社会厚生委員会
            10月18日(火)9:30~12:00

調査事項
  (1)地下水採取の規制について
     六日町市街地の地盤沈下は、抑制されているものの毎年沈下が進んでいる。
     中心市街地は、このまま消雪に地下水利用ができず、既存井戸も使えなく
     なった場合、人口の空洞化はますます進行する。

     その事態を避けるために、井口市長は任期中に井戸規制を改める
     決意で あったが、準備を要し来年9月に井戸規制の条例改正すると明言。

     委員会では①地盤沈下の現状②3教授からの「地盤沈下・地下水利用の
     意見」③今後の地盤沈下対策の方針④地盤沈下抑制の方針(案)について
     多くの意見が噴出。

  (2)新ごみ処理施設建設の進捗について
     建設場所については応募のあった3地区(南魚沼市~長表区、雲洞区
     湯沢町~谷後区)の選定作業を進めており、29年3月末までには決定。
     現在、2市1町では、ごみの分類が異なっており、その区分統一の検討を
     進めている。

  (3)その他
     ・ごみ処理施設「タービン」故障について
     ・保育園整備事業について








     
     
[PR]
by 2nezou | 2016-10-18 06:59 | 議員活動 | Comments(0)
<< 米沢市・南魚沼市議会交流会 二市一町議会要望活動 >>