6月議会初日
           6月8日(月)9:30~19:30

 市民病院工事請負契約変更にかかる案件が、報告3件・議案3件あり、そして6月議会に提出される「土地開発公社」と「しゃくなげ湖畔開発公社」の経営状況について多くの議論がある。そして、私の進行も2議案ミスがあり、私が気づいて次の議案からは直したが、その2件の取扱いについて、午後の休憩時間に「議会運営委員会」を開催し、その2件について再度諮ることで決定いただき、本会議でも承認いただき事なきを得ました。19時半も過ぎたので、予定していた2議案を残し延会(1日目閉会)した。
 その後、「特別委員会(人口減少対策調査特別委員会(仮称))の設置について」会派代表者会議を開催する。設置する事には賛同得られたが、その運用について多くの意見があり、15日一般質問終了後、議会全員協議会を開催することとする。

<市長所信表明>
 ・国保会計は厳しいが、諸事情を判断し税率を据置く。
 ・子育て世帯、低所得者への臨時給付金を昨年に続き支給。
 ・新たに「総合教育会議」を設置し、首長と教育長が連携を図る。
 ・30年4月に開校予定の「市立八海中学校」は校歌等を検討。
 ・来年2月12日~14日南魚沼市で開催の
            「スペシャルオリンピックス日本冬季大会」の成功を。 
 ・市内13河川の水質検査・BODが環境基準の最高ランク「AA」。
 ・高齢の運転者が加害者となる交通事故が年々増加。
 ・国道17号六日町バイバス、浦佐バイバス、253号八箇峠道路の早期推進。
 ・住宅リフォーム事業に、ディスポーザー設置も支援の対象。
 ・上下水道料金徴収等業務の民間委託を本年8月開始を目指す。
 ・農地中間管理機構を活用した農地集積は、昨年111件99.6ha。
 ・多面的機能支払い事業は、市内農振農用地の約92%の面積を対象に活動。
 ・スキーの入り込み客は、年末年始は悪天候で12万2千人減(昨年比9.3%減)
        であったが、シーズンを通しては125万人(昨年比0.1%増)とほぼ同じ。
 ・地方創生事業で、総額5億8千万円の商品券・飲食券発行事業と
                1200万円のふるさと名物商品発行事業を実施。
 ・28年度以降の10年間を期間とする、第2次総合計画の策定を進めている。
 ・地方創生元年にあたり、人口ビジョン及び
      平成31年度までの5年を計画期間とする総合戦略の策定を進めている。
 地方都市の人口減少は深刻な局面を迎え、人口の急減により、労働力人口の減少や消費市場の縮小が懸念される。地方の人口減少の大きな要因の一つに、地方と東京圏の経済格差による、若い世代の東京圏一極集中が挙げられる。東京圏一極集中の是正を始めとした構造的問題に、国とともに危機感を持って取り組む。

 所管事務に関する調査の報告が、議会運営、総務文教、産業建設、社会厚生、地域医療の各委員長よりある。その後、請願第1号「年金制度の改悪を止め・・・・・」は社会厚生委員会に、請願第2号「30人以下学級の実現、義務教育費国庫負担2分の1・・・・・・・」は総務文教委員会に、請願第3号「ふるさと納税・・・・・・」は総務文教委員会に、陳情第1号「働きすぎ防止と良質な雇用・・・・・・」産業建設委員会にそれぞれ付託される。そして、議案の審議に入る。

 活発に多くの質問や意見が出ることは、議会運営上いいことだが、毎回同じ議員が質問することに対して、議長席にいて違和感を感じることがある。例えば前の質問者の市長答弁で理解できるがと思うものまでも質問している感がある・・・・・・・・。又、質問でなくて、自分の考えをとうとうと述べることが多い。それは一般質問でやってもらいたいし、簡潔にと数回注意もする。対応を考えなくてはと思う・・・・・・・!!!
[PR]
by 2nezou | 2015-06-08 07:24 | 議員活動 | Comments(0)
<< 三常任委員会開催 第27回東京やまと会総会 >>