一般質問

 議員26名中22名の議員が一般質問するのは、県内ではあまりないのではないか・・・・・!議員は登壇し市長に市政について、あるときは問いただし、ある時は激しく意見がぶつかり合う。そして、私が市長であればと提言もする。議場内は、常にピーンと張りつめ緊張で厳粛の場だ。
 ある議会では、一般質問の内容を評価し、その内容を議会として政策提言をしているところもある。議員一人一人の力は小さいが、前記のように「議会力」も時としては必要だ。そんなことを思いながら、4日間22人メモを取りながら一般質問に参加した。


<12月14日(月)>
  1.岡村雅夫
   ・南魚沼市民病院開院にあたって
  2.鈴木一
   ・現在の奨学金制度で十分か
   ・消防団活動について
  3.若井達男
   ・スポーツ健康都市南魚沼市の明日へ
 
<12月15日(火)>
  4.永井拓三
   ・スケートパークの建設について
   ・新たにつくったハザードマップを活用した防災教育について
  5.清塚武敏
   ・南魚沼市の農業の将来像について
  6.中沢俊一
   ・合併後、次の十年で「第2の開国」拠点創りに本腰を
  7.塩谷寿雄
   ・学童保育の現状について
  8.林茂男
   ・イベント・大会等の運営の負担軽減にどう取り組むべきか
  9.塩川裕紀
   ・地盤沈下について
 10.今井久美
   ・南魚沼版CCRC構想について
   ・定住自立圏構想について

<12月16日(水)>
 11.樋口和人
    ・高校生の就職支援について
    ・土曜学習について
    ・人権教育について
 12.中沢一博
    ・平成28年度予算編成と見える化について
    ・若者の所得増大と雇用支援策について
    ・子育て支援強化について
 13.腰越晃
    ・南魚沼市後期教育基本計画が目指す教育とは
 14.田村眞一
    ・高齢者の貧困対策の拡充を
 15.勝又貞夫
    ・予算書および決算書の書式について伺う
    ・南魚沼市の指定金融機関について伺う
    ・市民サービスの拡充について問う

<12月17日(木)>
 16.佐藤剛
    ・持続可能な自治体経営を目指して、次の市政にどう財政運営を引き継ぐか
    ・「情勢」をとらえた産業振興を(総合戦略の実現)
 17.桑原圭美
    ・小中学生の学習環境の充実を
    ・健康事業を全市民に浸透させ、財政負担の軽減を
 18.寺口友彦
    ・平成28年度一般会計編成方針について
 19.小澤実
    ・南魚沼版CCRCの中心となる国際大学の周辺整備について
 20.笛木晶
    ・第2次南魚沼市総合計画の執行体制について
    ・南魚沼市人口ビジョンについて
 21.阿部俊夫
    ・水道事業運営の見直しについて
 22.牧野晶
    ・南魚沼産コシヒカリの販売促進を
    ・観光振興について
    ・行政に遠慮がちな若い世代の声を市政に反映を
[PR]
by 2nezou | 2015-12-15 10:00 | 議員活動 | Comments(0)
<< 議会最終日 12月定例議会初日 >>