<   2013年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧
 議会運営委員会  会派勉強会
             5月31日(金)13:30~15:00

 執行部が変わっての初の委員会。総務部長の付議事件の概略説明、初めてのこともあり丁寧で解りやすかった。条例9件、予算1件、その他20件の提出案件だ。
 会期は、6月11日~21日の11日間。一般質問は17日、18日、19日の3日間。
 
 6月議会には、土地開発公社としゃくなげ湖畔開発公社の決算予算が説明される。市の出資比率が50%以上の団体が議会に提出する。今年度から25%以上としたので、街づくり会社も議会に提出することとなる。

 請願は2件(30人以下学級実現・・・・・・・。年金2.5%削減の中止を求める)

 <会派勉強会>16:00~17:30
 6月の議案についての勉強会終了後に、6月3~5日に政務活動に行く勉強会(陸前高田市復旧状況、八戸市のB1グルメによるちづくり、六ヶ所村・原子燃料サイクル)を行う。
[PR]
by 2nezou | 2013-05-31 17:57 | 議員活動 | Comments(0)
 辻又・後山市政懇談会

5月28日(火) <辻又市政懇談会>19:30~20:45
5月30日(木) <後山市政懇談会>19:30~21:00

 今年のメーンテーマは「みんなで考えよう”人口減少”」
 市職員になり3年くらいの職員がメーンテーマについて、市の人口の推移や意向調査(結婚観)、そして人口減少に対する市の主要施策について話す。

 市長は今年度の主要施策・基幹病院、災害復旧、雇用の促進、財政問題について話し懇談に入る。
 
 質問は集落に関係する項目が多く出る。
   ・特に豪雪時の対策の問題
   ・インターネットに関する件









 
[PR]
by 2nezou | 2013-05-30 17:40 | 議員活動 | Comments(0)
議会全員協議会
            5月28日(火)9:30~11:30

 平成25年度国民健康保険税について執行部より説明がある。
 議会全員協議会になったことから、税率は据え置き。据え置きでない場合は臨時議会となる。
 
 24年度の決算見通しで、21600万円の黒字となり、それらの見通しから、現行税率での25年度予算対応で歳入、歳出が対応できると資料により説明を受ける。
  課税状況は
    ・医療 ~ 所得割6.86%、均等割25,200円、平等割22,300円
    ・後期高齢支援 ~ 所得割2.25%、均等割11,100円
    ・介護 ~ 所得割2.01%、均等割14,400円
  23年度から据え置きされている。

  近隣自治体(魚沼市、湯沢町)と比較すると24年度は一人当たり
     ・南魚沼市 112,249円
     ・魚沼市   103,771円
     ・湯沢町   93,269円  と、1~2万円高い。

  近隣市町村と高いと言うことが議論される。









    
[PR]
by 2nezou | 2013-05-28 17:13 | 議員活動 | Comments(0)
日本自治創造学会研究大会に参加
            5月23~24日(金)

 会場は明治大学で参加者は450人。
<24日・一日目>13:00~18:35
 一日目は「地方議会改革のこれから」(本会の会長・明治大学名誉教授)と「政権交代と自治の行方」(神野東京大学名誉教授)と題して「講演」が2題。休憩後は「地方分権に耐えられるのか」として、青木内閣府官房審議官と保坂前志木市長より提言がある。その後に佐々木信夫中央大学教授がコーデネーターでパネルデスカッションン。

  ●左側が学会長と保坂本学会理事長
f0019487_16145276.jpg

  ●会長講演~住民を巻き込んでいない。選挙制度に問題あり。二元性は機能していない。
           3無いで議員立法は無理。議会事務局・・・。
f0019487_16173463.jpg

  ●パネルデスカッション「高齢者医療・介護制度改革の行方」
      ~人口が減る。持続的はありえない。少子化に歯止めがかかることが前提。
        医療・介護は人口、財政の問題だ。「長寿社会成長戦略特別委員会」の設置。
f0019487_16273687.jpg

<25日・二日目>9:30~15:30
 「新政権の財政課題と道州制・地方の復興」という大きな名題に3人の先生が、
 「TPPの本質と参加の是非」に3人の先生が持論を話す。
  
  ●アベノミクスと地方財政への影響・林関西学院大学教授
     ~東京一極集中は世界でも日本だけ。自治体はビジネスモデルを作るべき。
f0019487_16511357.jpg

  ●地方分権と道州制(大阪、関西の視点から)・上山信一慶応大学教授
     ~大阪の一人当たり県民所得が低いのを是正するために「都」構想がスタート。
       道州制は「所得と雇用」を考えた区割りを。区割りは夢を語り地域から考える。
f0019487_1659630.jpg
f0019487_1659514.jpg

  ●起業家から見た被災地の復興と地方の再生・渡邉美樹(ワタミ社長、陸前高田参与)
     ~霞が関は創造力に乏しい。山を削る許可に1年かかる。
      ・この地にしかできないものを・人を呼ぶ(ブランデングする)・企業を呼ぶ。
      ・手を差し伸べればいいか。・職員もだらけてきた。・スーパーが来ていいか。
f0019487_17154269.jpg

  ●TPPを通じた構造改革を・八代尚宏元総合規制改革会議委員
f0019487_1727928.jpg

  ●TPP参加前は賛成、今反対・宮台真司首都大学東京教授
f0019487_17213322.jpg
f0019487_1722967.jpg
f0019487_1722293.jpg

  ●TPPと地方への影響・早稲田大学教授
f0019487_17291080.jpg

 2日間を通じ「分権・議会改革・道州制・TPP・地方の振興」と勉強をする。なかなか時間がとれなかったが、今月はアカデミーの研修と4日間勉強する。

 議会改革や分権については、先生によって考えが違い、例えば「二元性は真っ赤なうそ」になるほどと思ったり、医療や介護の将来を考えたとき「死生観」(北欧は「自力で食べられなくなったら神に召される)をかんがえる事が必要には納得。また、少子化に歯止めをかけなければ日本は滅びる。このことは何十年も前から指摘されていたのに政治は何をしていたのか怒りが込みあがる。
 TPP賛成、反対の学者が話したが、それはそれとして、TPPによる影響・答えは一つである。賛成、反対の学者も官僚も政治家もどの選択が日本の将来にいいのか公開して議論し行く末を決めることが大切だ。
 私はTPP参加は、自民党の公約が守られなければ脱退すべし。ウソをついてはいけない。
 
 印象に残ったのは、会長講演「議会改革」、「高齢者医療・介護制度の行方」と「地方分権と道州制」ワタミ会長の「地方の再生」です。すべての課題に「人口減少」少子化に歯止めをかけることが大切。
 橋本大阪市長のことは、報道でしか知ることができなかったが、今回「大阪都」構想に8年前から携わった先生の話を聞けて橋本市長を見る視点が違ってきたが、「慰安婦」発言は許されない。


 泊まりは一日目、小林さん宅に勝夫さんが来てくれていて、伯父さんとおばさん4人で久しぶりに一杯やる。話題は、今日の「医療と介護」「TPP」が話題でアルコールが進む。
 二日目は、来月東京で結婚式を挙げる三男の最終打ち合わせ。彼女のお父さんと新橋で17時に合流し指定の店に、二人で待つこと1時間30分。彼女が先に来て、そして仁志が来たときには退席する時間となる。
 彼女のお父さんと打ち合わせができて良かった。

   ●二人の新居に最初に泊まる。(秋久保さんのお父さんは帰る)
    美味しい料理とお酒に乾杯する。
f0019487_18221640.jpg


 
[PR]
by 2nezou | 2013-05-24 15:14 | 議員活動 | Comments(0)
自民党大和支部役員会
               5月13日(月)17:30~16:30

 7月4日告示、21日選挙の参議院選挙まで2カ月を切る。
 立候補予定者は、定数2名に塚田いちろうをを含めて7名が名乗りを上げている。
 自民党の支持率が高く、塚田いちろう絶対優位と言われているが6年前を思え興そう。
 
 6年前黒岩が安全圏で塚田と森の勝負と言われたが、苦杯を喫したのが優位と言われた黒岩である。
 今回も、現職が3人(塚田、森、風間)そこに米山が絡んでくる。
 安閑としていれば、塚田も苦杯をなめることになる。

 役員会に、塚田の奥さん志保さんと秘書の宮さんがくる。そして長島秘書の西山さんも。

              ●参議院選挙対応の役員会~挨拶する志保さん
f0019487_10192845.jpg

[PR]
by 2nezou | 2013-05-13 10:04 | 議員活動 | Comments(0)
 市町村議会議員特別セミナー
            5月9日(木)~10日(金)

 政治、経済、議会、エネルギ問題と2日日間勉強をする。
 市町村アカデミーへの参加は初めてで、内容も今日的な問題で講師もその道の日本を代表する方ばかり。
 そして、施設も最高だし、何よりも参加費は1万円で宿泊費と受講料込みだ。。そして、何とその中に交流会費も含まれている。
 今回は初めての試みだそうですが1日目の17:00~18:00に「ミニコンサート」が行われる。出演者はサクソフォン四重奏のカルテット・スピりタス。サクソフォン・カルテットとして売れっ子の皆さんだそうです。朝ドラ「海女ちゃん」の音楽を吹いているそうです。

 講演1「どう進む日本政治」
        講師 NHK解説主幹 島田敏男 氏


 講演2「日本経済とアベノミクスの行方」
        講師 日本総合研究所副理事長 湯本健治 氏 


 講演3「地方議会の役割と改革の行方」
        講師 山梨学院大学法学部教授 江藤俊昭 氏


 講演4「再生可能エネルギーの展望と課題」
       講師 東京大学生産技術研究所特任教授 金子祥三 氏


f0019487_1672523.jpg

f0019487_1611250.jpg

[PR]
by 2nezou | 2013-05-09 17:23 | 地域情報 | Comments(0)
三会派合同研修会
              5月7日(火)15:00~17:30

 地域振興局講堂において三会派合同の研修会が開催される。今回の幹事は「あゆむ会」。
 25年度の、企画振興部、地域整備部、農林振興部の予算と事業内容について説明受ける。
 振興局からは、大橋局長、3部長ほか19名の幹部職員が出席。議員は19名、市からは井口市長他7名。
 
 土木予算は、平成10年当時は100億円位であったのが三分の一の30億円くらいになり「コンクリートから人へ」の民主党政権下では平成22年の当初予算で22億円(精算39億円)まで落ちた。平成23年の未曽有の水害で110億円(予算24億円)となり、昨年が70億円(予算34億円)、今年38億円。
 23年の未執行が21億円、24年の繰り越しが49億円、今年の予算が38億円で、108億円の予算だ。建設業会は通常40億円の実力なので、予算をフイにしないように計画的に実施し一日でも早い復旧と、国土強靭化に基ずき道路、橋、トンネル等のインフラ整備をしっかりとしてもらいたい。

 農林振興部には、昨年個体検査で一等米比率が50%を割る大変な状況であった。今年80%を割るようであれば、技術員は給与返上だ・・・・・・。そのくらいの気構えで対応してもらいたいと注文する。









 
[PR]
by 2nezou | 2013-05-07 08:33 | 議員活動 | Comments(0)