<   2008年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧
塚田一郎参議院後援会世話人代表者会議
          9月28日(日)12:00~14:00

 中山国交省は問題発言で大臣5日間で辞任……。明日からの臨時国会は風雲急を告げる。
 何が起きてもたまげない?状況の政界だ。そういう中での代表者会議。
 
 参議院選挙は、今までは自民党にのっかて選挙を行なってきたが、今の情勢を考えれば、これからは自前の後援会を作って行かなくては、自民党だけではむずかしいと言う危機感と現状の国会解散・衆議院選挙に対する情勢を熱く話す。
 
 各地域から自民党に対する厳しい意見が相次ぐ。
f0019487_23332521.jpg

[PR]
by 2nezou | 2008-09-28 23:09 | 議員活動 | Comments(0)
米山隆一事務所開き
          9月27日(土)9:00~10:00

 9/1福田総理大臣の突然の辞任劇………そして、9/24麻生総理大臣の誕生。
 臨時国会……衆議院解散、11月2日投票という声が大きい。
 自民党逆風の嵐の中で、新潟5区は若い41歳の米山隆一を国会に送ろうと、大きなうねりになりつつある。3年前アメリカのハーバード大学付属総合病院の研究員であった、無名の米山があの巨岩田中真紀子氏に敢然と立ち向かった。結果は105,484対82,993で負ける。
 今度こそはという気持ちで、長岡の事務所開きに参加する。
f0019487_2341647.jpg

 11時から急きょ大和支部長事務所で、今後の活動について協議する。
[PR]
by 2nezou | 2008-09-27 22:43 | 地域情報 | Comments(0)
友好親善都市いすみ市訪問
         9月23日~24日

 旧大和町と旧岬町は、平成元年に友好親善都市を提携してから本年で20周年を迎えました。それぞれ「南魚沼市」と「いすみ市」となりましたが、両市の友好親善が一層図られるよう
「大原のはだか祭り」にあわせ、新市としての災害応援協定、交流推進の確認を目的として、
井口市長・和田副議長以下14名で訪問してきました。締結当時の関元町長、島田元町議会
議長も参加しました。
 大原漁港に18社の御輿が一同に揃う神事(五穀豊穣・大魚祈願祭・玉串奉納)は圧巻です。その後の「汐ふみ」(写真のように18社の御輿が一斉に海に入る。)は、まさに荒く海の男のまつりと思った。
 まつりを見ていて体の血が騒ぎ、まつりに参加できるか担当の市役所の方(企画政策課の関)におそるおそる聞く。すると、家にまつりの衣装があるから大丈夫という事で「大原はだか祭り」に参加する。海では塩水を飲むこと2回……。
f0019487_2235265.jpg
f0019487_22352268.jpg

[PR]
by 2nezou | 2008-09-23 22:23 | 地域情報 | Comments(0)
シンポジウム「2014年問題」
        9月20日(土)14:00~17:00

 演題「2014年問題とこれからの新潟を考える」として、シンポジウムが「さわらび」にて開催される。主催は上越新幹線活性化同盟会。
 2014年に北陸新幹線が金沢まで開通すると、上越新幹線の本数が減少し、新潟県の地域経済が衰退すると危ぶまれるので、啓蒙活動やその対策としての会となる。南魚沼市は4回目の会場です。
 基調講演は「2014年問題と観光について」と題して、愛媛県から来られた若松進一氏(国交省観光カリスマ)
 双海町を観光客ゼロから55万人にした小気味よい話に納得し酔いしれる。まちづくりのキーワードは①楽しい②新しい③美しい。そして動かなくては始まらない
       ・感動の法則  1-7-5-2=70人
       ・不感動の法則 1-10-7-3=210人
ようするに、口コミで広がるのは悪い印象の方が早く伝えられ、量も多く伝えられる。
f0019487_2215198.jpg

 パネルでスカッション ~ 演題「地域を元気づける国際観光の役割について」
     ・パネリスト    
       若松進一 氏(基調講演講師)
       桑原幸子 氏(魚沼市観光協会事務局長)
       澤野専吉 氏((株)当間高原リゾート営業部長)
       中島正樹 氏(市大和地区地域審議会長)
     ・コーデネィート
       野口 協 氏(長岡造形大学理事長)
f0019487_2216446.jpg

[PR]
by 2nezou | 2008-09-20 21:50 | 議員活動 | Comments(0)
9月議会最終日
           9月18日(木)

 19年度一般会計、6つの特別会計、2つの企業会計の認定について、共産党議員団は一般会計について反対討論をしたが賛成多数で認定する。および特別会計決算も認定する。
発議が4件有る
 ①市議会会議規則の変更
 ②郵政三事業に関する意見書の提出
 ③道路特定財源の一般財源化に伴う地方の道路予算確保に関する意見書の提出
 ④燃料、肥料、飼料、農業用資材等の価格高騰に対する緊急対策を求める意見書の提出
 
 ①②③は採択されたが、④の意見書については賛成討論、反対討論で賛成少数で否決される。私は賛成で起立するが否決される。
 この案件については、ある一部のクラブが独走したのが、反感を買うこととなり、否決の一番の原因と思った。又、農業だけではない全ての業種で大変だからと言う意見もある。
 私は、6月の一般質問で畜産農家の悲痛を訴えており、農業の実情を考えれば賛成に回ったが、採択されなかった。

 最後に各委員会の閉会中の継続調査を確認し閉会となる。

 井口市長任期最後の議会であり、議長から発言の許可を得て、4年間の市政に対し議員諸氏に御礼の挨拶がある。
[PR]
by 2nezou | 2008-09-18 21:13 | 議員活動 | Comments(0)
井口市長後援会役員会
         9月15日(月)18:30~20:30

 後援会役員会が日彰館で開催される。
 9月のはじめには、市長立候補の動きがあり、選挙になるかと思ったが沈静したようだ。
 誰がでても現職は強いと思うが、ホットした反面、2回とも無投票というのは一面寂しい思いがする……。
 でも選挙はいつどうなるか解らないので、着々と準備を進める。
 今日は選対本部が立ち上がり、選対本部委員長に駒形さんが就任する。
 
 浦佐地区でも今月中には、市長選挙と衆議院選挙、県知事選挙の対応について、協議のため会議を早急に開催しなくてはと思った。
[PR]
by 2nezou | 2008-09-15 10:32 | 議員活動 | Comments(0)
浦佐地区敬老会
         9月14日(日)11:00~14:30

 B&G体育館に於いて、浦佐婦人会主催の「浦佐地区敬老会」が開催される。
 敬老会に招待される年齢は、喜寿・77歳からで浦佐地区で該当者は男性165名、女性320名の計485名。今日参加されている方は200名位。

 昭和22年に「老人を大切にし、老人の智恵を借りて、村づくりをしよう」と、兵庫県の野間谷村で提唱したのが始まり。翌年には兵庫県全体に広まり、農閑期に当る9月中旬の15日を「としよりの日」と定める。39年に「老人の日」に、41年には国民の祝日「敬老の日」となる。そして平成13年からハッピーマンデにより第3月曜日を「敬老の日」とする。

 女性が男性より長寿なのは、科学的に立証されているのかどうか解らないが、私が思うに、男性は体に無茶をするし、女性は命を宿すと言うことで倍半分になっていると思うが……。

 南魚沼市の長寿は新潟県で、男性で1番、女性で2番、総合では1番である。この一番はこれからも保ち、そして元気で健康で長寿を目指す。寝たきりでなく・生涯現役が合い言葉。
       ●井口市長・志田婦人会長、88歳米寿の19名の方に賞状と記念品贈呈
f0019487_10212649.jpg

       ●アトラクション・やんやの喝采に会場は盛り上がる
f0019487_10214824.jpg
f0019487_10222417.jpg
f0019487_10232190.jpg

f0019487_10274174.jpg

f0019487_10235181.jpg
f0019487_10241129.jpg
 
[PR]
by 2nezou | 2008-09-14 09:03 | 地域情報 | Comments(0)
一般質問市長に迫る!
         9月8日~10日

<9/8>
 1.牧野晶
   ・都市計画と都市計画税の今後
   ・人件費削減について
   ・若者の雇用の場を
 2.山田勝
   ・安全安心の学校給食を守るために
   ・上の原バレーボールトレーニング設置をどう生かす
 3.岩野松
   ・EM菌の活用で下水などの浄化の促進を
   ・広島市平和記念式典に中学生派遣を
 4.阿部久夫
   ・自殺予防対策について
 5.中沢俊一
   ・大河ドラマ放映終了後の効果増幅策を示せ
 6.寺口友彦
   ・健康医療福祉について~自殺予防、救急医療体制
   ・教育文化について~小中連携
   ・住環境整備について~野焼き
   ・産業振興について~直売所
   ・行財政改革について~財政健全化計画
 7.腰越晃
   ・医療、健康の情報化に関する考えを伺う
   ・公共施設の管理運営の評価について
<9/9>
 8.佐藤剛
   ・明日の地域医療をどうするか
   ・南魚沼市の教育環境について
 9.中沢一博
   ・日本一子育てしやすい南魚沼市をめざして
   ・人間ドック今後の考え方について
   ・療養病床の再編成に関する取組みについて
10.南雲淳一郎
   ・当面する農政について
11.井上正三
   ・常設保育園の改築、統合、民営化計画について
12.和田英夫
   ・市農業、担い手対策は
   ・メタボ健診で市民の健康は守られるか
13.若井達夫
   ・南魚沼市を世界の南魚沼市に
14.牛木芳雄
   ・持続可能な循環型市政を目指せ
<9/10>
15.関常幸
   ・4年間の総括と2期目に向けて
   ・学園都市構想・北里保健衛生専門学院について

     ※全文はトップの議会報告をクリック
16.笠原喜一郎
   ・市長公約を問う
17.樋口和人
   ・AED設置場所マップの作成について
   ・行政改革について
18.笛木信治
   ・介護保健見直しで改善を
   ・農家の経営安定対策で進められた集落営農、認定農家の経営状況はどうか
19.宮田俊之
   ・六日町病院を核とした長期医療の早期ビジョン策定
   ・小中学校の学力低下を防ぐためにも、1クラス定員の引き下げを
20.遠山力
   ・森林を整備して市の元気に

 三日間、20人が市長と相対する。 
[PR]
by 2nezou | 2008-09-10 08:13 | Comments(0)
一般質問通告する!!
         9月3日(水)

 井口市長、任期最後の議会なので次の二点について質問することにする。
 
●4年間の総括と2期目に向けて
   1期4年間は、六日町と大和町の合併そして塩沢との合併、財政健全化問題、
 旧福祉センター事件と休む間もなく多忙な毎日でした。モットーである「決断と実行」で、
 多くの難題に対応してきた。
  4年間の市政を自ら自己評価、点数をつけるとしたら100点満点で何点ですか。
 ①保健・医療・福祉、②教育・文化、③環境共生、④都市基盤、⑤産業振興、⑥行
 財政改革、⑦平均・総合と。
  又、南魚沼市の産業の柱は観光と農業です。観光と農業が元気(儲かる)にならな
 ければ、市の活力と発展はむずかしい。
  (1)観光の振興・交流人口の拡大に向けて、都市住民が南魚沼市にくらす「二地域
    居住」や中・長期滞在にむけた取組みについて伺う。
  (2)魚沼コシヒカリに追いつく「道産米」、いまの現状のコシヒカリの生産、販売体
    制でいいのか市長に問う。

●学園都市構想・北里大学保健衛生専門学院について 
  今年の市立大学925校の半数は定員割れです。少子化による「大学全入時代」を
 目前に、小中規模の私立大を中心に淘汰の時代をむかいている。
  昨年北里大学保健衛生専門学院は設立25周年を迎い記念事業を行ないました。現在
 学生は941名、702名がアパートに入居しており、県外からの学生は約半数。
  全国的に専門学院の役割は終ったと言うことで、定員割れ等で専門学校の閉鎖があ
 いつでいる中で、当北里大学保健衛生専門学院は、国家試験100%取得をモットー
 に教職員が授業をしており、学生が頑張り、国家試験の合格率は4年生大学よりも高
 く、全国平均を超えておることもあり定員割れは生じておりません。
  しかし、ここ数年の志願者数は確実に減少しており、このままでは定員割れをおこし
 最悪のシナリオもかんがえられる。
  今後の南魚沼市の「学園都市構想」「健康ビジネス構想」「メデカルタウン構想」
 そして、基幹病院を核としたまちづくりに、北里大学保健衛生専門学院の存在無くして
 はかんがえられませんが市長の考えを伺う。


 
[PR]
by 2nezou | 2008-09-03 05:42 | Comments(0)
9月定例議会初日
         9月2日(火)9:30~17:00

 今日から18日まで17日間の9月定例議会が始まる。9月は決算議会と言われ、19年度決算を中心に議論の展開がされる。
 ●議会冒頭の市長所信表明
 ・長寿医療制度の一部見直し~口座振替え、保険料の軽減措置
 ・採血器具の不適切な使用に対する陳謝~感染は無し
 ・五十沢地区小学校統廃合、中学生海外派遣事業(8/10から8日間)
 ・新潟国体リハーサル(テニス、自転車)
 ・「小千谷縮・越後上布」がユネスコの無形文化遺産として日本の代表一覧表に登録
 ・し尿処理施設の大規模改修工事
 ・7/27日の集中豪雨による被害と応急復旧予算
 ・大和スマートインター12月初旬稼働、高規格道路・八箇峠道路本格工事着工
 ・水稲の作柄は平年並み、生産調整は達成見込み
 ・八色西瓜は生産販売とも好調で、八色西瓜生産組合発足以来の最高販売額
 ・第1回兼続公まつり開催、9月6日より当地で大河ドラマのロケ開始
 ・国際バレーボール連盟(FIVB)直轄のトレーニングセンターの設置が決定
 ・深谷市山の家今年度末で閉鎖
 ・湯沢町、魚沼市と当市で県内初「魚沼地域地方税滞納整理班」を10/1よりスタート
 ・19年度決算および財政執行状況(一般会計、水道事業、病院事業)
 ・20年度地方交付税は予算対比、普通校付税3億2千万円増、臨時財政対策債43万円増
と、6月定例議会以降の執行状況を報告する。
 そして、4年間の市政を「決断と実行」で貫き、「自然・人・産業の和で築く安心のまち」づくりはおおむね順調に進めることができたと総括し、11月に市長選挙がある2期目に向けた決意を改めて述べる。

●各委員長の所管事務調査の報告
●日程第6・第16号報告 健全化判断比率と日程第7・第17号報告 資金不足比率
   地方公共団体の財政の健全化に関する法律の規定により、新たな指標が義務づけられ
   たことによる報告で、当市の財政健全化計画は昨年12月に策定したのが基本。
●19年度決算 国民健康保険、介護保健、老人保健、下水道、観光施設、訪問看護の
  6特別会計と水道事業、病院事業会計の総括質疑がなされ、各委員会に負託される。
●今日予定していた、20年度一般会計補正予算は時間延長の関係で11日の審議となる。

             (終了は17:20) 
 
[PR]
by 2nezou | 2008-09-02 09:29 | 議員活動 | Comments(0)