裸押合大祭「講中まわり」
  講中回りは、2月6日から11日までの5日間で、訪問する講中数は17。訪問者は、住職、大祭委員、青年団がまわる。

<2月8日>
 7時半に寺を出発し、津南町の「陣場下講中」に9時着。講元をはじめ関係者9名の方が公民館に待っており、お神酒が出される。返答に青年団「さんよ節」を披露する。
 11:30分、柏崎市高柳町「門出講中」講元村田さん宅におじゃまする。
         ●14:30分、「一村尾講中」講元小幡さん宅にて
f0019487_16331587.jpg


<2月9日>
 8時に寺発。新潟市内の「(株)ツムラ」さんと「豆八講中」を訪問する。
         ●豆八講中にて「さんよ節」を披露する青年団
f0019487_16401425.jpg
 
 午後は、長岡市栃尾の「栃尾大野町講中」と「小千谷講中」では、講元宅でお神酒が出される。
 寺帰還は18時を回っていた。

 講中訪問は、大祭からの連絡と協力へのお願いばかりでなく、講中とのコミニュケーションをはかるという大切な行事だ。






      
 
[PR]
by 2nezou | 2015-02-09 16:21 | 地域情報 | Comments(0)
<< 白山神社に奉納「もちつくり」 北陸新幹線開業試乗会 >>