12月定例議会初日
         12月4日(月)9:30~17:00


 議員定数が26人から22人に、4人の新人議員が入り小澤新議長の初定例会が開催される。
 議員の年齢別構成は30歳代が2人、40歳代が5人、50歳代が2人、60~64歳が8人、65歳~5人で、68歳の私が最年長。

<市長所信表明>
 ・イオン「六日町店」に「ほのぼの広場」が12月21日にオープン。
 ・30年度国保制度改革に伴う、保険税額28年度に比べ9%以上減少見込み。
 ・スケートパークは11月4日にオープン、来春後は県内外から多くの利用を期待。
 ・平昌オリンピックに市出身選手2人が出場、メダル獲得に期待。
 ・井戸掘りができなかった六日町市街地で条例改正により新設が11件、掘替が11件。
 ・反面、その他地域から新条例では水が出なくなる等の問い合わせあり、柔軟に対応。
 ・新ごみ処理施設の燃焼方式は、ストカー方式に決定。場所は検討中。
 ・八箇峠道路6.6キロメートル(野田~十日町市)が11月25日に開通。
 ・来年4月から水道基本料金2415円を215円下げ、2200円とする。
 ・29年の稲作作況は全国100、県96、魚沼97。
 ・3年目の「本気丼」10月末時点で、約44000食(昨年29000食)。
 ・新ナンバープレート導入について2市2町で協議。
 
 昨年11月28日に市長に就任し1年。南魚沼市を「若者が帰ってこられる住み続けられるふるさとにしたい」の思いを前面に、突っ走った1年であった。本当に良くやっている。さらに突っ走っていただきたい。
 掲げた公約、ふるさと納税における返礼品の取組は県内1番、全天候型子育て施設「ほのぼの」の整備、地下水対策に関する条例改正、グローバルITパークの推進。またこの冬にはガンホ・モンスターパイプ、トレーニングセンター、スケートパークと世界に向けた戦略的な取り組みをスピード感をもって進めていることに大いに期待している。


●第105号議案 29年度一般会計補正予算
 補正予算と言うと従来事業の過不足等を計上するのがほとんどだが、新規事業(東京オリンピックを念頭に「雪利用」)が上がってきておりさすがと思ったが共産党は大反対。
●第111号議案 議員報酬について
 30万円の報酬が5千円アップの30万5千円の提案に対して、議員4名減少した分を22名に上げる(35万円に)べきと質問する。全国の市議会814市の平均報酬は42万1千円。人口規模5~10万人は39万円。人口5万円未満は33万円です。
 市長も議員報酬は低いと思っており、上げる時期についても質問したが時期は保留する。
●第114号議案 児童生徒の就学援助条例の一部改正
 就学援助制度とは、所得が少なく経済状況が厳しい家庭(小中学生)に、学用品費、給食費、修学旅行費等を援助する制度のうち、新入学用品を前倒しで支給することに決めた。従来は支給は7月であったが、3月末までに支給し、金額も4万円と倍にした。


 
 
 
 





[PR]
by 2nezou | 2017-12-04 18:43 | Comments(0)
<< 一般質問通告 自民党大和支部50年事業打ち合... >>