会派研修会(1)   会派研修会(2)
<会派合同研修会>

●7月30日(月)新潟県南魚沼地域振興局
  企画振興部、地域整備部、農林振興部の平成30年度事業概要について各部長、各課長より説明を受ける。南魚沼市より産業振興部長、建設部長も出席する。
 企画振興部はハード、ソフトで毎年53百万円程度の予算があり、地域課題地域要望により事業執行している。今年の事業で、国際大学と連携して、国際おにぎりフェスタ事業を。北里大学保健衛生専門学院と連携して、サツマイモ消費拡大事業を。
 地域整備部は年間40億円の予算で、道路、歩道、河川・砂防、雪崩事業を行っており、予算はひところの半分以下になっておる。①安全安心に暮らせるための整備。②魅力と賑わいのまちづくり。③地域を支える建設産業の振興。県は三本柱を基本に事業展開している。近年、自然災害が多発している一方で、建設産業から人離れが深刻化している。災害復旧、冬期間の除雪などの担い手確保は喫緊の課題だ。
 農林振興部は、コシヒカリが昨年特AからAにさがり、至上命題として「特A」復帰。それに伴い、猛暑による干ばつ被害が水田にも発生しておりその対応について多くの質問がでる。そして、園芸品目の拡大だ。格言である「山が荒れれば里もあれる」治山事業も昨今の災害では見直さなくてはならない。黒沢川の堰堤も治山事業で実施。


●8月1日(火)南魚沼警察署
 署長、副署長、警務、生活、地域、刑事、交通、警備課長より管内の状況を資料により説明を受ける。
 署長の開会の挨拶。「南魚沼市は①治安は決して良くない②飲酒による検挙率は県下ワースト2。1は湯沢町。③2020オリンピック選手の外国選手の、セキリテーは警察はむずかしい(東京の対応)ので市で対応。」
 虐待、いじめ、ストーカー、少年犯罪、少年補導、地域巡回、山岳遭難、刑法犯、犯罪検挙、交通事故、酒気帯び運転、高齢者の事故、国際テロ(爆発物材料)と各課長より。最後に映像で特殊詐欺についてと管内で発生した詐欺について研修を受ける。

 改事件や事故、詐欺は他人事と思っている方が多いと思うが、本当に身近で起こっている。改めて警察のみなさんの活動で治安が保たれ、安心安全で暮らしていると実感する。
 何かが起こったら、全体に一人で抱え込まないことが大切だ。まずは家族に、そして市や警察に相談する事です。







[PR]
by 2nezou | 2018-07-30 08:52 | Comments(0)
<< 議員合同研修会    議会全員... 第1回ゆきぐに大和病院構想検討委員会 >>