社会厚生委員会   米山知事と懇談会  二市一町議会議員協議会総会
●8月4日(金)「社会厚生委員会」
 2年任期の最後となる「社会厚生常任委員会」が開催される。
 <調査案件>は
  ①新ごみ処理施設について 
    35年に二市一町で新ごみ処理施設の建設を目指しているが
    建設地の候補公募するが不調に終わる・・・・・。
  ②野焼きについて
    大和地区の議会報告会で市民よりも提起されている。
  ③地下水の採取について
    慎重意見もあるが、地下水採取できるように条例改正すべき。
  ④その他
    全天候型遊びの広場、イオンモール内に12月末オープン目指す。


8月9日(火)「長島代議士」と「文化庁」に要望
 寺総代、大祭委員の3人で、裸押合大祭「重要無形民俗文化財」指定の要望に上京する。
 長島代議士同席の元、文化庁の方にお願いする。

 当地・越後浦佐の誇るべき伝統行事である「裸押合まつり」は、平成16年2月文化庁より「記録作成などの措置を講ずべき無形の民族文化財」として指定されたことを受け、平成21年度から3年間、国の助成による記録保存に取り組み、学術的な見地からの報告書の作成に至った。また、平成23年度から3年に亘る撮影の結果、「普及編(23分)」及び「記録編(100分)」からなる映像の記録も完成した。
 このような、今後も残すべき伝統文化としての記録保存活動をご考察頂き、「裸押合まつり」がわが国の「重要無形民俗文化財」として早期に指定されるべく、格段のご指導とご尽力を賜りますようお願いした。


●8月9日(水)「米山知事と懇談会」
 当初は、知事公舎で18時からの計画であったが、公務が入り20時より新潟駅隣接の会場で行う。
 参加者は、南魚みらいクラブとあゆむ会の議員10名と米山知事。
 米山知事より、魚沼地域の課題と将来について、挨拶を兼ねて話していただいた後に、一人づつ自己紹介を行う。
 魚沼基幹病院545床の早期のフルオープンをお願いする。それが達成されないと、南魚沼市、魚沼市、十日町市の地域医療の再構築がかなわないと・・・・・。フルオープンは知事任期中に必ずやる。そして、上越新幹線の新潟空港への乗り入れは、400億円を要し、新潟の活性化と言う面から効果が期待できないと力説される・・・・・・・。
 その他いろいろな課題や問題についても意見を聞くことができ、ぜひ年に一回はこういう形でできればと思たっし、米山知事もぜひにと話す。


●8月10日(木)「二市一町議会協議会総会」
 湯沢町長、南魚沼市長、魚沼市長、松原県議、皆川県議、長島代議士出席の中、今年度の総会が開催される。魚沼市は6月に市議会選挙が行われたので、協議会役員の変更について報告があり、29年度の要望項目、28年度・29年度の収支についての議事。
 総会に先立ち講演会が行われる。
   演題 : 「議員活動の基本を学ぶ」
   講師 : 廣瀬 和彦 氏 

 今年度の要望行動日は8月29日。要望活動は4班体制。
[PR]
by 2nezou | 2017-08-04 07:10 | 議員活動 | Comments(0)
<< 長島代議士死去   中澤俊一議員勤続20周年謝恩の会 >>