一般質問を通告する
  6月7日(火)

 当初、6月議会は一般質問休んでもいいなと思ったが、政治家・井口市長との政策論議後2回かと思い、通告することにした。
 過去に5回取り上げた「景観」を取り上げた。

 通告の内容は下記の通り

 質問事項「景観を大切にしたまちづくりを」
 ●質問の概要
 「霊峰八海山」の越後三山と水無川の扇状地である八色原に広がる「こしひかり」。八色の森公園を中心として、「医」(病院)と「学」(学園都市)と「農」(自然)をコンセプトに「健康」をキーワードに、まちづくりを進めてきた。
 新幹線停車駅・大和地域の強みは、八色原のどこからも八海山と越後駒ヶ岳が見える四季感あふれる豊かな自然と景観を大切にしてきたことだ。魚沼基幹病院が開院し1年、メデカルタウン構想のもと、商業施設の建設や人の流れも変わってきた。CCRCやGITパークでさらなる発展が期待される。
 そこで、危惧するのは、現在の建築基準法では、高さや色彩も個人・企業の自由で、何でもありだ。図書館の設計に係わった南雲デザイン事務所も南魚沼市の町並みは統一感が無く混とんとしていると指摘している。
 そこで、次の3点について伺う。
(1)景観法のもと平成19年に、南魚沼市は「景観行政団体」となったが、その取り組みと現状について
(2)八色原地域に進出する企業等への景観についての指導・連携等について
(3)地元が自主的に「景観を守り育てる」ための勉強会を行なうに、行政の支援は不可欠だが可能か!

  私の一般質問は6月16日午後からの予定です。








 
[PR]
by 2nezou | 2016-06-07 17:09 | Comments(0)
<< 社会厚生委員会 6月議会初日 >>