土地開発公社理事会   南魚沼地域広域計画協議会
             5月22日(金)

<土地開発公社理事会>13:30~
 26年度は、下薬師堂公共用地と水無原公共用地の全部を南魚沼市に売却。
 現在取得している土地は、長森野外運動広場用地(91,865㎡)と天王町公共用地(2,820㎡)。
 長森は、民間に、天王町は基幹病院関係で南魚沼市に売却予定。

合併前に各町が購入した土地で、「塩づけ」(利用価値がなかなか見つからな土地のこと)になっている土地がほとんどなくなり、それぞれに有効利用される。
 基幹病院周辺に企業が進出したくとも、農地転用に時間を要し企業が進出を断念する例もあるようだ。メデカルタウン構想を進めている今、土地開発公社で購入し備えるべきと思う。
 
 理事は南魚沼市が井口市長、岡村副市長、議長の三人。湯沢町は田村町長と半沢副町長、隅や議員の6人。

<南魚沼地域広域計画協議会>14:00~
 26年度の実績報告と歳入歳出決算についてと「ふるさと基金補助金」交付査定結果についての2件を審議する。
 ・芸術文化振興事業 10件(新規3件)
 ・地域創生支援事業 7件
 ・ふるさとコミニュテイ支援事業 7件(新規1件)
 本事業は、地域活性化のために、大変重宝がられておる。少ない補助金であるが、有効に活用し地域振興に役立ててもらいたい。そして、もっと新規事業がでてきてもらいたい。
[PR]
by 2nezou | 2015-05-22 10:25 | 地域情報 | Comments(0)
<< 長岡市合併10周年「市民のつどい」 異業種交流会「ゆきぐに会」 >>