<   2011年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧
自民党大和支部役員幹事会
        12月27日(火)16:00~

 自民党大和支部第44回の定期大会を2月5日に、長嶋代議士の新春の集いを1月29日に開催する予定でその打ち合わせ会を行う。
 井口支部長が12月21日の新潟日報の記事を引用し、政党支持率で「支持なし」が59%となっている。このことはどういう選挙をしなくてはいけないかと言うと、大きな大会を開催すれば集まる人は毎回同じ人だ。それでは田中まきこ代議士には勝てない。11月と12月に開催したように集落ごとの集会で一人一人が見える集会をしなくてはだめだと・・・・。
 ちなみに、民主党は12.9%、自民党は18.4%でその時の「風」で当落は決まる様相を呈している。役員会を1月11日に開催することにする。
[PR]
by 2nezou | 2011-12-27 15:55 | 議員活動 | Comments(1)
八海山麓スキー場安全祈願祭   メデカルタウン構想
          12月21日(木)

 午後4時よりリフト乗り場において、今シーズンのスキー場安全祈願祭が行われる。今年は一面が真っ白で明日からのスキー場開きも万全だ。市から指定管理を受けて今年で4年目に入る。
 浦佐に3つのスキー場があったが、民間のスキー場が閉鎖して官のスキー場が残った。ゲレンデは3スキー場の中で一番見劣りするが・・・・・。浦佐スキー場が閉鎖して、2つの旅館が営業を止める。雇用の面と経済の波及効果を考えると閉鎖をしてはだめだ・・・・・。何とかならなかったのか悔やまれるが、その分八海山麓スキー場から頑張ってもらわなくてはならない。

        ●八海山神社大倉の神主さんが祝詞を挙げる
f0019487_655488.jpg

<大和地区議員勉強会>14:00~15:30
いよいよ「魚沼基幹病院」の建設が始まる。今県は入札行為にはいいている。
 基幹病院を建設するばかりでなく、それに合わせて街づくりも行う。今日はそのメデカルタウン構想について担当の山田センター長より説明を受ける。
乱開発にならないように、八海山のすそ野に広がる田園(コシヒカリ)の真ん中~医療・福祉と学園都市構想にふさわしい基幹病院を核とした街づくりであらねばならない。
        
<(有)ウラコウ農神祭>118:00~20:00
今年の豊作に感謝して農神祭を行う。今年は会社となって5年目最高の反収となり、売り上げも1億円を超え過去最高となる。地代も10アール当たり15,000円追加払いし、従業員にもボーナスは2割5分増しから3割増しとした。
 今年は従業員に新人が2人入社し、私が乾杯の音頭をとったので、一人の方は全く初対面でけげんな顔をしたので、非常勤の取締役の関ですと言って乾杯する。
 やはり、豊作が素直に喜べる政策実現をと思った。TPPのことが頭をよぎる。
[PR]
by 2nezou | 2011-12-21 06:41 | 地域情報 | Comments(0)
浦佐スキー場土砂災害復旧に関する説明会
        12月20日(火)19:00~20:30

 お国じまん会館にて開催される。県、市の担当者より説明を受ける。
 質問は、倒産後の浦佐スキー場の保全は管理はどうなるのかと言うところに質問が多く出る。

 復旧は来年消雪後、測量・用地買収・工事着手と言う手順で行う。工事は「石の布団かご」を現在の土嚢の前に長さ50メートル、高さは土嚢と同じ高さに。そして、布団かごに沿って排水溝を設置。ゲレンデ斜面にも排水溝を設置。

 雪崩を止めるという工法でなく、あくまでも土砂をを止める。
 5ヘクタールを地すべり地帯に指定する。
 今年の冬は見回りを強化して雪崩対策に当たる。
 今後の管理保全については市と地元で協議する。
 先日1回目の債権者会議が行われ、2回目は来年行われる。新たな買い手とかはむずかしい。
 リフトは買い取る業者がでたようです。3月ごろには撤去。

 昨年の今頃は、浦佐スキー学校50周年を祝い、地元と一体となった新たな浦佐スキー場にしたいとスタートしたばかりであったのに閉鎖は本当に残念である。
 閉鎖をして雇用、地域の経済に及ぼす影響は大きいと改めて感ずる。
 
 今後浦佐スキー場跡地の活用について市と協議し進めていかなければと思った。
 スキー場としては、魅力は少ないが、どうだろうか、四季を通じての観光、保養等々を考えたときに他にはない立地条件は最高と思う。そういう視点から誘致を考えて行こう・・・・・。

 <他には無い立地>  
  ・交通アクセスは最高(新幹線浦佐駅、関越高速道大和インター)
  ・魚沼基幹病院平成27年に開設
  ・国際大学、北里大学保健専門院学園、国際情報高校
  ・霊峰八海山、清流魚野川を望む
  ・日本一の魚沼コシヒカリ、八色スイカ等の食
  ・歴史の毘沙門堂と浦佐城
  ・
[PR]
by 2nezou | 2011-12-20 07:35 | 地域情報 | Comments(0)
阿部議長就任祝賀会
        12月17日(土)12:00~17:00

 阿部久夫議長就任祝いの会が「ホテル越路荘」で開催される。阿部議長は私と同じ年でもあり、根っこからの百姓で意気投合するところが多い。そして、平成20年に「市の産業振興ビジョン」を策定した時に、阿部議長は産業建設委員長で策定委員になっており、うちの女房がどういうわけか委員になっていて、良く阿部議長の話をしたことも一因でもあります。

 来賓の長島代議士、斉藤県議、井口市長、種村元県議会議長から祝辞があり、上田塩沢元町長より乾杯の発声があり祝宴に入る。

         ●南魚沼市議会議長阿部久夫・令婦人
f0019487_13322385.jpg

         ●阿部議長謝辞(お孫さんから花束贈呈後)
f0019487_13325624.jpg

         ●地元の皆さんが踊りで会場をにぎやかに
f0019487_13331489.jpg

         ●巻機太鼓が登場する(議長のバチさばきもあざやかだ!!!)
f0019487_13332964.jpg

         ●井口市長が飛び入りで歌を披露する。阿部議長も壇上に!
f0019487_13334911.jpg

  阿部議長の人柄と同じに、終始和やかでにぎやかのうちに終了した。
[PR]
by 2nezou | 2011-12-17 13:07 | 地域情報 | Comments(0)
12月議会最終日
        12月16日(金)9:30~14:00

 議会開会冒頭に、12日の一般質問でN議員と市長の論戦の中で、市長の発言でN議員に対しふさわしくない発言があったとして、市長が発言を取り消す。
 確かに議運で話題になったが、内容からして市長が取り消さなくてもいいのだがなと思った。
 
 もう一件報告があった。12月30日号の週刊誌フライデーに、「雪国まいたけ」が自社のもやしを大量投棄してている旨の記事が掲載されたと、その場所は循環型農業を開始した場所で市としても5回現地調査している等々の報告がある。
 市として、フライデーに記されている内容に対しての事実調査が必要だ。

 共産党が紹介議員になっている請願3件(・社会保障税一体改革に反対し…、・0.4%の年金引き下げをもとに戻す…、・年金受給資格期間の10年…)は、委員長の委員会審査報告は不採択であり、本会議でも賛成少数で否決される。
 補正予算5件、人事案件3件、他の議案4件は原案通り可決される。

 「働く婦人の家」の灯油漏れについても担当課より経過の報告がある。
 県の分析センターから掘削や水質検査、井戸の等の検査をしても異常ないという。
 本当に不思議だ。7、8、9カ月の3か月半で1200リットル消費したとは考えにくいが、経過観察することで了承する。

 12月議会の最終日にまとまった待望の降雪がある。この雪が根雪になることを祈る。
[PR]
by 2nezou | 2011-12-16 08:40 | 議員活動 | Comments(0)
一般質問登壇する
        12月13日

 一般質問2日目最後で市長に質問する。
 質問は3点です。
   ①原子力防災対策(放射能対策)
     南魚沼市は柏崎刈羽原子力発電所から50キロ圏内。原発の安全神話は崩壊した。
     ゆえに、柏崎刈羽原発が事故になった時の市民の避難も含め対応がゼロだが!
   ②TPP交渉参加表明
     国会議員半数以上が反対し、地方議会の90%以上がTPP交渉に反対や
     慎重論がある中、野田首相は参加を表明した市長の見解を問う。
   ③人口減少対策と平成24年度予算編成方針

 原子力事故が起きた時の放射能対策は、現在県を中心に検討を進めているが、事故が発生して9カ月がたっている今、市民は不安がっている。中間でもいいから検討していることを市民に知らせるべきでないかと市長に迫る。

 TPPについては、多くの議員から市長との論戦を聞いていて、TPPが良く理解できた。私どもの生活・暮らしを守るためにも、TPPへの参加表明はもっと慎重になるべきだったと。日本の枠組みもを変えるTPPが、国民的議論や国会での議論が皆無での参加表明は無謀としか言いようがない。いい質問だったと同僚議員から声をかけられる。

  一般質問の内容はトップページの議会活動報告をクリックし一般質問をクリック
[PR]
by 2nezou | 2011-12-13 05:45 | 議員活動 | Comments(0)
後援会役員会
        12月10日(土)17:00~20:00

 後援会の役員会を自宅にて開催する。
 師走のお忙しい中皆さんお集まりいただき感謝する。
 後援会長の北村さんから挨拶いただいた後に、私の方から感謝と市の今日的な課題について報告する。
 北村会長からは、来年は集落での会合を開催しようと……。そして、私の後援会の新年会と市政報告会を下記により開催することとする。
     ●期日 平成23年1月22日(日)午後4時から
     ●会場 たもん荘
     ●会費 3,500円         
       ※長島代議士、井口市長、阿部議長からも出席いただくようにする。     
 

[PR]
by 2nezou | 2011-12-10 05:45 | 地域情報 | Comments(0)
一新会南魚懇親忘年会開催
       12月8日(木)18:00~20:30

 六日町ホテル越路荘にて、一新会南魚懇親忘年会が開催される。櫻井新先生が国会議員を勇退し6年位?になるのか、それにしても櫻井先生は健康で元気だ。今回も100人を超える皆さんが集まった。来賓として三人の国会議員(長島、塚田、中原)の先生が駆けつける。
 櫻井先生は現職を引退しても、現在は全国内水面の会長をしておる。そして山林の伐採が地球を温暖化に拍車をかているということ事で、山の保全に力を入れている。
 二酸化炭素などの温室効果ガス削減に積極的に取り組まなくては、次世代に大きな禍根を残すことになる。櫻井先生ではないが、このまま勝手な生き方をしていれば地球そのものが爆発してしまう。
 エネルギー、食糧、水の大切さを考えさせられた会でありました。

  ●種村元県会議長の乾杯の音頭で開宴、来賓の国会議員の先生方と櫻井先生も壇上で
f0019487_716272.jpg

[PR]
by 2nezou | 2011-12-08 06:52 | 議員活動 | Comments(0)
一般質問通告
        12月7日(水)

 私の質問順位は13番ですので、12月13日の午後最後だと思うが確定はできない。大勢の皆さんから議場に来ていただきたいと思います。

<原子力防災対策について> 
 福島第一原発事故から9カ月が経つが、多くの福島県民が、今も避難生活を余儀なく
されている。ふるさとへ戻ることを断念した方々も多い。また、広範囲の放射能汚染が深刻な問題となっている。新潟県は11月30日に原子力防災対策の見直しを行い、柏崎刈羽原発から30から50キロメートルにある当市はPPA地域(屋内退避計画地域)と発表した。市長の考えを問う。
(1)9か月経っても終息が見えないこの原発震災をどのようにとらえ、何を教訓とするのか。
(2)福島原発事故以上の事故が起きることも想定したまちづくりに取り組む事が必要
   と思うが。
(3)12月2日に行われた県の原子力防災対策見直し素案の概要は。

<野田首相のTPP交渉参加表明について> 
 TPP交渉参加については、国会議員の半数以上が反対や慎重論を唱え、地方議会の90%以上が交渉参加に疑義を唱えておる中、11月11日にTPPへの交渉参加表明を行い、12日からハワイで行われたAPEC(アジア太平洋経済協力会議)でオバマ大統領やTPP関係国に伝えた。
TPPは、ヒト・モノ・サービス・カネの移動をほぼ全て自由化しようという協定で、参加すれば地域経済が疲弊するばかりでなく、日本古来の文化や伝統が消える恐れがあるが、野田首相のTPP交渉参加表明を受けて市長の考えはいかがか。

<人口減少対策と平成24年度予算編成方針について> 
 合併して7年を迎え、合併時より市の人口が2478人減少している。人口減少問題は、地方のほとんどの市町村で起きておる。短期・中長期の人口減少対策の政策が欠けていることが一因と思うが市長の考えを伺います。
 そして、平成24年度の予算規模と予算の目指すもの(重点施策と諸課題)について伺います。
[PR]
by 2nezou | 2011-12-07 07:27 | 議員活動 | Comments(0)
12月議会スタート
        12月6日(火)9:30~17:00

 新阿部議長の開会宣言により12月議会がスタートする。会議録署名議員に井上議員と私が指名される。(順番に指名されることになっている)
 市長の所信表明の冒頭、市職員による飲酒運転によるお詫びから入る。
<所信表明概要>
●保健・医療・福祉
 ・魚沼基幹病院にかかる財団に、南魚沼市より300万円出損(総額5千万)
 ・11月18日に新潟県は魚沼基幹病院、建設工事、電気設備工事、空気調和設備工事、
  衛星設備工事の入札公告がされた。
 ・高齢者福祉計画、介護保険事業計画、障がい者計画・障がい福祉計画策定中(24年から3年)
 ・六日町認定こども園入札。平成25年4月開園めざす。
●教育・文化
 ・特別支援学校開設に向け、現施設の改修・増築・新設のため24名による検討委員会設置。
 ・原発事故による放射線の測定値は問題はないが、調査(小中学校)については、
  引きつづき実施する。
 ・4年目を迎えた中学生海外(米国)派遣報告会を11月20日に行う。
 ・大原運動公園は現地測量調査がおわる。図書館整備事業は順調に設計業務を進めている。
●環境共生
 ・7月の豪雨災害による不燃物処理施設の災害復旧は12月末を目指す。
 ・上町エコ住宅については、10月に新たなモニター家族が入居し実証実験を続ける。
●災害復旧(都市基盤、産業振興)
 ・道路、河川~78箇所・117千万円、2か所の橋りょうは12月査定。
 ・農地、農業用施設~550か所・254千万円、約50%発注。
 ・農地等の小規模(40万円以下)~市単独で485か所・17千万円、100%発注。
 ・林道~44か所・26千万円、6件発注。
●都市基盤
 ・今冬の道路除雪については、11月21日に除雪車の出陣式を行う。
 ・東日本大震災により10月31日国土地理院より当市は東方向へ64㎝から72㎝、
  南方向へ7㎝から9㎝の移動が見られた。
●産業振興
 ・当JAに集荷されたコシヒカリの1等米比率は92.6%と平年並み。
 ・倒産した「ミナミスキー場」は11月9日に(株)スマイルスキーリゾートが
  引き受けを決定する。
 ・道の駅は「雪あかり」、直売所は「四季味わい館」と命名される。
●行財政改革・市民参画
 ・都市計画税は24年度から税率を二分の一に減じる。

 議会閉会後「議会全員協議会」が、開催される。
  (1)大原運動公園整備事業について
     野球場、多目的グランド、駐車場等ついて詳細について説明を受ける。
     この計画により、次回は財政計画と合わせて事業費も明示しての検討。
  (2)災害復旧事業の状況について

 
 
[PR]
by 2nezou | 2011-12-06 12:05 | 議員活動 | Comments(0)