長島代議士を囲む会
        6月30日(木)18:30~21:00

 東日本大震災が発生していなければ、今頃は衆議院が解散され選挙になっていたかも知れない。そてにしても、震災対応は遅く被災地への対応は目に余るようだ。なんでもっと早くスムーズに手が差し伸べられないのだろうか。やることは決まっているのに・・・・・。
 管総理は身内の民主党からも退任のコールがでているのに、総理の椅子に座っている。国民・被災地不在の一連の騒動で管総理は一刻も退陣すべしと思う。大震災対応があるから、衆議院解散はないと思うが、管総理は何をするかわからない。「脱原発」解散に打って出るかもしれない。

 そういう状況の中での大会となり、会場の長岡ニュー大谷ホテルは入りきれなく、廊下まであふれ出ている。
 国会議員の、塚田、中原先生と挨拶が続き会場は盛り上がる。

      ●長岡藩牧野の殿様(第16代?)が応援の挨拶をする
f0019487_6553581.jpg

      ●会場は熱気にあふれ、立錐の余地も無い
f0019487_6565184.jpg

[PR]
by 2nezou | 2011-06-30 06:40 | 議員活動 | Comments(0)
<< ・塩沢「牧之通り」全国街路事業... 浦佐まちづくりシンポジウム~毘... >>