第66回自由民主党新潟県支部連合会大会
       7月14日(土)

 大和から7名の代議員が代表で参加する。
 先の県知事選挙で勝利したから、意気上がる大会でいいと思ったが、今一つ覇気が無かった用に思ったのは自分だけであったろうか……。
 中央(自民党本部)から来た、竹下総務会長のはなしも、パンチが欲しかった。
  ・西日本災害は、いつ日本のどこで起きてもおかしくない
  ・今、政局は毎日が天王山
  ・我々は政権与党。議論して実行する。そして、責任をとる。
  ・拉致の問題は、光が見えるかも知れない。
  ・国会が終わると9月に総裁選。8月20日頃には総裁選挙の日程を決める。
  ・今は、西日本の復興だ。

 花角新知事もあいさつする。
   ・災害に強い県土作り
   ・医療、介護の充実
   ・やろうとする人を応援する
   ・県の魅力を発信する 

 来年の統一地方選挙選挙を勝利するための、第1次公認が決まる。
 松原県議が公認され、来年の選挙は三つ巴で、4年前と同じ激しい戦いになる。 
 そして、7月には県連会長の参議院選挙だ。
f0019487_16184867.jpg



[PR]
by 2nezou | 2018-07-14 16:21 | Comments(1)
Commented at 2018-07-18 23:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 松原県議「公共要望会」 行政視察 >>