人気ブログランキング |
一般質問で市長と論戦!!
          9月14日(火)

 昨日の7名の一般質問なかなか聴き応えがあった。
 私は一般質問2日目の4番目に登壇する。私の前が共産党の岩野議員。私の後が笠原議員なので、気合いを入れて市長と相対した。
 質問時間は持ち時間30分(市長の答弁は除く)。ふるに利用して市長に迫る。一番目の質問は教育長も答弁に立つ。

 <質問と答弁の概要>
 ●市民一人一スポーツの推進を
  浦佐耐久山岳マラソン大会に、招待した福田六花氏は「医者であり、ランナーであり、ミュージシャン」だ。かって大学病院の医者で、外科医として多くの手術を手がけた。しかし、激務と不摂生の生活で92㎏まで太り、命が危ないと思ったそうだ。その頃ランニングに出会い、走ることで体重が徐々に減り、30㎏の減量を果たした。
 南魚沼市は県内で一番の長寿のまち、一人当たり医療費も安い方から3番目。しかし、当市の一人当たりの医療費は年々上がってきている。日本の総医療費は年間32兆円(当市220億円)、そのうち生活習慣病10兆円(当市70億円)。二人に一人スポーツを行なえば生活習慣病5兆円(当市23億円二)は節減できる。その原資を福祉にと六花氏は熱く語る。
健康と福祉の充実を望まない市民はいない。市民一人一スポーツの推進」を積極的に行なうべきだが。
( 市 長 )
 市民一人一スポーツという考えは導入する。「スポーツ振興基本計画」が社会教育の分野だけでなく、医療・福祉・保険という面からも考え、市民六万二千人の計画にしたい。

●収穫の秋を素直に喜べる農政を 
 コメが80万トン余り、米価が下がり、米作りに将来展望はあるのか。
 ( 市 長 )
今まで経験したことのない衝撃の秋だ。農業を衰退させて栄えた国は無い。日本農業の再生を国、県に強く求めていく。

    質問内容の全文は、トップページの議会活動報告をクリックして下さい。
by 2nezou | 2010-09-14 05:43 | 議員活動 | Comments(0)
<< 議会最終日!! 経済委員会傍聴 >>