<   2017年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
中澤俊一議員勤続20周年謝恩の会
          7月30日(日)17:00

 「ガラパゴス」(機関誌)で知れる中沢議員、10月に行われる市議会選挙には不出馬表明をしており、中沢氏らしい区切りとして、今回の会を計画したのだと思った。
 中沢氏は、長岡農業高校の一つ後輩であり、卒業後は養豚経営を行ったが、農業・経済情勢の大変革の中で養豚経営から撤退し、当時の六日町議会議員に挑戦し今日に至る。市長選挙、県議会選挙、国政選挙と大きな汗を掻き、時には対立したり、前回の市長選挙では美酒を飲む。20年と一口に言うが、本当にご苦労さまでした。
 会派を問わず多く同僚議員がお祝いに参加する。来賓として、長島代議士、松原県議、林市長、関前長岡市議会議長、黒滝議長が祝辞を述べ、小宮山元六日町町長が乾杯する。
[PR]
by 2nezou | 2017-07-30 06:42 | 地域情報 | Comments(0)
黒沢川巡回    二市一議会議員評議委員会   警察との勉強会
★7月24日(月)黒沢川巡視
 23年度新潟福島豪雨で、黒沢川で土石流が発生し、住宅の床上浸水で大被害となり、県に黒沢川の改修等の要望をあげており、ようやく今年度県の予算がつく。工事は、黒沢川に堰堤が3つあり、2つ目の堰堤を2メートルの嵩上げ。2つ目の堰堤と3つ目の堰堤の間に新たに堰堤を新設。入札も終わり、工事説明会も町内で終わり、工事着手と言う時に、この災害が発生した。
 長島代議士、松原県議が7月19日に現地に来た時に、今回の雨を経験し、現在の工事内容を見直す必要があるのではないかと、私から提言し、今回の黒沢川巡視となる。
 参加者は、松原県議、県職員、工事施行者

           ●黒沢川の一番奥まで歩く。大きな山の崩壊は無い。
            川には多くの土砂が出ておる。奥は川の幅が狭く、斜面は急。
f0019487_9385462.jpg

f0019487_9391444.jpg

f0019487_9403148.jpg

           ●赤いテープが新設する堰堤と、後方が嵩上げするテープ
f0019487_9414763.jpg

 私も黒沢川の奥まで行ったのは初めてだ。23年豪雨の時のような、大きな斜面の崩壊は無いが、川は狭く多くの石や土砂が川にでていた。大雨が来ればこれらの土砂が流れることは想像できる。
 もっとより大きな堰堤が必要ではないかと思った。県にさらに要望する必要があると思った。

★7月25日(火)14:00より「二市一町議会議員協議会評議員会」
 南魚沼市会議室において二市一町の評議員会が開催される。
 国、県への要望活動と総会(8月10日開催)について協議する。 
 魚沼市は6月に市議会選挙が行われ、議長と評議員が変更となりその報告もある。

★7月28日(金)南魚沼警察署管内 治安情勢の勉強会
 16時より警察署大会議室において大竹所長以下各課長が出席。議員は議長以下9人、執行部は副市長、教育長、消防長他担当職員1名が出席する。
 交通事故発生状況と抑止対策、刑法犯の発生状況(特に特殊詐欺)、少年犯罪の補導状況、山岳遭難、犯罪検挙状況等について担当課長より説明を受ける。
 そして、警備課長より、「国際テロ情勢及び国際テロ対策について」をスライドでの講話。

 この勉強会今年で3回目。今日も苗場では大きなエベントが開催されており、多くの署員が警備にあたるなど、大変忙しい中対応いただき感謝です。管内の交通や治安の状況等を知ることは大変ありがたいことです。市民の安全・安心のための政治であるからです・・・・・・。
 改めて、警察の皆さんの365日・24時間、休みなしの活動に感謝申し上げます。本当にありがとうございます。
 南魚沼警察署には、約100名の警察官がおります。「交番のおまわりさん」と言われる、交番勤務は38名。平均年齢は31歳と若い。市民と一番近いおまわりさんですし、町内を巡回の姿を見るだけで安心しますのでよろしくお願いします。
 
[PR]
by 2nezou | 2017-07-24 09:19 | 議員活動 | Comments(0)
黒沢土砂流出で新町浸水
7月18日(火)

 早朝5時より町内総出でまつりの後片付け(注連や幟、提灯の撤去)をする。
 9時ころは、三条市や魚沼市では豪雨で避難勧告が出たりしているが、浦佐は雨も降らなく隣は大変だなとテレビのニュースを見ていた。10時ころから降り始め、すごい降り方になってきた。
 正午頃、7月3日に土砂が発生した「黒沢川」に行ったら、市の職員が来ていた。一気に土砂が来たようだ。町内の方に水が流れだしている。重機の手配、国交省の排水車を願う。県議、代議士にも連絡する。
 13時55分に市の災害対策本部が立ち上がる。同時刻に新町と川原町に避難勧告が発令される。
 
 市の担当職員に床上浸水だけは出さないようにしようと必死であった。幸い六日町塩沢は雨が全然降らず魚の川の水位が上がらず、懸命の重機の対応で、流木で埋まっていた魚野川の「ひ管」が通水したのと、土砂の懸命の撤去で、15時ころから浸水していた水が少しづつ引き始めた。
 川原町(小島米穀)の浸水も被害甚大だ。この場所は抜本的な対策が必要だ。

        ●黒沢川土砂で埋まり水は住宅街に
f0019487_1624762.jpg

        ●和幸の家まで浸水、我が家の裏の畑も浸水
f0019487_1642496.jpg

f0019487_1651499.jpg
 
        ●懸命の重機による土砂撤去作業
f0019487_166690.jpg
       
f0019487_1662268.jpg


●7月19日(水)15時、長島代議士,松原県議現場へ
   松原県議は昨日も上越市での会議を終えて16時ころ現場に来る。
f0019487_1694114.jpg
f0019487_1610555.jpg

      ●川原町、富町の現場も見る~根本的な対応をと話す。
f0019487_16112467.jpg


●7月20日(木)松原県議と五箇地区の被害状況を
f0019487_16301417.jpg

f0019487_16303162.jpg
f0019487_1630434.jpg


床上浸水にならなかったのは、市の担当のいち早い対応と建設業の技術力だ。感謝申し上げます。浸水したごみの対応についても、浸水した当日に川原町と新町に2か所仮置きを作った市の対応は良かった。泥がたまった道路や水路についても順次、散水車等の対応で区民から喜ばれた。町内の共助でできるところは対応するが、泥上げ等は大変で市の対応は良かった。
 そして、松原県議が三日間現場に来てくれたのは心強かった。何よりも、建設課の担当職員が本当に良く対応してくれた。ただ、市は避難所を開設したが、「まほろば」は遠く、新町の皆さんは誰も行かなかった。土砂災害や被害の状況等で、避難所は「お国じまん会館」で良いと思った。
[PR]
by 2nezou | 2017-07-18 15:21 | Comments(0)
MMDO第1回社員総会    市議会選挙に係る会議    2市1町議員協議会当市役員会
●7月11日(火)<MMD第1回社員総会>16:00~
 第1回(一般社団法人)南魚沼市まちづくり推進機構社員総会がホテル坂戸城にて開催される。
 七つの会社(社員)と市が共同して設立する。今年4月に発足する。代表理事は河合氏で他に理事2人と監事1人。スタッフは、河合さんがチーフで他に3人。
 国の地域再生法に基ずく「地域再生推進法人」の指定を受けており、29年度は市からの委託事業(①移住・定住 ②起業・雇用・創業・ITパーク ③地域・大学・医療機関連携・CCRCを推進するセミナー・イベントの開催や広報活動等)4~5年後には、委託事業に頼らない自主事業で自立可能な経営にすることを目指している。
f0019487_13374270.jpg


●7月12日(水)<市議会選挙に係る会議>18:30~
  昨年11月に行われた市長選挙の頃から、来秋行われる市議会選挙は、同じ志を持つ若い人にと言う意向。そして、1月14日に開催した「関常幸後援会 新年会」で、今年10月に執行される「市議会選挙」は、若い人から出てもらいたいと話す。具体的な話し合いは、3月3日の押合大祭が終わってからで、十数回の会議や協議をおこないました。
 議員定数が26人から4人減となり、厳しい選挙が予想されますが、私が、引き続き4期目に向けて挑戦することになりました。

 親戚と後援会役員から集まっていただき、北村後援会長から、出馬に至った経過を話す。親戚と私の同級生は、90%私の秋の選挙は無いもんだと思っていたから、「エッ!!」と言う顔をする・・・・・・。
 10月15日の選挙まで、後3か月、初心に帰り選挙を戦う覚悟だ・・・・・。この日曜日から「ギヤ」を入れ替えた。選挙は一人ではできないので、大勢の人から応援していただかなくては・・・・・・。遅い立ち上がりだが焦らず毎日毎日を大切にしなくてはと誓う。


●7月13日(木)<二市一町議会議員協議会南魚沼市役員会>9:30~
 今年の総会は8月10日、評議員会が7月25日に行われるので、南魚沼市議会としての要望事項の取りまとめを行う。
 六日町・浦佐バイバス・上越魚沼道路の整備と上越新幹線の新潟空港への乗り入れの2項目とする。オリンピックへのコシヒカリの採用は諸般の事情で取り下げる。
 その他今後の研究として2項目私から提案する。
   ①魚沼から太平洋に通ずる新規道路の整備を
   ②魚野川の水利問題を
[PR]
by 2nezou | 2017-07-11 12:01 | 議員活動 | Comments(0)
南魚沼市自衛隊協力会総会   第65回自民党県大会
<7月7日(金) 南魚沼市自衛隊協力会総会16:00~>
 ホテルグリーンプラザ上越で、29年度の自衛隊協力会の総会が開催される。井口会長に代わり、林市長が選任される。井口前市長本当にご苦労さんでした。
 総会が終了し、自衛隊新潟地方協力本部本部長小薗井明裕様による、防衛講話「日本の周辺情勢」について話される。国土を守るために自衛隊の活動が紹介される。北朝鮮の恐怖。中国、ロシヤの領土問題。自衛隊の活動で、国境が守られ主権国家日本が成り立っていると思った。

         ●新会長林市長より4人の幹部に感謝の力水が渡される。
f0019487_1754498.jpg


<7月8日(土) 第65回自民党新潟県大会13:00~>
f0019487_18112560.jpg

 昨年の7月の参議院選挙の敗北を受け、8月30日に星野会長から長島代議士に代わる。長島代議士になり初めての県連大会。折しも自民党は「都議選」で大敗退する。この原因は自民党の国会運営のまずさと、代議士の行動や不発言によるもので、自民党の傲りから来ている。
 そういう中での、大会であったが、全然緊張感のない大会でがっかりした。自民党本部からも幹事長代理クラスしか来なくしらけた大会だった。65回と言う節目で、大会に参加して良かったという大会にしてもらいたかった。






 


 
[PR]
by 2nezou | 2017-07-07 17:33 | 議員活動 | Comments(0)
市防災訓練   新町常会   集中豪雨で黒沢川
<市防災訓練>7:00~11:30 会場~赤石小学校
 昨今は「災害は忘れないうちにやってくる」


 災害第1想定は、マグニュチュード7.2の直下型地震が発生し深度6強を観測。随所で家屋が倒壊、救助を求める声が相次いでいる。7時20分に災害本部を設置。
 梅雨に入り、昨夜から雨が降り続き、「土砂災害警戒情報」が発表される。午前8時30分に荒金、堂島地区に避難勧告を発令。
 災害第2想定 夜間に発生した火災が強風にあおられ、飛び火となり赤石小学校体育館に延焼する。

    ●午前7時市内全域にサイレン~町内全戸が集会所に集合し安否確認
f0019487_1771555.jpg

    ●大和地区「赤石小学校」で市防災訓練
f0019487_1782214.jpg

f0019487_1783539.jpg


<新町常会>19:00~
 町内の「まつり常会」前に、県と市から「黒沢川の堰堤の嵩上げ工事」についての説明を受ける。黒沢川は、平成23年福島新潟豪雨の時土砂が発生し、新町二十数軒が床上浸水の大被害を受ける。
 ようやく予算がついて、今年の工事となる。当初は2基の嵩上げであったが、1基を新設とするに変更になる。工期は6月19日から1月10日まで。工事は井口建設が行う。
 
 常会終了後、市政報告(6月議会、私の一般質問)を行う。

     ●県、市の担当者の説明
f0019487_17222015.jpg


●7月3日(月)
 未明からすごい雨だ。早朝5時、浦佐地内を一巡する。まず町内の黒沢川に、市の建設課の職員が巡視をしていた。もう一人応援を呼んだと言い、建設会社島田組に重機の準備を依頼したと言う。土砂が多くなり、重機の出動を願う。魚野川はまだ余裕がある。
f0019487_17312960.jpg

f0019487_17314011.jpg

f0019487_17315024.jpg

[PR]
by 2nezou | 2017-07-02 16:36 | 議員活動 | Comments(0)