<   2012年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧
長島代議士南北連絡会議
       2月26日(日)16:00~18:00

 長島代議士の後援会の南魚沼市・湯沢町と魚沼市の役員の皆さんが一堂に会し顔合わせ会を行う。魚沼市の皆さんとは初めてお会いする方ばかりであった。
 会場が浦佐の「葡萄の花」と言うことで受付をする。
 民主党政権は「税と社会保障の一体改革」や「TPP」問題で党内をまとめきれないばかりでなく、閣僚のなかでも意見のそ語がでており、内閣支持率は24.9%で5ヶ月連続で下落している。不支持率は52.7%で、政権発足後初めて過半数を超えた。
 かと言って自民党支持率も12.3%(民主党10.1%)と低空飛行で政権をとろうという迫力は感じられない。揚げ足取りと批判ばかりではだめだ。無党派層が68.2%と政治に愛想をつかしている。
 そういう状況ですのでで、私は自民党ではない山古志村の長島忠美を好きになってもらいるようにしようと思っている。それには何と言っても本人に会ってもらうことだ。

     ●本当に気さくで、人情あふれる人で、私どもの声を国に届けてくれる人です。
f0019487_1811248.jpg

[PR]
by 2nezou | 2012-02-26 17:43 | 議員活動 | Comments(0)
 議会運営委員会   会派学習会
       2月22日(水)

<議会運営委員会>9:30~11:30 
3月定例議会の運営について「議会運営委員会」が開催される。
 3月議会は、24年度予算審議があり「予算議会」でもある。
 会期は3月1日~19日と19日間の日程で決まる。議会への提出案件は68件です。
 
 24年度予算は、魚沼基幹病院建設着工に伴う市立病院の再編問題。大原運動公園整備、図書館整備、特別支援学校の設立と合併以来市民要望の強かった事業が目白押しだ。そして、今泉博物館に「道の駅」がオープンする。合併以来、学校の耐震化や公共施設の大規模修繕等に取り組んできたが、今年度は新規事業が多く市民の期待も大きい。

 その他で議場での国旗、市旗掲揚について議運で2回目の議論する。
 本件は、昨年の9月議会で掲揚について可決されておりそれに基づいての協議である。
 共産党は反対であり、市民クラブは、本議会の議決は重いが全会一致が望ましいと。
 他の市政クラブ、かたくり、あゆむ会、南魚みらいと新年度6月議会から掲揚すべきと主張。採決の結果反対2、賛成5で新年度から掲揚することとする。形状、場所等については議長、副議長、議運委員長に一任とする。

<会派学習会>15:00~17:00
 議運で協議決定された内容を報告する。
 全議案について概要を全員で目を通し確認する。
 もう一度会派の勉強会を行うこととする。
[PR]
by 2nezou | 2012-02-22 07:22 | 議員活動 | Comments(0)
大和・六日町地域水田農業推進協議会
         2月20日(月)13:30~15:30

 24年度の水田作付(生産調整)方針が決まる。
 戸田JA組合長、井口市長、山口農委会長、土改理事長、魚沼農済組合長、各組織代表と管内の農業者の代表が集まる。自分は議会からの出席。
 昨年を上回る生産調整32.3%(大和)、33.3%(六日町)が割り当てられ、県間調整で対応してきた佐賀県の引き受け面積が年々少なくなってきており今年はゼロとなった。昨年の大震災で水田が作付できなくなった被災県との調整で、今年も昨年並みの18%くらいの生産調整で対応できるとの説明があるがまだ確定ではない。
 
 このように当市の基幹産業である農業は、県間調整が成立するうちはいいが県間調整が成立しなくなったらどうするのか、そのことも念頭にいれておかなくてはならない。

 オブザーバーで出席していた農水省の職員に、24年度からの施策~人・農地プラン(地域農業マスタープラン)~は、絵に描いた餅で利用できない。もう少し柔軟に対応できないのかと市長が質問する一幕もある。
 このように政権が代わると農政に振り回される現場、農家はたまったものではない。かと言って愚痴ってばかりいても始まらない。その「猫の目農政」を上手く利用し、自らの知恵と努力で農業を確立しなくてはならない。
 そういう意味では、市とJAの果たす役割は重い。
 
 そこに「TPP」という問題も発生してきている。今度は本当に農業の正念場だと思う。
[PR]
by 2nezou | 2012-02-20 06:41 | 地域情報 | Comments(0)
冬季観光の将来を語る会
         2月14日(火)17:30~20:00

  ●場所は石打丸山スキー場「レストハウスシュプール」にて
  ●参加者~井口市長、南雲産業振興部長
       関森(株)ガーラ湯沢社長、田代(株)ガーラ湯沢営業課長
       鈴木石打丸山索道事業協同組合長、野上グリーンリフト(株)
       大神田(株)日本リフトサービス社長、安土 大成総業(株)
       南雲石打丸山観光協会長、片山石打丸山スキー学校長、中澤観光協会
       阿部市議会議長他議員13名

  午後から石打丸山からガーラスキー場まで滑りたかったが会議のため会議だけの
  出席となるが、ガーラ湯沢スキー場の関森社長さんの話やスキー場関係者の話は
  これから「冬季観光・スキー産業」をどのように再構築していくかと言うことでは
  大変意義のある会であった。
  現在スキー学校の指導員が不足しているようだ。市職員に応援できないかとの
  具体的な話がある。これなどは即解決できる問題だ。
  丸山・ガーラ・高原と三山連絡スキー場だ。三スキー場は運命共同体として
  スキー場の生き残りをかけて宣伝・知恵を出していかねばならない。

         ●ガーラ湯沢スキー場関森社長さんの挨拶
f0019487_14593990.jpg

         ●スキー産業の発展を願い乾杯。
f0019487_1503355.jpg

         ●林議員経営のレストハウスからの展望
f0019487_151238.jpg

         ●石打丸山スキー場中央第一リフト
f0019487_1531444.jpg

  平成4年をピークにスキーヤーは、4分の1に減少している。
  まさに生き残りをかけた戦略が求められる。  
   
[PR]
by 2nezou | 2012-02-14 14:35 | 議員活動 | Comments(0)
「景観まちづくりフォーラム」予告
        2月10日(金)13:00~15:00

 昨年から「街づくりフォーラム」を浦佐で開催してはどうかと相談がありました。浦佐で開催するなら「毘沙門様・普光寺」が会場でなければ開く意味はないと勝手に決めていたので、市の担当者もあまり異論はないようであった。2月2日に県の担当者も会場を確認に来る。
 市の担当者と市の車で、地域づくり協議会長と事務長と私の3人で県庁都市政策課に打ち合わせに行く。

 <景観まちづくりフォーラムの概要>
  ●と  き  平成24年3月11日(日)12:30受付 13:00~16:00 
  ●主 催 者  新潟県都市政策課 南魚沼市都市計画課
  ●会  場  浦佐「普光寺」
  ●基調講演 「地域を変えるコミニュティデザインと景観まちづくり」
           講師 山崎 亮 氏(studio-L代表)
  ●パネルデスカッション
     テーマ 「みんなで取り組む景観まちづくり~協働のススメ」
       ・コーディネーター  長谷川 美香 氏(NPOまちづくり学校)
       ・アドバイザー    山崎 亮 氏(講師)
       ・パネラー      羽賀 不二夫 氏(毘沙門様千年のまちづくり)
       ・パネラー      高野 恒男 氏(NPO街並みフォーカス)
       ・パネラー      清水 勝沼 氏(小木湊まちなみの輪)
  
   ※講師のプロフェール     
     地域の課題を地域に住む人たちが解決するためのコミニュティデザイン
     に携わる。まちづくりのワークショップ、住民参加型の総合計画づくり
     、建築やランドスケープのデザイン、市民参加型のパークマネジメント   
     などに関するプロジェクトが多い。
     著書に「コミニュティデザイン」「ランドスケープデザインの歴史」な
     どがある。

   ◎申し込み
     〒950-8570 新潟市中央区新光町4-1
             新潟県庁都市政策課 広域都市政策班 宛
             電話 025-280-5428(直通)
             FAX 025-285-0624
[PR]
by 2nezou | 2012-02-10 07:27 | 地域情報 | Comments(4)
第7回地域医療対策調査特別委員会
       2月9日(木)9:30~12:00

 基幹病院を運営する財団法人の組織、定款等の概要、理事の予定者等も示され、病院建設、財団設立、人事などがいよいよ動き出した。病院建設は2月県議会で、6月県議会では基幹病院運営財団として指定管理者に指定することになる。
 魚沼基幹病院としては「医師確保」「収支」「地域連携」と一つ一つ大きな課題を超えなくてはならない。平成14年の魚沼基幹病院構想から10年いよいよ建設が始まる。魚沼地域にとっては命を育む安全安心の施設だ。

 基幹病院の姿が見えてきたので、やまと病院・六日町病院・城内診療所の役割も含めてどのように運営するのか、やまと病院では宮永院長先生を中心に市立病院のあり方について検討し執行部に提出し、現在調整をしているようだ。
 市立病院としての中心は大和ではなく六日町に移ることは理にかなっているが、新六日町、新大和の病床数も含めて検討調整が急がれる。現在の段階では市立病院のあり方について、私どもの質問に対しての答弁では、行政(市長)と病院(院長)で隔たりがあるように感じた。
 地域医療の後退があってはならないし、さりとて病院の収支と財政にも注視しなくてはならない。

<押合大祭露店市場管理委員会>14:00~15:30
 委員の委嘱が行われる。次いで委員長に上村隆一商工観光課長が副委員長に関利一大和観光協会常務理事が選任され会議に入る。
 新潟県は昨年「暴力団排除条例」を制定し、今年の1月10日に南魚沼市は「暴力追放都市宣言」を行っており、3月3日大祭の露天商から暴力団の排除を行わなければならない。
 露天商の皆さんには、「反社会的ではないことの表明・確約に関する同意書」をもらっており、現在205口の申し込みがあり、昨年とほぼ同じくらいの露天商が出店するということでホッとする。大祭と露天商は一体的なところもあり、健全な露天の開設と運営に努めなくてはと思う。
 本委員会の会議に県警本部から組織犯罪対策2課暴力団対策班の方が2名出席され、暴力団に関する指導がある。
 
[PR]
by 2nezou | 2012-02-09 05:37 | 議員活動 | Comments(0)
会派「政務調査」
         2月6日(月)

 <参議院予算委員会傍聴>10:30~11:40  
  予算委員会の傍聴は初めてであった。
  委員会室は思ったより狭い。全大臣が揃っていた。自民党の林議員、磯崎議員の
  質問を傍聴する。磯崎議員は最初に田中防衛大臣に質問する。秘書官交代の事や
  委員会を15分間抜け出してコーヒーを飲んでいたことに対する事や防衛大臣として
  被災地についての思えを問うた。
  直接近くで見て聴くやり取りは迫力がある。田中防衛大臣の答弁は何回も訂正があり
  大臣としての資質に問題があるのではないかと強く思った。

<TPPについて>13:30~15:50  ~ 会場は自民党本部会議室
   1.開会を長島代議士が
   2.自民党農林部会長の山田俊男参議院議員が挨拶を兼ねてTPPについて
   3.全国農協中央会農政部長 小林寛史氏より(60分)
   4.関係所管より説明を受ける(60分)
       ・内閣官房国家戦略室2人
       ・農水省大臣官房政策課3人
       ・経済産業省通商政策局1人
       ・厚生労働省6人
       ・外務省北東アジア課1人
     農業、食の安全、医療、貿易、地方経済等への影響や米国とFTAを結んだ
     韓国の現状について質問する。

    ●長島代議士、山田代議士から挨拶後小林部長よりTPPについて
f0019487_15353352.jpg

    ●TPPについて関係所管より説明を受ける。
f0019487_15381548.jpg

 <国家財政の現状と将来について~社会保障と税の一体改革等>16:00~17:00
    1.関係所管より説明を受ける。
       ・内閣官房社会保障改革担当室1名
       ・厚生労働省社会保障担当参事官室1名
       ・財務省主計局、主税局2名
       ・総務省自治財政局1名
f0019487_15431344.jpg

 午前中の予算委員会でも、この「TPP」と「社会保障と税の一体改革」は取り上げられ
 激しい攻防をしていた。
 TPP参加はまさに国の枠組みをも変えるものであり参加は見合わせるべきとつよく思った。社会保障給付費は23年度108兆円(年金54兆円、医療34兆円、福祉他21兆円)と10年前に比較し約10兆円増えている。23年度当初予算92兆円のうち29兆円約3割が社会保障費だ。少子高齢が進む中税収の確保が重要だ。現在の税収は約41兆円であり、50兆円にする(景気の回復~円高、デフレ対策)ための策が重要と思う。         
[PR]
by 2nezou | 2012-02-06 14:16 | 議員活動 | Comments(0)
第44回自民党大和支部定期大会
        2月5日(日)14:30~16:00

 第44回自民党大和支部定期大会が「お国じまん会館」で開催される。今年の当番幹事は浦佐分会。進行は井口誠、議長に山崎一二、活動方針井口俊郎、大会宣言関健一郎、万歳三唱に北村洋成、閉会の挨拶は次回当番の薮神分会井上智明。
 井口市長は公務のため欠席であったが、来賓挨拶はさながら衆議院議員長島代議士の激励会のようであった。今年は活動方針にもあるように、政権奪還が目標で衆議院の解散総選挙は6月と言われておるのでボルテージがあがる。そして、秋には県知事選挙と市長選挙が行われる。井口市長はまだ表明していないが当然三選を目指して立候補する……。

       ●井口寛大和支部長の挨拶で44回定期大会が開催される。
f0019487_14131353.jpg

       ●山崎議長の元議事はスムーズに進む。
f0019487_14143065.jpg

[PR]
by 2nezou | 2012-02-05 13:58 | 議員活動 | Comments(0)
 産業建設委員会
         2月2日(木)9:00~17:00

 <日程と調査事件>
     ●午前~現地調査(牧之通り、観光交流拠点整備事業)
 ◎調査事件
  (1)牧之通りの観光誘客について
       射千の会の活動は見習うところが一杯ある。
  (2)観光交流拠点整備事業について
       農産物直売所の運営に説明で不安が解消できなかった!!!
  (3)六日町街づくり株式会社について
       図書館にし、街づくり会社の今後の経営は……。
  (4)市内企業の景気動向および雇用動向について
       コパル求人募集しているが人が集まらないと言う。
  (5)スキー場の入込状況について
       年末年始対前年比112%とまずまずであった。
  (6)産業振興部の補助金事業の目的と成果について
       92件の補助事業がある。
  (7)水田の作付面積について
       昨年と同じ面積が地域間調整できない環境と思った。
  (8)除雪について
       1月31日豪雪対策本部を設置する。
  (9)その他~6件

          ●牧之通り・中島さん宅の「木喰仏」
f0019487_1156387.jpg

          ●観光交流拠点施設6月オープン
f0019487_1156234.jpg

[PR]
by 2nezou | 2012-02-02 11:33 | 議員活動 | Comments(0)