人気ブログランキング | 話題のタグを見る
浦佐毘沙門堂裸押合の習俗記録事業実行委員会設立総会
      5月14日(日)14:00~18:00

 一昨年、裸押合い大祭が記録を保存すべき習俗として、国の無形民俗文化財に指定されました。これを受け、市の指導の元、今年度から記録保存事業がスタートいたします。この事業を地域全体で支援し、後世に残る記録とすべく、地元の実行委員会を設立するために、
昨年来準備を進めてきました。

 井口市長も来賓として出席し、忙しい中最後の三部まで臨席頂いたことに感謝申し上げま
す。記録保存事業の説明と経過報告を市社会教育課の井口光雄課長より、編集委員長の新潟大学の飯島教授より挨拶がある。

 実行委員会の会長に坂西謙司さん、副会長に湯本高夫さん・普光寺住職、調査収集支援部会長に滝沢繁さん、地域振興活性化部会長に私が、総務部会長に鈴木章二さん、世話人の方は全員幹事に、監事には寺総代の東貢さん・大区会計の羽賀不二夫さん。今年度実行委員会予算は95万円です。

 二部の記念講演、三部の懇親会と盛会に盛り上がる。三部の懇親会は3月3日の料理を再現する。当然カジカ酒に鱈です。

 
by 2nezou | 2006-05-14 22:57 | 地域情報 | Comments(0)
<< 表敬訪問(千葉県いすみ市) 関常幸後援会世話人会開催 >>