人気ブログランキング |
花角県知事との懇談会
         8月9日(金)

 松原県議の取り計らいで、湯沢町議会議員、南魚沼市議会議員有志17名で、知事公舎において懇談会が開催される。
 公私ともに新潟県で一番の超多忙だ。分刻みで公務をこなしていると思う。
 知事公舎は初めて入る。
 今日は新潟まつりなので、超忙しいのではと思ったら私どものために日程をとったようだ。

 花角県政が3期4期と続くことが、新潟の経済を押し上げ新潟の発展になると確信する。18時から始まった懇談会あっと言う間に時間が過ぎる。
 懇談の中で、重文指定、令和初の「裸押合」に参加依頼する。

       ●新潟まつり15千人の「大民謡流し」
f0019487_12260563.jpg



# by 2nezou | 2019-08-09 12:09 | Comments(0)
松原県議要望会   中越地区市議会合同研修会
        8月6日(火)

<松原県議要望会:大和地区>働く婦人の家にて
       9:30~12:00 浦佐地区、薮神地区
      13:30~16:00 大崎地区、東地区

 各町内の区長さんが現場の図面を広げて県議に説明する。両脇から覗き込む職員。
 浦佐で要望の多かったのは、西山の沢川(7か所)の濁流による被害。特にうるし沢川の浸水は長年の要望だ。なんとか調査費をつけて対応していただきたい。他に県道の拡幅、消パイ、カーブミラー等々要望は幅広い。その場で回答したり、即対応できるものは職員に指示を出す。
f0019487_12055664.jpg
f0019487_12060316.jpg

<中越地区市議会合同議員研修会>燕市文化会館14:30~
 中越地区は10市の議会が持ち回りで一年に一回合同で研修会を行っている。
 
 丸山燕市議会議長の挨拶の後、燕市長の歓迎のあいさつで「地域を取り巻く課題に正解はない!」に納得する。

 講演 「田中番記者から見た令和の時代」
       ~もし今、田中角栄氏が生きていたら~

     講師:新潟日報社 代表取締役社長 小田 敬三 様

 ・田中60歳、31歳で番記者に
 ・球面体の政治家で、超現実主義者である。
 ・戦争を知っている人が、政治の中枢にいるうちは戦争はしない。
 ・戦争に行かないように憲法を変える。
 ・田中の憲法論~独立国家が定めるのが憲法で、9条、今は早いと言った。
 ・ベトナム戦争~米国の要請に韓国は30数万人送る。
      憲法9条を使えと田中は言い、一人たりとも戦場に行かせない。
 ・田中を一面体で見ない方が良い。それが中国との国交正常化だ。
 ・経済復興すれば、米国は日本に再軍備を持ちかける~米とソ連険悪
 ・再軍備要求できないように中国と手を結ぶ。
 ・池田の知恵と田中の決断
 ・周恩来が再軍備をしないのかと問う
   ~軍備のために増税しなくてはならない。
    そうすれば選挙で落ちる。私は普通の人になると応える。
   ~周恩来は正直な人だといった。
 ・政治家は社会情勢(生まれ育った時代)から逃げられない。
 ・36年に大蔵大臣になる。36豪雪~災害と認定する。
 ・日本列島改造論~時間距離の短縮がキーワード
    いい職員を紹介せよと言ったら武村正義
    ~両津に橋を架けるから先に「国道」にしなくてはと海に国道が
 ・選挙は運動量と風
    ~火事は最初の3分、選挙は最後の3日間
 ・参議院選挙~3日前に運動が止まる。(石崎問題)
       ~浮動票と無党派層は違う
 ・昭和60年2月7日創生会が立ち上がる。オールドパワー毎日1本飲む。
 ・同年2月27日倒れる。
 ・時代に生きた政治家
     ~貧しさから解放させるのが政治
 ・将来ことをなす時は、味方は2人。敵は1人でも少なくせよ。
 ・超現実主義者、平和主義者~人間くさい。
f0019487_12061242.jpg
f0019487_12061876.jpg
    


 
  

# by 2nezou | 2019-08-06 08:13 | Comments(0)
水力発電視察
        8月5日(月)

 東京電力ホールディングス(株)の案内で、清津川、魚野川系の水力発電施説の視察を行う。
   12:30 道の駅「みつまた」集合
         ①清津川発電所浅貝川取水ダム(苗場スキー場の裏側)
         ②清津川取水ダム(堰堤)
         ③小栃沢渓流取水口
         ④カッサ川ダム
         ⑤湯沢(三俣)取水ダム
         ⑥湯沢発電所再建状況
         ⑦魚野川取水ダム
         ⑧石打発電所
    
  ①で毎秒2.1t、②で4.6t、④で8トン、⑤で清津川に6.121t流す。
  トンネルを掘り導水管で水を採り発電に利用したり、南魚沼の大地を潤うしている。
  湯沢発電所も平成26年の積雪に伴う発電建屋屋根の崩落により発電がストップしていたが、この10月の運転再開をめざしている。
  原発が危うい中、水力発電の実態を見て大いに参考になった。 

# by 2nezou | 2019-08-05 12:36 | Comments(0)
二市一町議会議員協議会総会
         7月30日(火)15:30~ 会場:魚沼市「UOSHIN」

 平成22年に南魚沼市と湯沢町議会が、27年に魚沼市が加入。三議会が一緒になり中央要望を行う。
 昨年の要望は8項目で3班に分かれて行う。
  要望は、国道が2件、JR関係が2件、除雪の経費や評価2件、地域医療介護、森林環境税

 総会には泉田代議士、皆川・松原・樋口県議、林・佐藤市長、田村町長が出席する。
 会長は小澤南魚沼市議会議長。
f0019487_16054696.jpg



# by 2nezou | 2019-07-30 15:53 | Comments(0)
参議員選挙活動日誌
●7月21日(日)
   打越さく良 521,717票 塚田一郎 479,050票 小島 32,628票 
   計1,033,395票 
   南魚沼市でも908票負ける(塚田13,286票)湯沢も88票負ける。

   
忖度発言と3人娘?に負けた。
   2か月前に声をあげ北海道出身に、2期12年の現職が負ける。

   敗因は、新潟には強力なリーダー(国会議員)がいない。
       自民党は選挙の原点に返らなければならない。

   役員のみなさん本当にご苦労さまでした。開票を見守る会にも大勢の
   みなさまからおいでいただきありがとうございます。
   お盆が終わったあたりで、残暑払いを兼ねて、総括の会を行わなければと
   思っています
   

●7月20日(土)
   浦佐は五箇地区とアパートを重点に訪問。
   薮神、東は重点地区を訪問。
   大崎は16日の日に政策ビラ等を持っていき、独自に回った。

   手ごたえはあるとそれぞれが報告する。
   午前中(9時から12時)蒸し暑い中本当にご苦労さまです。
   お昼を食べて解散する。


●7月19日(金)
    パックセンター(約30人)が7時50分、菌床センター8時10分(約20人)
    時間差出勤(約20人)8時40分、の朝礼に3人で、塚田一郎をお願いする。
    八色シイタケ生産組合長も同席してくれる。

   
15時エルマイル高校、16時寺総代会、19時中学校評議員会と会合が重なったが、
   折を見て参加者に名刺を渡す。
   二日間の朝礼でも手ごたえを感じてきたし、あと一押しだ。
   県連からも連日のように檄文がくる。

   5区の盟主の姿が見えないのが少し気になるが!
              そう思うのは私ばかりだろうか?


●7月18日(木)
   企業の朝礼(約30人)に小澤、清塚の3人で最後の最後のお願いにいく。

   自民党の広報車が入る。
    六日町駅前で、林市長がマイクを握る。どうしても塚田候補に三度国会にと強い
    思いが。わたしどもの生活暮らしのために、どうしても「国、県」から予算を
    獲得しなくてはならない。
    万が一、敗れることになれば、参議院の国への窓口が無くなる。
    選挙のために、かつぎ出せれた候補と新潟で産れ育ち2期12年間参議院議員
    として活動してきた人と、どちらが新潟のためになるのか考えれば歴然だ。


●7月17日(水)
   
昨日のスタッフ腕章とチラシと名刺を松原事務所に取りに行く。

   担当町内を訪問。

●7月16日(火)「安倍総理街頭演説」17時半より六日町駅前にて
   
ものすごい豪雨となり、魚沼市ではレベル4で避難勧告が。
   16時半家を出る時は少し小ぶりとなり、六日町は降っていない。
   大勢の聴衆で会場は埋まる。2000人は来ているのではないか。
   警備も半端でなく、すごい警察やSPの数だ。

   安倍総理、相手候補にまだ負けていると、「外交、憲法、年金、雇用、介護、
   子育て、保育園・学校の無償化等々」わかりやすく聴衆に訴える。
   あっちから、こっちから「総理」の掛け声や手を振る聴衆が絶えなかった。
   あっと言う間の30分間で、車から降り、聴衆の中に入りハイタッチをする。

   安倍総理の訴えで、選挙まで後4日。塚田候補が勝利することが、政治の安定に
   なり新潟の発展だ。相手候補は、「忖度」と「政権批判」ばかり……。
   塚田か打越か、通常に考えれば12年間の実績と、新潟で生まれ育った塚田だ。
f0019487_11192887.jpg
f0019487_11194977.jpg
f0019487_11193925.jpg
  < 第3回大和支部選対会議 >19時より大和事務所にて
    役員の皆さん、安倍総理の話しと聴衆の多さでまだ興奮さめない中真っ直ぐに
    事務所に来る。

    安倍総理の話しのように、まだ負けている!の声を胸に会議に入る。
    20日までにもう一度点検を、そして、統一行動日を作ろうと一致する。
    統一行動日は、最終日7月20日(土)午前中に設定する。


●7月15日(日)
    事務所当番小澤議員

●7月14日(土)
    事務所当番清塚議員

●7月13日(金)
    事務所当番

  麻生副総理を15時に湯沢駅に出迎える。
     津南町、十日町市での街頭演説のために来る。
f0019487_11292868.jpg

  
安倍総理が南魚沼市に来るの一報が松原県議事務所より入る。
  党員・党友300名に「内閣総理大臣 安倍晋三来る」の文書配布依頼を各分会長に。
  各企業、役員に安倍総理が来る旨連絡すると同時に、交通整理役員等大和支部から
  25名選任。 

●7月12日(木)塚田いちろう街宣車
    
五日町の道の駅を10:50分に引き継ぎ、薮神、浦佐、大崎、東を通り、
    12:00に魚沼市に引き渡す。
    大勢の皆さんが沿道に出て塚田候補を迎える。
    12か所(約230人)で本人は街宣車から降り、一人一人に握手しお願いする。
f0019487_08060922.jpg
f0019487_08062691.jpg
    午後から魚沼市の2か所の街頭演説に河野外務大臣がくる
    小出第4銀行前に500人からの聴衆が集まる。
    私の後ろにいた女性グループ、河野外務大臣の話を聞き、「やはり打越さんでは
    無く、塚田さんだね…とか、中国・北朝鮮に対応するためにも政治の安定は必要
    ネ!拉致問題を解決するためにも塚田さんを当選させなくては・・・。」の
    話し声に勇気百倍をもらう。
f0019487_08065318.jpg
f0019487_08070547.jpg
     ●浦佐駅にて(河野外務大臣 浦佐着11:47 浦佐発16:09)
f0019487_08071615.jpg
●7月11日(木)
    今日から大和事務所を開く。
    
明日の街宣車の件で数人事務所に来る。 

    明日の街宣車の運行も含め、担当町内を訪問する。   

●7月10日(水)9:00~12:00
    
佐波秘書と浦佐地区を中心に、大崎地区も30数軒企業等を訪問。
    午後からは、東、薮神を訪問する。
    多くの激励を受けるが、参議院選挙と言う事なのか盛り上がりに欠けているようだ。


●7月9日(火)19:00~20:00
    第2回大和支部選対会議開催
     松原県議より情勢報告をいただく
     東京から来た佐波秘書(鈴木代議士)からも
     
    
①7月12日の街宣者対応について10:50~11:50
       党員党友に周知するように
       沿道での手振りで応援をお願いする
    ②全戸訪問について
       会議終了後各分会ごとに協議する
    ③その他
       麻生派からの秘書が9日から13日まで入る
       期日前投票と高齢者への送り迎いの周知を

    ここで負ければ、新潟の参議院議員がいなくなるという危機感で、熱気あふれる
    会議となる。
    相手候補が先行しており、この熱気があれば必ずや追いつける。
    12年間国会議員をし、新潟産れ・新潟育ちと落下傘候補とでは、新潟のために
    なるのはだれかと声高く発言する役員……。

       

●7月6日(土)8:00~9:00
  松原事務所にて「自民党南魚4支部選対会議」開催

  松原県議の元4支部が連携して頑張ろうと誓う。

  会議が終わり、車に乗ったら「打越さくら候補」の街頭演説が聞こえてくる。
  六日町駅前に行き、街頭演説を聞く。

  本人はマイクを握り「六日町の皆さん……」と言い、慌てて「南魚沼市の皆さん」と言い換える。このことに代表されるように、新潟の事はほとんどわかっていない。選挙のために担がれてきた人だ。そして、西村衆議院議員、森参議院議員は、年金、消費税と安倍総理への批判に終始する。建設的な政策はほとんど聞かれなかった。
 共産党も含めた「野党統一」候補に、絶対に負けるわけにはいかないと思った。

f0019487_17372178.jpg
●7月5日(金)
  来県し14時30分に長岡アオーレに安倍総理「塚田一郎」の応援に来る。
  大和支部からも5人がアオーレに……。

  大勢の聴衆が総理の話しに聴き入る。
  社会保障・年金・子ども、強い経済、消費税、災害(村上市)、農業(コシヒカリ)、憲法(自衛隊)、外交(トランプ大統領)と25分間わかりやすく話す。
  政治の安定のために、そして新潟のために「塚田いちろう」をと訴える。
  一国の総理の話しは、重く品位があり、塚田いちろうを絶対に落とすわけにはいかない。
f0019487_17111809.jpg
f0019487_17110496.jpg
●7月4日(木)
  参議院選挙「公示」

  長岡の出陣式に「麻生副総理」が来る。
   それだけ厳しいと言う事だ。

  議会の社会厚生委員会の管外調査で不在。
  

●6月30日(日)6時半~7時半
  「塚田一郎」総決起集会(働く婦人の家)
  泉田代議士、松原県議、林市長も駆けつける。
  早朝にもかかわらず100名から集まる。
f0019487_16155282.jpg

●6月28日(金)19:00~20:00
     第1回大和支部選対会議(働く婦人の家にて)

  新潟で自民党各支部長・幹事長会議が開催される。
  全国に一人区が23あり、苦戦している中に新潟があると……。


  
 
 


# by 2nezou | 2019-07-21 16:59 | Comments(0)
坂戸市議会交流会    大和中学校評議会
7月18日(木)坂戸市議会・南魚沼市議会友好都市交流会
 南魚沼市は合併10年の年・平成26年10月に坂戸市と友好都市を結ぶ。その時は魚津市とも同時に。昨年、議会で坂戸市を訪問しており今回の訪問となる。議長以下7名。
 会場は「金誠館」で17時半から開催する。兼続公まつりの初日で「お六流し」があり、良い日に来てくれた。


●7月19日(金)大和中学校評議会 19:00~20:30
 評議員は5人(1名欠)学校からは、校長先生・教頭先生・教務主任・各学年主任の5人。学校から学校経営、学習・生活等について話していただき意見交換にはいる。
 
 感じたことや課題
  ・向上心、学びたいと言う子が少ない
  ・家庭学習が少なく、学力が低い
  ・幼い子が多い(長岡に比べ)
  ・1年生で宿題等を出さない子が半数いる。

  ・生徒会の活動は活発
  ・エルマイル高校生や増田太郎トーク等の対応は良い
  ・
 「学力向上専門官」(全県で6名)は、大和だけでなく、NRTの数字が落ちておる。毎週5校を巡回しており、表現力が弱いと感じた。それには「考える子」を育てることが重要……。遠回りになるがそういう教育にしていきたいと話す。
 

 


 

# by 2nezou | 2019-07-18 15:07 | Comments(0)
南魚沼防災訓練
        7月7日(日)

 浦佐新町は平成23年7月と29年7月に、黒沢川が土砂災害により町内が浸水する。黒沢川に29年に2基(新設と嵩あげ)、30年に1基(新設)、元年に1基(新設)予防治山工事として「谷止工」工事が行われておる。
 市の防災訓練に合わせ、新町区行政訓練が行われる。
  7:00 サイレンと同時に集会所に集合
  7:20 市より訓練説明。水害時の避難行動・訓練の流れ。
  7:30 警戒レベル3発令(避難準備、高齢者避難開始)
          高齢者・要配慮者は集会所2階に(垂直非難)
  7:35 警戒レベル4発令(避難勧告)
          通常者は徒歩で普光寺に避難(水平非難)
  7:50 普光寺へ避難完了
  7:55 避難勧告解除

    ●新町の防災訓練
f0019487_14504199.jpg
f0019487_14505036.jpg
f0019487_14522279.jpg
f0019487_14505840.jpg
f0019487_14510860.jpg
 今年の市の防災訓練の会場は塩沢小学校。
f0019487_14512229.jpg

  

# by 2nezou | 2019-07-07 14:09 | Comments(0)
社会厚生委員会管外行政調査
       7月2日(火)~ 4日(木)

<浜松市>

 平成17年に12市町村が合併し「新浜松市」が誕生。平成19年に政令指定都市となる。人口は80万人。若き日の徳川家康公が天下統一の礎を築き、水野忠邦など歴代浜松城主の多くが幕府の要職へと昇りつめ、多くの偉人を生んだ「出世の街」。

 浜名湖は水産物の宝庫で、うなぎの産地として有名。そして、近年は、アジア初となるユネスコ創造都市ネットワーク・音楽分野への加盟が平成26年に認められ、「音楽の街」から「音楽の都」へ進化を続けている。

●調査

「第3次自殺対策推進計画及び絆プロジェクト」について

・国が平成18年に「自殺対策基本法」を制定したのを機に。平成21年に「第1次自殺対策推進計画」を策定する。第2次計画では、若年層への対策の充実のほか、浜松市自殺対策地域連携プロジェクト(絆プロジェクト)を運用し、より多くの関係者と連携を図る。そして、今年度より「第3次計画(5年間)」を策定する。

・計画の目標は、平成27年自殺死亡率15.2から平成34年12%以下に

・重点施策

 ①安心して暮らすための包括的支援の充実~地域で共に支え合う

 ②若年層・働き盛り世代への充実~学校、関係団体との連携

 ③多職種連携によるセーフネットの強化。
●所感

  当市は平成31年3月に自殺対策計画(7年計画)を策定し、令和2年に見直し予定。当市の自殺率は22.3%(平成29年度)で、浜松市は13.1%。約10%も差があるのは、取組が遅い(計画)のと、関係機関(絆プロジェクト)との連携が十分でなかったからと思う。


 浜松市の自殺対策における多職種連携支援事業(通称:絆プロジェクト)を参考に南魚沼市でも導入すべきと思った。

f0019487_13254278.jpg
<相生市>

 相生市は人口3万人。兵庫県の西南端に位置し、姫路市へは20㎞(新幹線で10分)、神戸市へ76㎞(新幹線で30分)の距離にあり、風光明媚な瀬戸内海国立公園など自然景観を生かした観光施設を整備している。
毎年5月の最終日曜日には、播州地方に初夏を告げる海の祭典「ベーロン祭」が開催される。

●調査

子育て応援施策「11の鍵」について

①新婚世帯に、3年間家賃を毎月1万円補助

②家を新築された世帯に25万円支援(40歳未満)

③妊婦健康診査に助成(14回分、102千円を限度)

④出産祝い金1万円を贈呈。3人目以降は3年間毎年10万円。

⑤15歳(中学3年)までの医療費無料

⑥子育て応援券2万円プレゼント(3歳になるまでに利用)

⑦保育料が無料(市立幼稚園等には月8千円を上限に支給)

⑧4歳・5歳児の「あずかり保育」の実施(月額5千円)

⑨幼、小、中学校の給食費は完全無料。

⑩小学5・6年生の希望者に国語、算数、英語、珠算教室を無料で実施。

⑪幼児期から中学まで充実した英語教育の実施

 
平成17年3月に「相生市財政SOS宣言」を行い、財政健全化計画(平成18年~22年)を策定し目標を達成。しかしその中で、将来の人口減少が最重要課題として浮き上がる。

 平成23年4月1日に「相生市子育て応援都市宣言」を行う。

●所感

 平成26年に増田レポートが発表され「消滅都市」に入るが、23年度からの、子育て・教育支援、定住促進への取り組みを実施し、「出生数を維持」「社会増減数の減少幅を約半分」に抑える。消滅都市から脱却する。

 ③④⑥⑦⑧⑨⑩⑪の事業は当市では行っていない。人口減少は当市でも最重要課題であるにもかかわらず、相生市に比べれば、子育て支援は「掛け声」だけに終わっている。

 高齢者予算、補助金等を見直し、子育て支援の方に思い切って振り向ける等々、相生市を参考に、予算に裏づけされた子育て支援を行わなければならない。

f0019487_13260024.jpg

<加賀市>

  日本列島のほぼ中央に位置し、能登半島の付け根にある加賀市は、平成17年に山中町と合併し、人口66千人の新生「加賀市」が誕生する。北に日本海、東に霊峰白山を仰ぎ、南には大日山をはじめとする自然豊かな山々が連なる。片山津温泉、山中温泉、山代温泉を有する北陸一の加賀温泉郷。

  県都金沢から50㎞、小松市、福井県の3市が隣接している。

●調査

 「高齢者お達者プランについて」

  加賀市の現状

 ・高齢者数 22,700人(高齢化率34.0%)

 ・サービスについて(全国との比較)

    介護保険老人施設2.24倍  特別養護老人ホーム1.05倍

    グループホーム1.39倍 通所系(小規模多機能含む)1.07倍

    訪問系0.62倍 短期入所0.47倍

 ・4つの取り組み

    ①既存大規模施設の地域分散

    ②小規模多機能型居宅介護の計画的整備

    ③相談窓口の拡充

    ④地域での予防活動

 ・現在の第7期計画は、団塊の世代が75歳を迎える令和7年(2025   
 年)を見据えた中・長期的な視点で計画を策定する。

●所感

 第3期計画から整備方針の転換を行い、郊外の大規模施設は整備しなく、生活圏域の中で整備を行うなど利用者の視点に立っての整備が早くから行われた。

 加賀市は、施設整備が充実しており、待期者もほとんどなく、介護保険料(一月)も石川県平均より30円安い6,300円。

 当市も医療・介護・保険と連携し予防活動にと事業を展開しているが、老々介護や在宅では限界があるので、施設への待期者ゼロを目指さなくてはならないと思った。

f0019487_13261317.jpg












# by 2nezou | 2019-07-03 13:19 | Comments(0)
参議院議員「塚田一郎」総決起集会
         6月30日(日)6時30分~7時30分

 7月4日公示、21日投・開票の参議員選挙が実施される。
 3年前私どもは自民党の現役・中原さんを落とした。もしここで3年前と同じようなことになれば、新潟から参議院議員がいなくなる。絶対に新潟の発展のためには、塚田氏をあげなくてはならない。
 ところが「忖度発言」があり、国交省副大臣、県連会長を辞して、マイナスからのスタートで、野党候補がリードしていると言う。その話を聞いたとき、バカなと思ったが現実だ。

 早朝6時半多くの支援者が会場の「働く婦人の家」に集まる。早朝にもかかわらず100人を超える方が参集してくれた。
 大和支部長として開会の挨拶で、共産党も含めた野党の統一候補は誰が良いのかという視点で「打越さく良」氏は選ばれた。新潟産れ・新潟育ちで、2期12年参議院議員の塚田一郎と、どっちが新潟のために仕事ができるのですかと訴える。
 
 泉田代議士、松原県議、林市長からも応援の弁をいただく。絶対に落とすわけにはいかないと熱弁で支持を訴える。塚田一郎は決意表明で、まずは不用意の発言を詫びる。2期12年まだ道半ば、今一度故郷新潟のために活動の場を与えてもらいたいと話す。
 大平剛君・青年部長の「ガンバロウ」に続き、小澤実幹事長の閉会の挨拶で決起集会を閉じる。
f0019487_16155282.jpg
 

 

# by 2nezou | 2019-06-30 15:34 | Comments(0)
南魚沼市自衛隊協力会総会     
          6月25日(火)

  午後4時より、ホテル「金誠館」にて今年度の総会が開催される。
  会長の林市長挨拶の後、平成30年度活動報告・決算報告、令和元年事業計画・予算
 は原案通り可決する。
  終了後、自衛隊新潟地方協力本部大倉本部長の「防衛講話」に聴き入る。

  日本を守る、陸・海・空の現状と新たに「宇宙」「サイバー」「電磁波」に対する
 部署を設置したと。
  今、パワーバランス(アメリカ、中国、北朝鮮、韓国、EU)が崩れ、日本国土の
 防衛に待ったなしは無いと思った。
  講話を聴き、改めて自衛隊の存在が、日本の安全と私どもが平和で安心して暮らして
 いられるのも自衛隊のおかげと思った。憲法に自衛隊を明記し自衛隊員が誇りをもって
 活動されるようにしなくてはならない。

  折しも、28日、29日と大阪でG20サミット(首脳会合)が開催される。各国首脳は
 自国の利益のために相当の火花が飛ぶのではないか……。
f0019487_15325527.jpg

# by 2nezou | 2019-06-25 15:02 | Comments(0)