NPO湯沢砂防総会
       5月15日(火)16:00~

29年度事業、収支報告、30年度の事業計画、収支予算は全会一致で承認される。

<講演>16:40~
    演題「29年度土砂災害」
    講師 国交省北陸地域整備局 
        湯沢砂防事務所 赤沼 隼一 様

 29年度は、過去10年で最大の1514件の土砂災害が発生した。  
 新潟県は、195件で第2位(糸魚川、上越、佐渡)。一位は福岡県(九州北部豪雨)
(7月18日黒沢で土砂災害が発生する。7・19現地に故長島先生が来る)
 全国の土砂災害の発生状況やその対応について学ぶ。

 赤沼所長は東大卒で平成2年に入省し、2年間新潟(佐渡、県庁)に来、今回は2回目だと言う。

     ●NPO湯沢砂防理事長あいさつ
f0019487_13182035.jpg
f0019487_13183357.jpg
●5月15日(火)9:00~10:00 虫野踏切 現場立ち会い
  虫野踏切に入る歩道の冬季除雪ができなく電柱を移行し除雪可能にするための現地立ち会い。
f0019487_13184627.jpg
  それと合わせて、この虫野踏切、市内一の危険個所だと説明する。
  横断橋はあるが、自転車は登れないので、子どもの自転車と高齢者は踏切を渡る。
  踏切は狭く、車のすれ違いで自転車人は大変危険。
  踏切に歩道の設置を強く要望する。




[PR]
by 2nezou | 2018-05-15 13:06 | Comments(1)
Commented at 2018-05-20 01:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 自民党支部長・幹事長会議   ... 市町村議会議員特別セミナー >>