<   2009年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧
関常幸後援会「市政報告」および「さなぶり」
     5月31日(日)小雨

 今日は朝からあいにくの雨となり、6時から33番観音様の草刈・道整備、9時からは「親子田んぼ教室」、17時から集落の役員・親戚の皆さんに、新町の集会場で市政報告をする。
 北村後援会長より、今秋10月に市会議員選挙がある。4名減員となり、前回にも増して厳しい選挙になると。そして、今後の予定について話す。
 市政報告終了後、田植えも終ったので会費持ち寄りでの、「さなぶり」(田植えが終わり秋の豊作を祝う会)が盛会に開かれる。
f0019487_21501549.jpg

●9時からの「親子田んぼ教室」(有)ウラコウ水田にて
f0019487_21532093.jpg
f0019487_21533253.jpg
f0019487_21534419.jpg

[PR]
by 2nezou | 2009-05-31 21:37 | 後援会活動 | Comments(0)
衆議院立候補予定者「米山隆一」ミニ集会
     5月29日(金)

 自民党は負けても、米山隆一君はどうしても国会に送らなければならない。
 「明日の10年後の魚沼・日本のために」、もう田中さんの時代は終ったと思うが……。
 ・13:30から「うるおいの里みよう」で
 ・14:00から「黒土新田」で
 ・21:00から「大崎農業会館」で
 ・21:30から「水尾集落センター」で
 今日は川東地区で四カ所のミニ集会を開催する。
 午後からの人員が心配したが、夜よりも大勢きた。
f0019487_2128613.jpg

●9:30分、国交省堀之内出張所田村所長と魚野川の川遊び水路修復の件で現場見る。
f0019487_21303549.jpg

 KCK跡地に搬入する土を依頼し快諾を得る。
 田村所長とは、市の「川の駅」構想で懇談会(6月)をすることにする。
[PR]
by 2nezou | 2009-05-29 21:15 | 議員活動 | Comments(0)
第1回臨時議会   南魚沼市自衛隊協力理事会
      5月28日(木)

<第1回臨時議会>9:30~12:00
 報告6件(専決処分)、議案6件、発議1件が審議される。
 ・第5号報告の権利の放棄については件数が多く課題も多い。
   ①給食費      2件   75,510円
   ②水道使用料 168件 4,755,822円
   ③病院料金     7件  739,770円
   専決処分出来る金額は1件50万円以内。
   債務履行不能理由で、水道で行方不明によるものが、
                     118件と多いのには合点がいかない。
 ・議案は特別職、職員の6月ボーナスの0.2月の減額
     世界的不況により、人事院勧告によるもの。
 ・斎場建設、旧ごみ処理場解体工事請負契約締結の件
 ・議員発議で職員と同じく議員も0.2月の減額を決める。

<市自衛隊協力理事会>18:00~20:00
 7月1日開催の総会の議題等について協議する。
[PR]
by 2nezou | 2009-05-28 20:45 | 議員活動 | Comments(0)
本町商店会総会
          5月27日(水)19:00~20:00

 商店会の総会に佐藤議員共々招待され、市政報告を行なう。
 私は、国道浦佐バイバス凍結の件、びしゃもん市開設の主旨と協力依頼、KCK跡地利用と参道の整備を中心にはなす。佐藤議委員は基幹病院を中心に話す。
 7月4日に県、市の協力を得て、普光寺を会場に「毘沙門様千年のまちづくりシンポジウム」を開催するので参加はもちろんですが協力依頼をする。

  
[PR]
by 2nezou | 2009-05-27 18:17 | 地域情報 | Comments(0)
第2回KCK跡地利用推進協議会   魚野川夜間水防訓練
            5月26日(火)

<第2回KCK跡地利用推進協議会>19:00~20:00
 ●整備について
   整備地は2500㎡で6月上旬頃までに完了したい
                    (適当の搬入土砂が見つからなければ延びる)
   施工者は従来からの敷地管理者である井口建設工業に依頼することとする。
   金額は市からの予算の範囲内で実施する。
 ●参道整備について
   6月6日(土)8:30よりボランテア作業で花を植える。草刈。
   事前作業は井口建設に依頼する。
   花、土、資材等の資材費は県地域振興局からの支援で行なう。
 ●今後の利活用について
   ①3回程度のワークショップの開催
   ②将来の利用プランは平成22年2月をメドに作成する。
   ③ワークショップの開催方法等すすめ方については4名の担当者をきめる。
f0019487_17164316.jpg

<魚野川夜間水防訓練>19:30~21:00
 魚野川多聞橋と浦佐大橋の間の河川敷(浦佐駅側)で行なわれる。
 大がかりの訓練にビックリする。国、県、市、町と川口町・魚沼市・南魚沼市・湯沢町消防団、総勢223名の参加。これだけの訓練なのに、区長や私ども議員に案内が無いのはおかしい……。
f0019487_18144948.jpg
f0019487_1815136.jpg


 
    
[PR]
by 2nezou | 2009-05-26 07:06 | Comments(0)
三会派研修会(南魚沼地域整備部)
           5月22日(金)16:00~17:30

 道路・河川等の補修や改修等地域要望は多く、限られた予算の中でその対応に苦慮している。
 その予算はと言うと、県の土木部予算は160,506百万円で、平成8年度のピーク時(377,524百万円)の半分以下の予算。南魚沼地域整備部の当初予算は28億円(前年当初30億円、実績34億円)で、平成13年度96億円の約3分の1になっている。
 国も道路特定財源が一般財源化され、H21.4.23より法が改正され、揮発油税収の1/4、特別会計に直入という文言が削除され、臨交に代わるものとして「地域活力基盤創造交付金」が創設される。
 厳しい予算であったが、浦佐の地蔵清水の雪崩予防柵に予算が付く。数年越しの要望事項であった。
f0019487_9295742.jpg

[PR]
by 2nezou | 2009-05-22 06:48 | 議員活動 | Comments(0)
議会運営委員会
            5月21日(木)13:30~15:00

 新年度にはいり初の議会運営委員会が開催される。岡村新総務部長が挨拶する。
 5月28日に開催される平成21年度第1回議会臨時会の運営について協議する。
 付議事件の概要、会期および議事日程、執行部の議場配置は意義なく決まる。
 (2)の「6月に支給する議員の期末手当の取扱いについて」は、今、議会運営委員会で議題とすべきものではないのではないか、手順がおかしいという意見が相次ぎ、休憩に入り休憩後に議長は陳謝し、議運から本議題は取り下げた。
 28日の臨時議会開会前に会派代表者会議、本会議開会後即休憩して全員協議会開催、そして議会運営委員会で取扱いについて協議することにする。その後臨時議会という日程を確認する。
 改めて、手順の大切さを学ぶ。
[PR]
by 2nezou | 2009-05-21 11:24 | 議員活動 | Comments(0)
井口市長「市政報告」会
           5月19日(火)19:30~21:00

 浦佐地区の市政報告会が働く婦人の家で開催される。市側の出席者は、井口市長、遠山教育長、岡村先生(医師)、桑原福祉課参事、上村国体推進室長他2名。遠山教育長の進行で始まる。
 市長は市政全般にわたり説明し、特に財政状況については、実質公債比率23.5%と県下ワースト1だが財政健全化の見通しがたったので報道のように余り心配しないで良いと話す。今日は、基幹病院問題を中心にと言うことで、医師の岡村先生を紹介する。そして、基幹病院の建設と合わせ健康産業の誘致のために全国モデル地域に名乗りを上げる予定とまちづくりへの意気込みを話す。
 主な質問 
・KCK跡地の利用について
~昨日三菱マテリアルの方が見えて懇談する。利用については地域の皆さんと一緒に考える。
・おくにじまん会館の「びしゃもん市」の次年度以降について
~来年度以降も継続するように頑張ってもらいたい。
・医師の少ない原因は何か
~医師の子弟の教育環境と医師が学ぶ大きな病院が無い                                                     (若い医師に魅力のある病院)
・JR只見線の浦佐駅発着
~只見町、魚沼市と連携してJRに要望してきている。建設費3億円は地元負担。延長しても黒字にならない。
・基幹病院が出来れば医師が来るのか
~このままでは、六日町、小出、大和も慢性の医師不足で将来は医師不足で存続が危ぶまれる。研修医が来るには400床以上で、救急救命センターがあること。東京から近いし環境も良いし可能性は大きい。
・基幹病院の水準は
~大学病院に近い。私立の病院は100床に1人の医師が普通だが、基幹病院は 400床で80人の医師を考えており、水準は高い。
・基幹病院の売りは何か。特徴は。
~売りとか特徴は、来る先生の顔ぶれが揃わなければ何とも言えない。
・公設民営と言うことだが、県立で良いのではないか。
~人件費の抑制と柔軟な経営が出来ること。岡村先生は公設民営におられその長所を話す。
・斉藤脳外科との関連は
~現在斉藤病院には3人の脳外科の先生がおられ3人いるというのはハイレベル。
  斉藤脳外科とは十分な連携関係を作り、脳外科ではハイレベル地域になる。
・現在のやまと病院に産婦人科の強い設置の要望がある。
~常に念頭におき先生を捜しているとのこと。
f0019487_1131511.jpg
f0019487_11225488.jpg

[PR]
by 2nezou | 2009-05-19 10:12 | 地域情報 | Comments(0)
池田記念美術館   長島代議士後援会設立
5月9日(土)

●座談会15:00~17:00
 財団法人池田記念美術館がオープンして10年が経過する。池田美術館3代目の井口優館長は、より地域密着型の運営をめざし、今年度からベースボールマガジン(株)佐藤最高相談役を美術館の事務局長に迎え新たな発想のもとスタートしたいとこの会が開催される。
 佐藤さんは先代の社長池田恒雄氏に仕えた人で、先代の理念を大切にしている人と思った。戦後の復興を立ち直せるには、国民に夢を与え元気づけるには、スポーツの振興と言うことで創設したとはなす。現代の子どもたちに夢を与え、家に閉じこもっている子どもを外に出すためにもスポーツは大切だと、戦後から60年今又、池田恒雄の理念が必要の時だと……。
 池田記念美術館は、ベースボールマガジン社及び恒文者の創設者で故池田恒雄氏のコレクションを含む個人財産の寄贈により、「ユーラシア極東地域の諸国とのスポーツ.文化交流への支援」「池田コレクション(所蔵品役3,500点)の展示.公開」 を目的として設立された。
f0019487_605176.jpg

●長島代議士後援会設立18:30~20:00
 将来の南魚沼地区を支えて頂くためにも後援会は必要で、間近に迫った解散総選挙に対応するためにも後援会づくりは急がれた。現職の衆議院議員で当地に後援会がなかったことは、比例区の代議士と言うことだったのだろう………!地元山古志の出身で一番身近な現職の先生です。比例区の名簿順位は気になりますがどうしても長島先生からは再度国会に行ってもらわなくては困るし、私たちの国会への太いパイプです。
f0019487_618410.jpg

[PR]
by 2nezou | 2009-05-09 05:39 | 議員活動 | Comments(0)
総務文教委員会
            5月8日(金)9:30~17:00

<調査事件>
 1.市所有の遊休地および土地開発公社財産について
   ●午前に8カ所の現地調査を行なう
①長森総合野外運動広場用地(野球場用地として求めた)
f0019487_5514885.jpg

             ②水無原公共用地(インターチェンジ用地として求めその残り地)
f0019487_552109.jpg

                 ③野世ケ原公共用地(北里学園用地として求めた)
f0019487_5522213.jpg

 市所有の遊休地12件191百万円、土地開発公社所有7件1289百万円、2件引き合いがあるようだが、利用が見込めない土地ばかりである。
 帳簿上では知っていたが、現地で物件を見、改めてこのまま放っていて良いのか。特に公社所有の物件は毎年利息のみが加算され、財政を圧迫することは必至である。
 その時代時代で必要で土地を求めたものだが、この責任はと言いたくなる……。このまま放っておけば我々にも責任はある。処分検討委員会なる物を立ち上げて処理する必要があると思った。
  
 2.教育支援センターについて
学校支援の組織で、今までは旧3町に分散していたものを一カ所にし、日本語支援と市内6中学校の心の相談員を新たに加え、勤労青少年ホームの2階、3階に移転統合した。
子どもたちをめぐる複雑で深刻な問題が続発しており、これらの解決には、学校・家庭・地域・行政が一体となって取組むことが不可欠で機構の改革をする。
子どもをめぐる問題は、家庭が基本であることを忘れてはならない。家庭が学校と一体となった考えでなけれべ解決はしない。昨今は家庭・親の支援も併せて行なわなければならないのでは無いかと思う。
 
 3.小学校の英語教育について
昨年小学校の英語授業を見学し、今までの授業スタイルとは違い、子どもたちが楽しく学んでいる姿を見て驚く……。他の授業もこのような良いところをとり得れないのだろうかと思ったものだ。
英語の必要性は言うまでもなく、これからは必要不可欠である。問題は現場の先生が英語授業を負担に感じることなく、前向きに取組むことが大切で、負担に感じる先生から教わったものでは、子どもはたっまったものではない。教育委員会の責務は重い。

 4.市税の賦課・収納状況について
21年3月末で、81億円の市税に対して、77億円の収入で4億円の収入不足になっている。14億円の滞納繰り越し分にいたっては、8千5百万円の不能欠損額が生じ、1億円しか回収になっていない。
抜本的な対策は見あたらないが、個々の将来設計等」まで指導しながら、誠意をもって当らなくては解決しない。

 5.財政健全化の進捗状況および今後の財政見通しについて
18年から22年までの5カ年間で71億円の削減目標を掲げ、21年度で76.9%55億円の削減見通しがつき、22年には達成するようだ。
第2期の財政健全化計画を立てるべきと進言する。

 6.消防庁舎建設についいて
何年越しの懸案事項で、地震で改築も不可能のことから、現場所にたてることの説明を受ける。
県道の拡張等もあり、22年11月までに、はしご車を格納する施設が必要となる。急ピッチで設計着工が迫られているが、予算で財政と現場では数億円の隔たりがあるようだ。
   
 7.その他
   ・税制改正  ・インフルエンザ  ・五十沢小統合  ・電源開発風力エネルギー
   ・定額給付金   ・天地人博   ・給食センター

      
[PR]
by 2nezou | 2009-05-08 06:46 | 議員活動 | Comments(0)