総務文教委員会
       1月24日(月)9:30~17:00

 事務調査
 (1)美術館収蔵品の現状の保存状況と今後について
    午前中、池田記念美術館、トミオカホワイト美術館、棟方志功アートステーションの
    現地調査を行う。
    三美術館のほかに今泉博物館を市は有しており、絵画等貴重な文化財も多数あり、
    収蔵場所が万全だというのは、池田記念美術館で他の施設は万全とは言い難い。
    特に、棟方志功アートステーションの収蔵庫だけは、天井、床、壁麺ともコンクリート 
    で調湿機能に心配があるので他に移す必要があると思った。
 (2)教員採用(魚沼地域限定採用枠)について
    ここ魚沼地域は教員の確保(特に中堅~ベテラン)が難しい地域と言われており、
    3年前から新潟市が政令指定都市になったのに伴い、教員は県採用と新潟市採用と
    なり、ますます魚沼地域はその傾向が強くなることから、この制度が今年から採用
    されたのだと思う。
    中学校教諭は今年130人の採用のうち魚沼枠は10%の13人、魚沼地域に採用
    される新卒者は18人なので、魚沼枠が13人、魚沼枠以外の採用者は5人ということ
    になる。当市の小・中学校の学力は、全国、県より低く、この取り組みが学力向上
    につながることに期待する。
    この制度の心配や不安もないわけではないが、まずは見守りたい。
 (3)大原運動公園整備について
    「過度の財政負担とならないか」というところの検証と「野球場、サッカー場、
    多目的グランド、駐車場等」の機能の検証と二つの視点がある。
    野球場は現在の改修程度でいい。財政が悪い中、過度の財政負担になるから 
    ということが理由で反対している。これからその点を協議していこうとしている
    のであって、野球場を作ることによって財政が悪くなるのであれば私も反対します。
    ある人の会報は、市民の皆さんに誤解を招くような表現があり、いかがかと思う。
    多くの意見が出たが、この件については、2月16日に議会全員協議会で
    協議され方向が決まる。
 (4)図書館整備について
    昨年の12月議会で図書館の場所について市長は、ララ内に設置と表明した。
    ララ内に図書館が入ると、ショッピングセンターの約4割(3,000㎡)を使用する
    ことになり、テナントの退店問題や借入金の償還の問題やショッピングセンターの
    今後の運営等々大きないくつかの高いハードルがある。
    率直に場所的には、六日町駅前であり交通の便もよく、学生も多く、地の利はよい。
    委員会でも、場所についてはおおむね理解を示した。
 (5)その他
    
 開会で総務文教委員の任期は10月まで、財政再建の問題を含め、今年度は今日調査した大原運動公園整備事業、図書館整備事業と所管の事件であり、大いに汗を流そうと挨拶する。   

    
[PR]
by 2nezou | 2011-01-24 06:28 | 議員活動 | Comments(0)
<< 三会派新年会 関常幸後援会「市政報告・新年会... >>