04-22 16:38 | 春夏秋冬 | Comments(0)
18年度大和商工会浦佐支部通常総会
       4月17日(月)19:00~21:00

 魚の川湖畔の「えびすや」さんを会場に、今年度の通常総会に、佐藤議員ともども案内をいただく。169名の会員。17年度、18年度の収支決算・予算が承認され、新入会員等の紹介の後、新支部長に(有)門山電気店の門山好和氏を選任し総会は終わる。任期は3年間。前任者の布袋屋商店の羽賀寛さんご苦労様でした。
 来賓を代表して、商工会長と私が挨拶する。商工会長さんは、六日町・塩沢との合併問題にふれて、まだまだ大きな隔たりがあると話される。
 わたしは一消費者として、日頃の商売に対すると御礼と、地域行事への取組みに対しての感謝をいたしました。そして、浦佐駅から西側の、富町本町通りを「毘沙門通り」として、歴史あふるる昔の街並みに、駅の東側は、八海山と田圃を背景に、魚沼基幹病院、大学、公園を核とした新しいタウン作りに汗しようと話す。
 今、大きな関心事になっている「魚沼地域基幹病院」の直近の情報について紹介し、運営形態・大学との提携・規模機能・建設位置・周辺病院等について、今後のスケジュールについて話す。

 終了後は懇親会。普段なかなか顔を合わせることができない、多くの人と話すことが出来て良かった。話が盛り上がり、時間の経つのも忘れて、浦佐の発展はどうあるべきか話し合った。
 
[PR]
by 2nezou | 2006-04-17 21:58 | 議員活動 | Comments(0)
会派代表者会議
      4月17日(月)9:30~11:00

 議長の挨拶進行により開会。協議事項は2つ。
 (1)議員報酬減額財源(5,284千円)の充当事業について
     先の3月議会で財政健全化の中で、議員も報酬の5%をカットしよう。その使途につい
   ては、特定した方が良いのではと言うことを受け手の協議。

    今年度予算で、中学校6校の「心の相談員ケア」が削られ、各学校では「特色ある
   学校作り」の予算を充当して対応しており、教育活動に支障が出るとのことで「心の
   相談員6名を4月にさかのぼり復活」することにする。
    残額は豪雪で壊れた、小学・幼稚園・保育園の遊具の整備に充てることにする。

 (2)一般質問のラジオ放送について
     6月議会の放送から、応分の負担を求められたので、財政が厳しい折、中止も止む
    えないと言う回答をしたが、議会広報から20万円くらいは、支出できるので、いかが
    するかとの話。放送の経過や今後のことも含めて、FM雪国と充分協議し、継続して
    もらいたいとのことで一致を見る。
    
 (3)その他
     議会事務局長の歓送迎会
        4月19日17時30分より駅前本田屋にて各会派2人 
[PR]
by 2nezou | 2006-04-17 15:50 | 議員活動 | Comments(0)