八色園創立40周年記念講演会
             10月3日(土)13:30~16:00

 1・管理者井口市長あいさつ
 2・第一部「あなたは、どんな老い方、死に方をしたいですか」
         前雪国やまと病院長、八色園顧問 斉藤芳雄 先生
 3.第二部「虐待から見えてくるサービスの質」~拘束虐待ゼロ作戦~
         厚労省身体抑制ゼロ推進会議委員 鳥海房江 氏
 4.第三部「質疑応答」(二人の対談)

 ●斎藤先生は、一口で「八色園何をやったか!」と言われれば、「看取りとリハビリ」……。看護婦さんは大変であった。そして、デイサービスと訪問入浴は県内で一番早く行い、湯沢、小千谷まで行く。コツコツとやってきた。この地域は40年の重み、マンパワーが蓄積されており、今まで通りコツコツとやれば大丈夫と結ぶ。
 ●鳥海先生は「拘束虐待ゼロ作戦」を中心に話す。
 施設では死なせてはいけないと思っていたので、八色園に視察に来た時に、亡くなった人の顔写真が廊下に張ってありビックリする…。八色園からと斎藤先生の著書「死に場所づくり」に学んだと・・・・。
 三部の会場からの質問もあり、先生明快に答えられないがうまく回答する。
    ・薬をいただくが必要ない薬があると思うが!
    ・魚沼市は医師不足だがどうしたら良いかとか!
 司会が最後に、「包括ケアシステムへの今後のあり方についてのご指導を」に対して、「新しい言葉に振り回されることなく、コツコツと今まで通りやればいいのでは・・・・・・」
 
 今日午前中、フットパス(イギリスが発祥で、ありのままの風景を楽しく歩く小路と言う)コースの整備(8時から11時、旧三国海道)で少し疲れたので、講演を聴いていて眠らなければと心配したが、あっと言う間の時間でした。貴重な講演ありがとうございました。スタッフの皆さんご苦労さまでした。

f0019487_16241040.jpg

f0019487_16241999.jpg

f0019487_16243665.jpg
f0019487_16244331.jpg

[PR]
by 2nezou | 2015-10-03 15:52 | 地域情報 | Comments(0)
<< 五泉市合併10周年記念式典 国際大学入学式 >>