長島忠美後援会解散式
             11月6日(月)14:00~14:30

 前衆議院議員故長島忠美後援会の解散式が、長岡グランドホテルで午後2時より開催される。新潟5区内の各支部長はほとんど見えていた。
 進行は地元秘書の西山さんが行う。後援会長の挨拶で星野県議は、山古志の村長時代にあの大惨事が起き、村民を守るために身を挺して様々な交渉や決断をした。平成17年に山古志村は長岡市に合併。長岡市復興管理監を拝命する。長島は大震災の対応が大きく評価され、メデア等で取り上げられ時の人となり活躍の場は国政へ移った。国政に出るかどうか、本人、森市長、泉田知事4人で再三協議し、その扱いは星野県議に一任された。この大惨事を復興するには、お金がいる・・・・・・。朝6時ごろ余震の続く中、「長島さん国に行こうや・・!」そしたら長島さんは「後援会長は星野さんお願いします」・・・国政への挑戦が始まったと・・・・・当時の事を想いだし語ってくれた。
 元県議長の種村さん。議長就任時中越地震が起き、長島後援会を5区内でいち早く立ち上げ、強固の基盤作りを行った。南魚群市後援会長を私から前市長の井口さんに決まっていたのにいまだ信じられない・・・・・。
 
       ●最後に奥さん・久子様が12年間支えてくれた感謝の挨拶がある。
f0019487_1402276.jpg

   
[PR]
by 2nezou | 2017-11-06 13:28 | 議員活動 | Comments(0)
<< 臨時議会 長島代議士お別れの会 >>