9月議会定例会
            9月1日(火)、2日(水)

 9月議会は決算議会とも言われ、会期は1日から18日までの18日間。
 1日は市長所信表明、各委員長調査報告、議案審議
 2日は午後より議案審議
 3日は一般質問通告締め切る(正午)抽選
 4日は社会厚生委員会、産業建設委員会
 5、6日の土日は休会
 7日は議案審議、総務文教委員会
 8日~10日は一般質問
 11日は一般会計決算審議
 12日、13日の土日は休会
 14日~16日は一般会計決算審議  15日に議会運営委員会
 17日は休会
 18日は委員長審査報告、議案審議となっている。

 発議第5号「安全保障関連法案を廃案にすることを求める意見書の提出について」は、提出者共産党より説明を求め質疑は2人。反対6人、賛成2人の討論の後採決に入り、起立少数で否決する。
 六日町街づくり(株)と(株)アグリコアの経営状況等の説明がある。アグリコアは市の出資比率が上がったため、今回から議会への報告が義務付けられる。
 27年度一般会計補正予算について9人の議員諸氏から質問がでる。CCRCについては多くの議員から質問が・・・・・。

<市長所信表明>
 ・わかば保育園、野の百合保育園の新築・改築工事も順調。
 ・長慶福祉会は来年4月保育所開園に向けて、7月に新築工事発注。
 ・学童保育は大空、北辰クラブは新築、大崎クラブは増築工事発注。
 ・58年に開設した「大和B&Gプール」は老朽化のため取り壊し。
 ・10月1日に「南魚沼市スポーツ健康都市」宣言を行う。
 ・南魚沼市、魚沼市、湯沢町の住民11人に委員を委嘱し「新ごみ処理施設検討委員会」
  が発足。
 ・上下水道料金徴収等業務の民間委託を8月1日から行う。
 ・八色スイカ好天に恵まれて、販売高5億円。
 ・新たな食の発信「本気丼(まじどん)」58店舗が参加し好評。
 ・「南魚沼版CCRC」を地方創生戦略の基軸と位置付ける。

 人口減少の克服のためにすべきことは
   ①子育て環境(赤ちゃんを産み育てやすい~保育料の無料化等)の充実
   ②働く場の確保~人口流失を止める
      ・メデカルタウン構想とCCRCの推進
      ・農業(キノコ、観光農業)の推進






   
[PR]
by 2nezou | 2015-09-01 16:00 | 議員活動 | Comments(0)
<< 産業建設委員会   社会厚生委員会 上沼道路「十日町・六日町間」整... >>