南魚沼版CCRC推進協議会 第2回会議
         7月27日(水)13:00~15:00

 市の地方創生推進室と山下コンサルより、事業者選定は11月末等の工程表が示される。
 一期50戸のCCRC用地については、市有地でなく民間の土地2案が示される。
 そして、就業・起業・悠々自適を支援する、50歳からの「南魚沼市セカンドライフ塾」とグローバルな発想でグローカルな移住生活を考えている方のために「南魚沼市グローカル人材育成塾」がスタートする。また、市もプロジェクトチーム12名を立ち上げ、月1~2回の会議を開催している。

 井口市長がCCRC構想を発表したのが2年前の9月。26年度は3回の勉強会。27年度はCCRC推進協議会(門山会長)を立ち上げ6回の会議。28年度は事業者と移住者についての具体的な取り組みが始まっている。

 「都会から高齢者を南魚沼市に移住してもらう・・・・・」という風に考えている人がほとんどで、市民に「南魚沼版CCRC構想」が正しく伝わっていないところにジレンマを感じるが、事業を進めて行く中で理解を得られると思うが、市民向けのPRや市民との具体的な連携等を打ち出す時期が来たと思う。
f0019487_11221948.jpg

f0019487_11222731.jpg

[PR]
by 2nezou | 2016-07-27 07:44 | 地域情報 | Comments(0)
<< 二市一町議会議員協議会総会 行政調査 >>