<   2016年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧
自民党大和支部総務委員会  クラブ会  長農議員会
               8月31日(水)

<自民党大和支部総務委員会及び本部役員合同会議>6:30~7:15
  自民党県連本部から、県知事選挙に係る各支部への意向調査が来る。
  大和支部として自民党推薦を誰にするかの会議。
  本部からは
     ①泉田裕彦 ②森民夫 ③県連一任 ④その他 

  ところが、昨日の午後、県連では総務委員会が開催され、長島忠美代議士が県連会長に決定。その会議中にビックニュースが流れテレビでも字幕で流れる。泉田県知事、県知事選挙から撤退と・・・・・・。私は唖然とすると同時に信じられなかった。その撤退理由も、船舶に関する新潟日報の一連の報道だと言う。まさかと思ったが、他の理由もあるんではないかと疑う・・・・・・。

  そういう状況の中での協議となる。
  私は森氏を推薦すべきと手を挙げたが、これから新たな局面が出てくる可能性があるからと7対10で県連一任となる。構成役員30人、今日の出席18人。総務委員長が議長となる。
f0019487_1226541.jpg


<クラブ会>10:00~12:00
  9月定例議会を前に勉強会を開催する。井口市長最後の議会だ。
  総務部長より議案の説明を受ける。9月議会は決算議会で会期は9月5日から21日まで。
  
  一般質問は、クラブを代表するような形の方が良いのではないかと提案する・・・・。
  「議会報告会」大和地区10月6日と報告がある。

<長岡農業高校OB市議会議員親睦会>15:00~ 
   ●勉強会 「JA魚沼みなみ」、「八色しいたけ」   15:00~17:00
・JA小倉組合長(長農0B)より「コメ販売戦略」を講話
           ・15戸16億円の販売高・八色しいたけの現地を視察
   ●懇談会 「レストラン葡萄の花」    17:15~20:00
           ・越後ワイン創設の種村社長(元県議長・長農OB)歓迎あいさつ
   ●泊り   浦佐温泉「てじま屋旅館」 二次会20:30~
             (電話 025-777-2124)

※ 朝食後解散、希望者は「八海山ロープウエー」「魚野の里」へ案内5人参加。

        ●JA営農センターで「米販売戦略」を勉強
f0019487_1244776.jpg

        ●JA椎茸種菌・パックセンタ、小沢氏ハウス見学
f0019487_12454882.jpg

f0019487_1246111.jpg

f0019487_12465618.jpg

        ●種村社長より越後ワイン創設の話を伺う
f0019487_124885.jpg

        ●レストラン「葡萄の花」にて記念写真
f0019487_12491155.jpg











  








            

    
[PR]
by 2nezou | 2016-08-31 12:06 | 議員活動 | Comments(0)
新潟を再生する会(森たみお後援会)事務所開き
               8月28日(日)10:00~

  今日は浦佐地区の明朗運動会で参加予定であったが、一昨日(28日)長岡市議会の前議長の丸山氏と前副議長の高野氏が見える。長岡市長「森たみお」を支援する議員の会参加依頼に来る。
  議長と協議し、我が会派の有志に声をかけ、私が南魚沼市の代表になる。そういうこともあり、議長代理で中越地区の事務所開きに出席する。

  10月16日に予定されている県知事選挙に現職の泉田知事が早々に2月に出馬表明し、現職強しの雰囲気の中、全国市長会長である森長岡市長が出馬を宣言する。
  全国市長会とういう立場から新潟県を見たときに、国との関係、近隣県との関係、JRとの関係が必ずしもいい関係でなく、新潟県の発展が4年間停滞すると言う思いから立候補を決意したと推測する。
  年齢も私と同じ年昭和24年。決して若くない。4期目の全国市長会、5期目の長岡市長の椅子を投げてまで挑戦しなくてもいいのではないかと・・・・・・が、県民の幸せのために立ち上がったのだと思う。その決断に応援しようと思った。

               ●事務所開きでの「ガンバロウ三唱」
f0019487_1655247.jpg

[PR]
by 2nezou | 2016-08-28 16:25 | 議員活動 | Comments(0)
勉強会
               8月26日(金)16:00~17:30

 昨年に続いて、南魚沼警察署業務の推進状況について勉強する。
 警察署は、署長副署長以下6人の課長が出席し所管の業務について説明する。議員は議長以下10人で松原県議も出席。市は副市長、教育長、総務部長が出席する。
 警務課、生活安全課、刑事課、交通課、地域課、警備課の各課長より説明がある。最後に副署長より「改正道路交通法」の概要についてスライドで説明を受ける。

 7月末で相談業務が826件(昨年658件)と増えており、頼りにされている、反面市民は不安がっている。
 刑法犯や特殊詐欺発生状況。少年犯罪等の補導状況や重要犯罪・窃盗犯検挙状況等の説明を受け、改めて家庭のしつけや地域での見守り、道徳が大事で、核家族でない「家(二世代三世代同居)」の大切さを今一度考える必要がある。
 警察の基本は「交番のおまわりさん」。市民の安全のために①情報の発信②問題解決活動③管内実態把握。この3点を基本におまわりさんはパトロールしているので、家に訪問に来たら、「ご苦労さまですと家に上がっていただき、お茶を飲み世間話する」ことも大事と思う。

                ●南魚沼警察署長のあいさつ
f0019487_16212584.jpg

[PR]
by 2nezou | 2016-08-26 15:51 | 議員活動 | Comments(0)
中越地区市議会合同議員研修会
              8月23日(火)15:00~

 中越地区の10市(燕・三条・加茂・見附・柏崎・長岡・小千谷・十日町・魚沼・南魚沼)の議会が持ち回りで当番となり開催する。今年は加茂市、会場は田上町の「ホテル小柳」。
 歓迎の挨拶で、加茂市長、的外れ(知事選応援)の話をし、会場はざわめく・・・・・。情報交換会の時に、再度演壇に立ち、開会時の挨拶は、参集者が燕三条加茂の三市と思っており、内容は大変不適切であったとお詫びをする場面があった。

 <講演会>
    ●演題  「健康、教育、社交、そして婚活!成功に繋がる食育環境」
    ●講師  荒木 千賀子 様
            (フリーアナウンサー、新しいニーズの結婚式場と提携し結婚応援団)
 
 ※当日配布された資料の一部より
 「先進国と呼ばれる国々のほとんどで「家庭」という定義が崩れつつある。子育てを保育園などが肩代わりし始めると崩壊に向かい、犯罪率が上がるといわれる。保育園、幼稚園、学校、福祉、民主主義は「親が、親らしい」を前提で作られている。この前提が崩れるとシステムは社会から人間性を奪い始め、自然治癒力、自浄作用が働かなくなる。日本は他の先進国と比べるとまだよい状況にありますが、その崖っぷちあることを知ることが必要だ。
 個人と社会が交差する場が「家庭」。一人前の男女が会出合い、命を産み育み、モノを作り、人と共感し、そして社会に働きかける場が「家庭」。日本が急速な近代化、安直な民主化が人の結びつき、家庭のあり方を大きく変えた。互いを機能で取り結ぶ「消費同宿の場」となってしまった。「家庭」を再び「生産、共生の場と」しなければなりません。」


              ●加茂市山田議長あいさつ
f0019487_1252974.jpg

              ●講師の荒木様
f0019487_126593.jpg


<グローバルITパーク南魚沼>
 ITパークが今日オープンする。今日5社が入居する。
 オープンセレモニーに、駐日インド大使閣下、駐日スリランカ大使閣下も来る。
 テープカットが大和庁舎玄関前で、オープンセレモニーは15時から行われる。
 わたしどもは、上記の研修会があり議長と産業建設員長が出席。

 CCACと併せて必ずや南魚沼市いや魚沼地域の大きな財産となる。多くの課題もあると思うが、早急に外国特区をとり、海外のIT企業が進出しやすい環境をつくることが大切だ。
f0019487_12195846.jpg



f0019487_12201363.jpg

[PR]
by 2nezou | 2016-08-23 11:20 | 議員活動 | Comments(0)
大和商工会行政懇談会
               8月22日(月)15:00~

<一部> 
 1.小規模企業振興基本条例の制定について
         (質問者 関博行副会長 回答者 佐藤剛議員)
 2.農業振興地域の開発行為の弊害と農業と商業のバランス、方向性について
         (質問者 青年部・駒形純 回答者 清塚武敏議員)
 3.リフォーム補助金は今後も継続するか
         (質問者 理事・丸山正 回答者 井口市長)
 4.女性の目線で
    ①ごみの出し方 ②ふるさと納税の返戻品 ③介護認定・介護サービス
         (質問者 女性部・上村清子 回答者 関常幸)
 
 5.総合的なまちづくり施策の継続について
         (質問者 メデカル:門山好和 回答者 井口市長)
 6.商工業振興事業補助金の増額を
         (質問者 青木文治会長 回答者 小澤実議員)
 7.小中学校の不登校といじめの現状と対策について
         (質問者 理事・山田勝 回答者 岡村勝議員)

 数日前に上記の質問内容と回答者が記されて案内が来ますので、私どもは、回答について準備をいたします。私の場合、最近ペットボトル等収集されづに残される。缶とビンの収集が同じなのはなぜかとか等々・・・・そして、介護認定等は自営業は優先順位が低い・・・・・・・・現状について私自身細かに勉強し、担当からも話を聞き準備する。ふるさと納税の返戻品については議会の取組を紹介し、井口市長からも答弁してもらう。

 商工会の皆さんも、質問者、質問内容と事前準備が大変であると思いますが、このような積み重ねが市の発展につながります。これからも継続いただければと思います。私どもも新たに調査したり、調査で担当者と意見交換したりしますので大変勉強になります。
 又、第二部の「浦佐やな」での懇親会は一部の続きもあり大変有意義です。そして。「浦佐やな」は、大正時代から続いており、当地区の「文化」です。文化を絶やさないためにも「浦佐やな」に足を運んでください。
[PR]
by 2nezou | 2016-08-22 10:06 | 議員活動 | Comments(0)
自民党大和支部拡大役員会
                8月18日(木)18:00~

  お盆の余韻が残る今日「参議院選挙の総括」を行う。長島代議士も挨拶する。
  大和支部は、参議院選挙で、初めて衆議院選挙に準じた戦いを行った。今までは当選枠が2議席であったから事務所に詰めることも無くスケジュールをこなすと言う感じだった。ところが今回は、昨秋に「国政報告会」を開催し、激戦を皆んで確認し、公示前に全戸チラシ配布、公示後はさらにきめ細かな活動をした。
  誰もが勝利を確信していたが・・・・・・。2,279票で負ける。南魚沼市でも139票負ける。この139票は桜井新先生が初めて国政に出たときに負けた数字と同じで・・・・・何か因縁めいたものを感じさせる。
  南魚沼で負けるとは思っていなかったが、改めて選挙はこわいと思った。
 
  中原558,150、森560,429で2,279票負ける。長島代議士選挙区は、南魚沼市139票負け・湯沢町20票勝・魚沼市31票勝・小千谷市1,406票負け・長岡市3,696票負ける。この轍を踏まないようにしなくてはいけない。

  そして、県知事選挙対応は、今時点では大和支部としては白紙。今は県議団の意向も分かれておるし、敗戦を受け星野県連会長は辞任。長島代議士が30日の県連総務会で県連会長に就任する。県連は各支部の意向調査をするらしい。その指示が来たら会議をする。
  市長選挙については、自民党大和支部としては対応しない旨を支部長話す。

        ●拡大会議で挨拶と提案する「井口支部長」そして、長島代議士挨拶
f0019487_1031439.jpg





  

  
[PR]
by 2nezou | 2016-08-18 10:05 | Comments(0)
浦佐戦没者招魂慰霊祭
            8月16日(火)10:00~

 台風7号の影響で雨を心配したが暑い一日であった。
 戦没者慰霊祭は、日本国のために戦い、亡くなったわけだから、最初は行政が主催で行っていたが、何かしの理由で、行政が手を引き、遺族会が主催するようになった。その遺族会も高齢の方が多くなり継続が困難になり平成12年に中止となる。
 平成22年度の浦佐大区長(柳栄太郎氏)、横山一男、和久井宮司さんと4人で数回の協議を重ね、23年1月に発起人会を開催し、23年8月16日に再興慰霊祭が開催され今年は6回を迎えた。会員は64名。目的は、悲惨な戦争を二度と行わないために、平和に感謝しつつ、戦争の悲惨を次世代に伝えることだ。
 主催は「浦佐招魂祭顕彰会」で良いが、その目的達成のために今後は、学校や行政からも関わっていただくための検討が必要と思った。
 10時より167柱の前で招魂慰霊祭が行われ、白山神社庫裡にて、戦争体験(山本真吾氏)として「八色原飛行場)滑走路計画について講話がある。そして、和久井宮司「アジアへは侵略戦争か?」と言う、マッカーサー司令官の話を引用しての講話がある。招魂祭顕彰会の総会、直会に移る。
f0019487_10384250.jpg

[PR]
by 2nezou | 2016-08-16 09:15 | 地域情報 | Comments(0)
二市一町議会議員協議会総会
                8月10日(水)15:00~

 28年度の総会が魚沼市「UOSHIN」で開催される。
 会長は南魚沼市黒滝議長。来賓に、長島代議士、皆川県議、松原県議、井口市長、田村町長、魚沼市は市長代理、斉藤県議は欠。
 二市一町は、定住自立圏構想で連携しており、広域的に行政課題を解決していくことが住民の利益になる。
 それらのことから、昨年魚沼市が加入する。
 行政課題としては、ごみ焼却炉建設は具体的に動いている。雪、消防、観光、福祉、コシヒカリ、魚野川水利、交通等々、二市一町の視点から検討研究することが大切だ。そして、人口減少に伴い、公共施設(庁舎、スポーツ施設、図書館、学校等等)、の多くは老朽化に伴う建て替え年次に来ており、計画的に廃止や統合・改修新築等を検討していくことが不可欠だ。

 協議会の具体的な活動としては、国、県への要望活動がある。二市一町の議会が4班に分かれて要望活動を行う。また、三議会の議員が一堂に会しての意見交換会は、情報の交換や意見の開陳等があり大変有意義で、その後の個々の議員活動に役立っている。

            ●長島代議士あいさつ
f0019487_975072.jpg

            ●魚沼市議会議員、歓迎のあいさつを!
f0019487_98072.jpg

[PR]
by 2nezou | 2016-08-10 08:01 | 議員活動 | Comments(0)