<   2012年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧
 新潟大学医学部健康講座開所式
             7月18日(水)16:00~17:00

 魚沼基幹病院開設に合わせて、前倒しで研究室がスタートする。大和庁舎内にその研究室が設置され研究がスタートしている。
 三大生活習慣病と言われる、がん、心臓病、脳卒中。この三つで死亡原因の3分の2を占めています。日本人の生活習慣が、がんなどの生活習慣病とどのように関わっているのかを明らかにするため「次世代多目的コホート研究」が始まりました。
 新潟大学が東京大学の応援を得ながら進める。スタッフは常時5名、先生は4人で担当は田中先生と伊藤先生。
  泉田知事の挨拶
    ・健康増進と言う分野、コホート研究は全人類の幸せのために
    ・基幹病院3年後の開院をめざして
    ・成人病と言えば魚沼だ
    ・これからのまちづくり医師不足解消に
    ・県としても全力を挙げて応援する
  井口市長挨拶
    ・基幹病院開院に合わせ地域医療の再構築が私の使命。
    ・飲酒が1位、たばこが1位、寝る2時間前に食事をが2位
    ・この研究室設置が地域医療の再編に

  この「コホート研究」大和病院で20数年前に、「脳卒中を無くそう」と町ぐるみで取り組んで今日に至っているような気がする。

          ●高橋医学部長挨拶
f0019487_16213829.jpg

          ●泉田県知事挨拶
f0019487_16214857.jpg

          ●井口市長挨拶
f0019487_16215795.jpg

          ●祝賀会が「葡萄の花」レストランで行われる
f0019487_16233187.jpg
f0019487_16233784.jpg
f0019487_16234482.jpg
 
  市長の話のように生活習慣病になりやすいワースト1の地域だが、長寿では女子が1位、男子は2位この関係はどうなっているのだろうか・・・・! 
[PR]
by 2nezou | 2012-07-18 15:56 | 地域情報 | Comments(0)
 両市議員勉強会
           7月17日(火)13:30~17:00

 今回で4回目となる魚沼市(小出地区)と南魚沼市(大和地区)の議員勉強会。
 今回のテーマは
      ・基幹病院の建設スケジュール
      ・国道17号浦佐バイパス建設進捗状況
   それぞれ室内研修1時間、現地を1時間。
   情報交換を1時間。
     情報交換では
        ・小出病院、大和病院の今後について~医師確保
        ・議会報告会について
        ・水道やごみ焼却炉

 情報交換は大切で、次回は魚沼市が当番で年内にもう一回やろうと言うことになる。
        
[PR]
by 2nezou | 2012-07-17 15:36 | 議員活動 | Comments(0)
 サル・熊被害対策研修会
         7月16日(月)13:00~16:00

 今、農林課にサルの出没と被害で、市民から連絡が無い日が無く、毎日のように現場に出ていると言う。
 参加予定者が多くなり、会場を体育館に移しての研修会となる。それほどに、サルの被害にはお手上げのようだ。
   
     ●産業振興部長の挨拶
f0019487_15193984.jpg

     ●県内で第一人者の山本先生(長岡技科大学)の講師紹介で研修会が始まる。
f0019487_15221273.jpg

  何故サルや熊が出没するようになったか。
    ・里山がサル、熊の生息できる環境に変化
        ~エネルギー原として常に山に人が入っていたが今は入らない。
    ・過疎化によって農地が山に戻りつつある
    ・山と畑が接続された。
  対策は集落ぐるみで対応しないと効果が上がらないし、継続しての活動が大切だから 
 
[PR]
by 2nezou | 2012-07-16 15:06 | 地域情報 | Comments(0)
 会派代表者会議
          7月13日(金)9:30~11:00

 協議事項
   ①一般質問の取り扱いについて
      ・委員長の所管事務に関する質問
          ~原則しないこととする
      ・質問席設置
          ~今期は現状で。しかし、期中に結論を出す。
      ・答弁時間を含めた総質問時間
          ~市長答弁が長い。9月議会は現状で
   ②原発稼働に関する意見書の取り扱いについて
      多くの意見がでる。全委員は脱原発の方向だ。
      イエスかノーでなく、全会一致になるように努力する。
      次回の代表者会議で原案を示す。
[PR]
by 2nezou | 2012-07-13 14:56 | 議員活動 | Comments(0)
産業建設委員会
            7月12日~13日

 調査事件は
  <7月12日>9:30~16:30
   ①災害復旧の現状について(現地調査含む)
   ②企業・製造業支援について
   ③人・農地プランについて
   ④「南魚沼のおいしい湧水」について
  <7月13日>13:30~17:00
   ⑤街づくり株式会社とJR駅前活性化について(図書館運営)
   ⑥「道の駅南魚沼」の経営計画について(現地調査含む)
   ⑦その他
      ・市道の認定について

 吉里、外谷、思川の三地区で行われている災害復旧事業は「農地災害関連区画整備事業」と言って、災害によって区画整理事業を行う事業で、県内でも珍しく注目度の高い事業。
 災害復旧だけでなく、区画整理も行うと言う、大変良い事業だ。事業の性格上、限度額もあり大変と言うが、その主旨はいいので頑張ってもらいたいと思った。
 13日の⑤の調査に、街づくり会社の社長が参考人として出席する。
 社長の話を聞き、街づくり会社の今後についても将来性があると感じる。駅前の活性化のためにも頑張ってもらいたい。
 道の駅の経営についても、直接JAの担当課長から話を聞き理解する。道の駅で、週一回定休日を設けているテナントがあり、是正するように強く意見を言う。

           ●災害復旧状況現地調査
f0019487_14552568.jpg
f0019487_14553574.jpg
f0019487_1455508.jpg

 
[PR]
by 2nezou | 2012-07-12 14:09 | 議員活動 | Comments(0)
議会・産建と農委・農政との懇談会
               7月10日(火)15:00~17:30

 一昨年の平成22年11月に開催して今回が2回目と言う。農業委員は41名おられる。35名が選挙(地区毎)で、議会推薦が3名、JA、土改、共済から各1名。
 今日の農委の出席者は「農政対策特別委員会」の皆さん6名。
  
   意見交換のテーマ(農委から情報を提供)は
       ・農業委員会について
       ・TPPの現状について
       ・人、農地プランについて
           ~22年度農委アンケート調査結果より
       ・生産調整の方向性について
       ・議会との連携について
       ・議会推薦委員の扱いについて
       ・農業用施設用地の条件緩和について

    農委人数次回選挙は減じる方向だ。女性委員が3人で少ない。
    議会から出てきてもらいたい。JA合併について等々の意見が・・・・・。
[PR]
by 2nezou | 2012-07-10 13:48 | 地域情報 | Comments(0)
大和・六日町地域農業再生協議会総会
              7月9日(月)9:30~11:00

 昨年までは、大和・六日町地域水田農業推進協議会であったが、今年度から標記の名称になる。構成メンバーから見ても農業政策の最高決議機関だ。ここの一番の役割は生産調整の県間調整枠をいかに多く確保するかだ。来年度の作付確保に向けて、活動を始めている。
 そして、目標年度平成27年度の「水田農業ビジョン」が第5号議案として示される。
   
   ●テーマは①コシヒカリのブランドの確立
          ②農地、農作業の担い手への集積
          ③戸別保障制度への加入促進と農家所得の安定
   ●内容は、主要作物販売目標や生産目標を掲げ、担い手や農地集積等の基本方針
    や生産上の課題や対応方向も記載されている。18ページにわたり整理している。

 会長はJAの組合長、副会長が市長、農委会長、JA専務。私は議会代表で参加。
      
 
[PR]
by 2nezou | 2012-07-09 13:01 | 地域情報 | Comments(0)
 第60回自由民主党新潟県支部連合大会
              7月7日(土)13:00~15:00

 自民党大島副総裁が来賓として来られ、約30分くらい講演される。
 民主党には、政権担当として「資格も能力も力」もないと切り捨てる。
  ・社会保障は~自助、公助、共助を核としてばらまきは止める。
  ・税は~経済成長をはかりデフレを脱却させてから
  ・復旧復興だけでなく、国土強靭化にも取り組む
 
 泉田県知事も来賓の挨拶の中で
  ・1000兆円の借金は国の借金である。
  ・日本は力があるから円高に動いている。
  ・しかし、今求められているのは、「円高」と「デフレ」の是正だ。
                         でないと、企業は投資できない

           ●自民党県連大会
f0019487_15195118.jpg

           ●自民党大島副総裁の講演
f0019487_1520559.jpg

           ●県知事、衆議院、参議院選挙立候補者が決意表明
f0019487_1522617.jpg

[PR]
by 2nezou | 2012-07-07 11:34 | 議員活動 | Comments(0)
 南魚沼市自衛隊協力会総会
          7月6日(金)16:00~18:00

 南魚沼市自衛隊協力会総会が「ホテル坂戸城」で開催される。
 会長の井口市長は、昨年の7月の福島豪雨災害での当市への支援に感謝すると同時に、3.11の東日本大震災では、日本中の国民が自衛隊の活動に感謝しております。残念なことに、自衛隊に反対する人もおり残念ですと・・・・・・。
 陸上自自衛高田駐屯地第二普通科連帯 三島副連隊長は、日本を守ると言う仕事に対し、誇りに思っており、皆さんから感謝の声を聞くと、本当に勇気をいただきます。
 種村元県議会議長は、平成16年の中越地震の対応には感謝の言葉が見つからないと。

          ●挨拶する自衛隊協力会会長井口市長
f0019487_1128720.jpg

          ●「多様化する自衛隊の役割」と題して講演する三島副連隊長
f0019487_11315819.jpg

         自衛隊の役割は「国の防衛」「災害派遣」「国際協力」
[PR]
by 2nezou | 2012-07-06 11:12 | 地域情報 | Comments(0)
産業建設委員会「行政調査」
              7月3日~5日

 <加賀市> 
  人口72,000人の加賀市は、加賀百万石の文化をにおわせる美意識が花開いた地。
  「大聖寺」、「山中」・「山代」・「片山津」の三温泉、「橋立」、「動橋」の六地域からなる。
  霊峰白山が生み出す四季と大地から、文化の代表格「九谷焼」が生まれた。
 
  加賀温泉郷として、かっては年間400万人の観光入込客が、200万人に落ち込んだ。
  人口も10年間で、6,000人減少する。(8割が就職、結婚が2割)
  300万人を目指すと言う「観光振興アクションプラン」を調査する。
   ・寺前市長の強いリーダーシップのもとアクションプランが動いている。
   ・加賀ブランド化~組織を変える
   ・超「温泉」地域を構築
   ・広域連携(祈りの道)、北陸新幹線開業
   ・観光フィールド大学、レディー加賀
  調査を通じ、当市の観光プランは、「雪国観光圏に関する・・・」ものが、前に出ており、
  それに合わせた当市の具体的な長期・中期・短期の総合的な戦略が見えない。
  各地域それぞれで取り組んではいるが・・・。

        ●加賀市役所にて担当職員から説明を受ける
f0019487_6585446.jpg
f0019487_6584293.jpg

<京都府伊根町>
  人口2,600人の伊根町は京都府の北部、丹後半島の北端に位置し、
  漁村景観として、知られている舟屋群のの町です。伊根湾沿いに建ち並ぶ
  約230件の舟屋は、歴史的・文化的価値が高いと評価され、平成17年に
  「重要伝統的建造物群保存地区」として国の指定を受ける。
   いかに生活に根付いた文化や歴史が、観光客の誘客に重要か知る。
  その昔、この地域の若者は、貧しい漁村から都会にあこがれて出て行った。
  このさびれた漁村が、今、また復活を見る。ただ何もしなくては発展が無い。
  国の指定にあぐらをかくことなく、景観保存と同時に、観光客入込に様々な
  取り組みが始まる。

         ●役場は木造で、議会はこのコミニュテー講堂で開かれる
f0019487_6452372.jpg
f0019487_6455661.jpg

         ●釣りバカ日誌や寅さんのロケ地ともなった舟屋群
f0019487_6481625.jpg
f0019487_6482916.jpg
f0019487_6483943.jpg
f0019487_6485287.jpg
f0019487_649555.jpg
f0019487_6492213.jpg

 <鯖江市> 
   人口69,000人の鯖江市は、福井県17市町村で唯一人口が増加している。
   眼鏡・繊維・漆器の「ものづくり」の町として、歴史を刻み、先人の伝統を
継承しながらも、あらなた開発や先端技術を取り入れて今日がある。
f0019487_9215778.jpg

f0019487_9221176.jpg
 
 
  メガネのフレームは国内90%以上のシェアを持つ。一つのフレームが完成するのに
 100以上の工程があり、かってはすべて職人の手で作られていたと言う。
  鯖江の繊維のルーツ「石田縞」が、昭和47年に、数人の作家によって復元を果たす。
  国の伝統工芸の指定を受け、約1500年の歴史ある日本最古の漆器産地。

  中国からの安い品物に押されているが、鯖江は常に進化し「売る産地から売れる産地」
  を目指している。

  産業や特産品を核とし、まちづくりを行っている市町村は専任職員を配置し、総合的に
  戦略を練り地域とともに歩んでいる。そういう視点からわが市(観光、地場産業、
  特産品)を見たときに、総花的であり、戦略的でない。

           ●一日目「小浜市」に泊まる。
f0019487_10183966.jpg
f0019487_1019652.jpg

           ●浦佐スキー場がこのようにできないか・・・・・。
f0019487_10201126.jpg
f0019487_10202557.jpg

  
[PR]
by 2nezou | 2012-07-03 06:04 | 議員活動 | Comments(0)