人気ブログランキング |
浦佐地域づくり協議会総会
        5月2日(木)18:00~19:30

 平成16年に大和と六日町が合併して南魚沼市に、17年には塩沢が編入合併する。
 平成18年に井口市長のキモ入りの事業。行政にすべて願うのでなく、地元でできるのは、自主的に地元で行うと言うことでスタートする。
 18年、19年と貝瀬厚一氏が会長で、20年から上村守会長が任に当たっている。
 現在は500万円の交付金で事業が行われている。
  内容は、190万円がお国じまん会館の管理費、市報配送業務と地域コミ事業費の人件費
      200万円は小規模ハード事業(基礎事業)
      80万円はイベント等のソフト事業(提案事業)
      30万円は公民館事業
 
 スタートして6年目になるが、区長さんは毎年変わられ、町内によってはこの「地域づくり協議会」が、十分理解されていない区長さんんもいられる。
 市長は、将来、一地区1千万円くらいの予算にしたいと言っておるり、大いに期待している事業である。

 総会終了後、新年度に入り顔合わせも兼ねて、会場を移し懇親会が行われるが、私は足首打撲のため欠席する。
 出席者から、関が懇親会に欠席するのは珍しいと冷やかされる……。

<足首打撲>
 ・4月30日「浦佐城跡整備」で、階段を直すために、杭をカケヤで打ち込み作業をしてい   て、カケヤが杭を滑り左足首に当たる。足の痛み全然無く、その後も作業続ける。
 ・作業終了10時半。11時半から自家用のイチゴにマルチかけをする。痛み全くなし。
 ・13時ごろにシャワーを浴びる頃から、左足首に痛みがでてくる。
  シップをするも腫れが出る。夜、痛くて眠れないほどであった。
 ・5月1日朝、歩行は困難であったが、長岡に葬儀で行かなくてはいけなく、
  お母さんから代理で行ってもらうとも思ったが、和幸からテーピングをしてもらったら、  歩けたので長岡に行く。
 ・会派の勉強会にまっすぐ長岡から会場に行く。
 ・5月2日病院に。連休のため混雑していた。9時に行き終わったのが13時半であった。
  レントゲンを撮り、診察は「骨に異常なし」安堵する。シップ薬をもらい、
  安静にしているようにと言われる。
 ・日増しに痛みがとれていく。腫れはまだ残っているが・・・・。
by 2nezou | 2012-05-02 06:26 | 地域情報 | Comments(0)
<< 三会派合同研修会 南魚みらいクラブ会議 >>