<   2010年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧
「湯沢町・南魚沼市」議会議員協議会設立総会
          11月29日(月)16時~

 ホテル坂戸城にて、「湯沢町・南魚沼市」議会議員協議会設立総会が開催される。
 発起人を代表して、若井市議長が挨拶し、両市・町の首町がそれぞれお祝いの
挨拶を行なう。仮議長を選出し、議事に入る。
 ・規約の制定 ・役員の選出 ・22年度事業計画および予算が審議される。
 
 会長に若井南魚沼市議長、副会長に高野湯沢町議長。 
 評議員に、当市から6人、湯沢町から3人。
 監事に、師田・阿部両副議長が就任する。

 当初は魚沼市も一緒にと言うことであったが、魚沼市は今回加入しなかった。
 広域的な行政課題がたくさんあるので、陳情や情報交換は連携をとり行なうことが大切で、そう言う事からも
協議会の果たす役割は大切だ。

 
[PR]
by 2nezou | 2010-11-29 11:25 | 議員活動 | Comments(0)
臨時議会  議会全員協議会
          11月29日(月)

<臨時議会>9:30~10:45 
 臨時議会は公務員の人事院勧告に基づき、市職員等の給与等の改定のために、毎年この時期に臨時議会を開催する。
 市職員は給料月額平均0.1%引き下げ。期末勤勉手当0.2ヶ月引き下げ
 特別職、議員は給料月額0.2%引き下げ。期末手当は0.15ヶ月引き下げ
   ・86号議案 市職員の給与等に関する条例等
   ・87号議案 特別職の給与等に関する条例等
   ・88号議案 議員の給与等に関する条例等
 
 米価下落に伴い専決した事件(利子補給県補助金90万円、歳入歳出に90万円追加)の
承認。市では110万円支出し、農家対策(利子補給)として200万円の事業費として無利子
とした。今日現在で18件、3300万の貸出しが出ている。
 減収額は約15億円。(戸別所得補償15千円がはいると5億4千万の減少。)
 
 諸般の報告の中で、公用車の事故が11件、約77万円(1件平均7万円)が相手側に支払われた。
 現場の状況や過失渡等の違い等で一概にいわれないが、事故の件数が多いように思う。重大事故に繋がらないようにしっかりと監督する必要がある。自家用車事故についても相当数あるのではないか懸念する。

<議会全員協議会>11:00~12:00
(1)財団法人 八海山「白の世界」文化村について
 平成2年に開館し平成6年・7年の3万人の入館者をピークに、入館者は年々減少し20年度から1万人を割り込み、財団では解散の方向に向いているという。
 富岡惣一郎画伯から寄付された447点の作品を、今後市としてどのように運営管理するのか。トミオカホワイト美術館はまさに市の文化力であり、市の貴重な財産です。今泉博物館、池田記念美術館、棟方志功とも連携をとり、市の手腕が問われるところだ。「図書館建設」や「道の駅」等々との連携で良い方法がないものか議会としても正念場だ。

(2)国民健康保健運営協議会の審議状況について
 22年度国保税の税率算定に当って、今年は基金から2億5千万円取り崩し、繰越金を3千万を繰り入れたにもかかわらず税率の値上げをせざるをえなかった。
 基金残高は16百万円で、23年度以降はどのようにするのか、審議状況の説明を受ける。
 7案を提示して検討している。
 一般会計からの繰り入れやむなしと言う感じがする。
 公平性を保ちながら、この時勢、伸び率は出来るだけ抑えるようにしてもらいたい。
 国保運営協議会の審議を見守る……。



   
 
[PR]
by 2nezou | 2010-11-29 10:23 | 議員活動 | Comments(0)
斉藤県議「県政報告会」および「後援会忘年会」
          11月28日(日)14:00~17:00
 
     ●長島忠美代議士挨拶
f0019487_1618693.jpg

     ●塚田一郎代議士挨拶
f0019487_1619103.jpg

     ●中原八一代議士挨拶
f0019487_16275085.jpg

     ●星野県連会長挨拶
f0019487_1621167.jpg

     ●井口一郎市長挨拶
     ●上村清隆町長挨拶
     ●本人・斉藤県議県政報告および挨拶
f0019487_162689.jpg

 会場のホテル越路荘、300人からの支持者で一杯になる。
 現在は現職の斉藤・若月両県議の他に名乗りを上げる方がいないが、二期無投票になる可能性もある情勢だ。民主党は全選挙区で候補者を立てるといっているので流動的だが、若月さんは現在無所属なので民主党に入れば無投票の公算は高い。
 今までは、種村県議と斉藤県議と自民党が二議席確保していた。斉藤県議も若月県議も当南魚沼郡出身でないのでと言う声は良く聞こえるが………。市会議員の保守系で名乗りを上げるといえば、S議員、H議員、M議員の若手だろう。私は本命はベテランのM議員が適任と思うが……。まだ誰も行動にはなっていないので
分からない。
 動きが出てくるとすれば、12月か1月か、そこでなければ無投票だ。でも、無投票阻止と言って数日前に立候補するかも知れない。まだまだ時間はあるので分からない。できれば無投票でという気持ちと選挙になればという気持ちが葛藤している。
 
[PR]
by 2nezou | 2010-11-28 16:15 | 地域情報 | Comments(0)
西五十沢小学校閉校式
           11月27日(土)
 
 バスで移動するとき隣にいあわせた古老が、「今日の天気はおてんとう様が褒美をくれてくれたんだ」というほど良い天気であった。
 136年の歴史・136年の文化が一つ消える。参列した学区民やPTAの胸中を思うとき、おめでとうとは言えない。新たなる輝かしいスタートといっているが、その顔は寂しさの度合いの方が強いように感じた。お父さんの父親、そのおじいちゃん、その又おじいちゃんと、何代にも渡って学んだ校舎が閉鎖するわけだから………。

<開校記念式典>10時   
   敬礼
 1.開式の言葉
 2.国歌斉唱
 3.式辞        木村教育委員会委員長
 4.市長挨拶     井口市長
 5.校長挨拶     桑原校長
 6.来賓挨拶     谷教育事務所長  斉藤県議  若月県議  若井議長
 7.来賓紹介
 8.児童お別れの言葉     全児童
 9.校歌斉唱
10.閉式の言葉
   敬礼

<記念碑除幕式>11時30分
1.挨拶          林実行委員長
2.児童代表の言葉  6年生五十嵐さん
3.除幕
4.挨拶          桑原式典部長
f0019487_162212.jpg

<惜別の集い>12時40分
1.開会の言葉     林惜別の集い部長
2.開会の挨拶     林実行委員長
3.来賓挨拶       井口市長   関総務文教委員長
4.乾杯          阿部前後援会長
      歓   談
5.思い出を語る    ・西五十沢小の思いでスライド上映
               ・思いでスピーチ  石田36代校長 板鼻16代PTA会長
6.万歳三唱       今井議員
f0019487_1695492.jpg

7.閉会の言葉     若井副実行委員長

        ●校舎
f0019487_16111943.jpg

[PR]
by 2nezou | 2010-11-27 15:37 | 地域情報 | Comments(0)
行政区長会   「長島忠美と南魚沼を考える会」役員会
          11月26日(金)

<行政区長会>10:00~11:00
 市長、副市長、教育長以下幹部職員出席の中、大和地域の区長会が大和庁舎にて開催される。
 最初に南魚沼警察署から、交通安全と防犯について話しがある。
 次いで各課より連絡報告がある。特に冬を迎いて、市道の除雪計画について聞き入っていた。
f0019487_14542559.jpg

<「長島忠美と南魚沼を考える会」役員会>18:00~19:00
 菅内閣は外交(普天間~尖閣諸島~北方領土)問題に始まり、連坊大臣(尖閣諸島は領土問題と)柳田法務大臣(国会答弁は二つだけ覚えとけばいい)、仙谷官房長官(自衛隊への発言)の不適切発言で柳田法務大臣は辞職。仙谷官房長官と馬淵大臣は尖閣諸島沖での漁船衝突事件の対応を誤り国会での対応の悪さから、問責決議案が可決する。
 このように菅政権は体をなしていない。国民の支持率も30%を切り、限りなく10%台にはいいって行くだろう。国会はいつ解散になってもおかしくない状況だ。
 昨年8月30日に執行された衆議員選挙は、田中まきこ18,532票、米山隆一15,661票。次の選挙は田中まきこと長島忠美の現職同志の戦いだ。前回より1,500票上積みしなくてはならない。長島代議士ももう、後が無い戦いだ。
 今国会は12月3日で終るが、来年1月に開催される通常国会は波瀾含みの展開となり、早い段階での解散も取りざたされている。
 そう言う中で、長島代議士の国政報告会と新年会を1月30日に決める。
 民主党は国民にウソを言って政権をとったに等しい。国民との約束・マニフェストは達成されていない。次の選挙では国民は正しく判断してくれると信じている。
[PR]
by 2nezou | 2010-11-26 14:49 | 地域情報 | Comments(0)
魚沼市(小出地区)議員との研修会
         11月19日(金)14:45~17:15

 魚沼市と南魚沼市は隣接しており、大和地区は生ゴミ等は魚沼市のゴミ焼却炉に搬入しており、基幹病院、水の郷工業団地の大型の行政課題を両市で抱えている。農業生産にいたっては、八色西瓜の生産販売は一体であり、土地改良区も八色原は小出地区と大和地区は一緒である。
 こういうことからも、ことしから両市・両地区の議員の研修会を行なうことになる。1回目は大和が幹事で、今回は小出地区が幹事。
 今回の研修テーマは、本田病院理事長本田先生の「地域医療に対する思い」。前段に特別養護老人ホームうおの園、ケアハウスやまなみ、介護老人保健施設清流苑、認知症疾患治療病棟の施設見学をする。
<本田先生の講話および質疑の答弁概要>
  ・基幹病院は新潟大学と県でしっかりやる。
  ・中病院(六日町、小出、大和、十日町)には医者は集まらない。
  ・新小出病院の院長に人望がないと医師は来ない。
  ・自治体病院が黒字になるのは難しい。~本田病院の給与の1.5倍である。
  ・基幹病院も新中病院も特徴、オンリーワンを備えなくては。
  ・県は赤字の病院を無くすことが第一である。
  ・医療をコンビニ化しないように。~夜間の患者で4/1は救急でなくて良い。
 まだまだ多くの質問が出たが丁寧に先生の考えを披露してくれた。
f0019487_16304120.jpg
  
        
[PR]
by 2nezou | 2010-11-19 16:03 | 議員活動 | Comments(0)
総務文教委員会
11月5日(金)9:30~17:00

 <調査項目(事件)>
 (1)学区再編について 
 平成19年7月に学区再編について教育委員会より①小中学校の規模・配置の適正化に係る基本方針②適正規模・適正配置の具体的方策の2点について諮問を受け、11回にわたる審議により、小中学校学区再編検討委員会(委員長・井上正三)は、平成20年11月20日に答申する。
五十沢、城内、大巻中学校区、第一上田、第二上田小学校区では、答申を受け21年度はPTA役員、保護者を対象に説明会意見交換会を実施する。今年度は区民から学区再編について知っていただくために集落懇談会を開催している。
 五十沢中学校(統合五十沢小学校)、栃窪小学校、第一上田小学校を訪問し、校長先生より現状の学校運営について話しを聞く。
 学校現場や区民の意見は、さまざまな意見があるが、全体としては、統合は止む得ないとの考えのようだ。
 23年度には、関係学校区に「教育を考える会(仮称)」を立上げ、継続して協議を進める。
 
 栃窪小と後山小学校が特認校制度を取り入れて成果を上げているが、それが機能しないときは、より複式学級が増えるので統合は考える必要がある。
 赤石小と三用小、五日町小と大巻小、石打小と上関小の統合も同様である。

           ●来春開校の統合五十沢小学校新築現場
f0019487_657691.jpg

           ●第一上田小学校現地調査
f0019487_6573361.jpg

 (2)教育基本計画について
 6月下旬に、国から委託された研究会よりの、「教育政策形成および地方教育行政の在り方に関するアンケート」のお願いが、全国の市町村議会の文教関係委員会の委員長宛に送られてくる。
 その質問は22項目にわたっており、そのアンケートが来た時点で、担当部長に「教育基本計画」なるもののレクチャーを受ける。20年7月の閣議決定を受けて検討をはじめており、我が市の取組みは早いという。
 38ページ、第5章からなる「南魚沼市教育基本計画」~笑顔あふれる教育プラン~は、10年間で展開すべき施策でまとめられておる。検討委員会(委員長・荒川孝市)では、6校の学校視察と延べ13回の会議を開催し、子どもたちの現状と課題を明確にし、具体的な方策を施策として整理してあります。
   ・第1章 教育基本計画策定の背景
   ・第2章 南魚沼市の義務教育の現状と課題
   ・第3章 計画策定の基本的な考え方
   ・第4章 目指す子供像と育てたい5つの姿
   ・第5章 5つの姿と4つの組織の取組

 (3)平成23年度予算編成方針について
 重点目標や基本方針、歳入・歳出に関する事項、そして個別事項、特別会計と方針を定めております。
 23年度も大型投資事業(消防庁舎新築、観光交流拠点整備、六日町中学補強、六日町給食センター改修、市民会館改修)が予定されている。今後さらに、図書館建設、大原運動公園整備事業も具体化してきますので、更なる財政健全化に努めなければならないと感じる。

 (4)その他
   ・市債権過年度分の滞納状況 
   ・財政状況の類似団体等との比較
   ・消防庁舎建設設計変更について
   ・固定資産税の誤課税の処理   
   ・トミオカホワイト美術館の現状

 委員会終了後、先の管外調査の報告書を全議員から提出いただく。その報告書に基づき反省検討会を行なう。 
[PR]
by 2nezou | 2010-11-05 06:02 | Comments(0)