セルデン町姉妹都市締結35周年記念
            6月6日(火)

<セルデン町長議長であいさつ>
 姉妹都市締結35周年を記念して、5月には南魚沼市から訪問団が、オーストリアのチロル州の「セルデン町」から町長以下7名の訪問団が訪れる。

 セルデン町は、インスブルックから南へ車で1時間半、山間に入ったエツターと呼ばれる 渓谷の中心で、人 口約3千人の山岳リゾート地帯である。四方を高く険しい 3000m級の山 に固まれた高地にあり、冬はスキーやアイススケート、クロスカントリー、夏は登山やハングライダー、 氷河スキーなど山岳スポーツが楽しめる。ヨーロッパ各国から多くの観光客が訪れている。

 昭和57年に塩沢町が提携を結ぶ。昭和58年にオーストラリア大使を招聘し丸山スキー場でオーストラリア杯スラローム大会を開催し今も続いている。昭和62年にセルデンで大災害が発生し、町民が義援金132万円を送り復興した橋に「塩沢橋」と命名されている。
 提携10周年には、塩沢町から80名を超す訪問団がおじゃまし、歌舞伎の披露をはじめ大統領にも表敬訪問している。毎年のように訪問交流がなされている。小野塚会長の活動力とその熱意はすごいと改めて思う。
   
       ●「エルンスト・シェツプフ」セルデン町長あいさつ
f0019487_12435573.jpg

<日本山岳リゾート活性化国際フォーラム>会場は舞子高原ホテル
  一部 新潟県日奥協会並びに南魚沼市・セルデン町姉妹都市締結35周年記念式典             主催者 林市長あいさつ
        来賓祝辞  ・駐日オーストリア大使  フーベルト・ハイッス 様
                ・新潟県知事              米山 隆一 様
                ・観光庁観光地域振興課長     加藤 庸之 様
                ・セルデン町長       エルンスト・シェップフ 様
        セルデン代表団紹介

  二部 続・日本山岳リゾート活性化国際フォーラム
  基調講演「観光協会の統合により、財源とガバナンスを確立した
                                チロルの行政、政治戦略」
        チロル州自治体会長(セルデン町長) エルンスト・シェップフ 氏
  パネルデスカッション

    ・チロル4600万泊で5年前は4200万泊
    ・1927年に宿泊税を
    ・253の観光協会が35の観光教会に
    ・17億円の予算のうち6割を事業に、4割をマーケテングに使う
    ・セルデン125万泊。450万人(冬200万人)
    ・日本の課題~①マーケテング無い②ネットワーク無い(巻き込み)
              ③マネジメント無い(民間手法を)
    ・都市計画のデザインが必要 
    ・なくす観光協会と残す観光協会
    ・財源はいりいろのパターンが
    ・自立と継続性~人材、情報、財源
    ・今後どうするか~理念が大切、地域が統一的に方向性を持つことが大切

    ・観光庁部長~足りない三つの要素を補うためにDMOを作る。
         DMOが稼ぐのでなく、DMOが計画したのに地域がついてきてくれるか
    ・県知事~広域的にDMOを作る
           財源は自己負担が大切
           デザインが大切~統一感が大切である(都市計画)
           リゾートの場所に生活感が入っている。
    ・林市長~モンスターパイプ、トレーニングセンター、スケードボードパーク
           医療滞在型の観光を
           湯沢町との連携

    米山知事は、ぜひセルデンに町行きたい旨の発言もあり、セルデンから学ぶところがたくさんあった。大変有意義なフォーラムであった。

            ●締結35周年記念式典で挨拶する林市長
f0019487_14115826.jpg

            ●パネルデスカッション
f0019487_14123755.jpg





          

 
[PR]
by 2nezou | 2017-06-06 12:15 | Comments(0)
<< 一般質問で市長と対峙する 6月定例議会初日 >>