政務活動~行政調査(県庁に)
              11月19日(木)

 あゆむ会と合同で政務活動を・・・・・。
 調査は、①TPP合意による県農業の施策 ②人口減少対策の2点について

<新潟県の農業政策>13:30~15:00
      農林水産部 地域農政推進課 小幡課長より説明受ける
 農業構造の動向、農業生産の動向等を詳しく説明いただく。
 「儲かる農業」をするには、
   ①経営規模の拡大、②園芸作物の導入拡大、
   ③高品質食味のコシヒカリ生産(水田フル活用) ④農産物の付加価値

 平成30年からの生産調整の見直しを契機に、産業として成り立つ農業が生き残るは必至だ。
 農地の集積、販売の強化、人材の確保だ。
 
<人口問題の現状と今後の対応>16:10~16:30
       県知事政策局 政策課 山田政策企画員より説明受ける。
  多くの資料により説明を受け、改めて、行政や政治家の怠慢に怒りが起こる。
  このことは、もう50年も前からわかっていたのに、目先の損得に目が奪われた結果だ。
  「赤ちゃんが産れ・育てやすい環境」と「雇用の場の確保」これにつきる。

  当市の挑戦(メデカルタウン、プラチナタウン)とスキー場と温泉とコシヒカリで将来はある。
f0019487_12473953.jpg

f0019487_12474894.jpg

[PR]
by 2nezou | 2015-11-19 11:52 | 議員活動 | Comments(0)
<< 南魚沼版CCRC推進協議会 第... NPO湯沢砂防現地研修&講演会... >>