人気ブログランキング |
議会全員協議会
       8月26日(金)15:00~17:00

 「7月新潟・福島豪雨災害について」協議。
 災害の概要について市長より説明を受け、その後各部長より被害状況について説明を受ける。
  
 ・1時間雨量89.5ミリ、・24時間雨量344ミリ、・期間降水量562.5ミリと塩沢に有史以来の大雨が降り、今回の大惨事となった。
 62世帯に避難勧告発令し、避難者は7・31に126人(7か所)で8・25現在で3人の方が避難している。家屋の被害は、全壊が8、半壊が1、一部損壊が21、床上浸水642、床下浸水948件。7.31に水道の断水は5,945戸。8・3には復旧する。
 被害額は農林水産で110億円、商工業・観光で10億円、公共土木で16億円と推定しているが、今後詳細部分の確定により増額が見込まれる
 国では、8月24日に「激甚災害」に指定し復旧復興に遺憾のない対応を行う。

 多くの議員から質問意見が出る。
  ・農地災害についての個人負担は ~ なし
  ・総合計画の見直しは ~ 市の財政はゆるぎないので、見直しは無し。
  ・生活再建の床上、床下の判断は ~ 個別に判断する
  ・中洲の樹木を切る
  ・予備水源が必要ではないか ~ 検討する
  ・放射能対応は
  ・基幹産業である観光施設に支援すべし ~ 個別に研究する
  ・連絡体制は万全か ~ 検討を要する

 これだけの大惨事にもかかわらず、死傷者が出なかったことは不幸中の幸いであった。そして、消防団は本当によく対応した。職員も本当に頑張ったと思う。災害はあってはならないが、今回の水害を教訓に、今一度市民の生命・財産を守るために総点検が必要と思う。  
by 2nezou | 2011-08-26 18:25 | 議員活動 | Comments(0)
<< 会派勉強会 長島代議士後援会浦佐分会打ち合わせ >>