議員合同研修会    議会全員協議会  議会協議会総会
●8月6日(月)中越地区市議会合同議員研修会
 中越地区に10の市議会があり、持ち回りで開催している。昨年は十日町市で今年は見附市。見附市は、私が社会人としてスタートしたのが見附の葛巻農協で、見附市の市街地は一変した。市役所をはじめ中心が葛巻管内に来た。葛巻農協で勤務したのはもう50年前か、3月3日の裸押合大祭には今でも葛巻管内の農家の皆さんが我が家に来る。
 
 「ニイガタ女子が見た食と農」と題して、地域活性化モデル・第3代新潟県元気大使、今井美穂様からご講演をいただく。今井さんは地元見附市の出身。グルメマラソンや雪まつり等で南魚沼市にも何回も来ていただいている。
 南魚沼市にも女性の目線でと言う事で「女子力」が活躍しており、女性がいきいきと元気に活動し地域が変わって行く多くの事例を紹介していただき大変参考になった。会員を限定せずどんどん増やしているのはいいな……。元気でおしゃまな家の「桜子」などお似合いかなと思った。
f0019487_11281803.jpg
f0019487_11294816.jpg

●8月9日(木)議会全員協議会
 今回の議会全員協議会は、議会から開催を申し出ての開催。
 議案は①南魚沼市まちづくり推進機構(ムムド)について ②新ごみ処理施設の進捗状況について。ムムドの件で多くの意見が出、終わったのが18時。
 昨年の4月17日に移住定住、企業創業、CCRCを推進する「一般社団法人・南魚沼市まちづくり推進機構(愛称MMDO)」が発足し、5月15日に「さわらび」で法人紹介とキックオフセミナーを開催、7月11日に第1回社員総会を開催し、ようやく1年が経過したばかり。
 リーダー塾や移住定住等で良くやっていたし、これからという時にムムドのトップが退任した。人口減少が進む中で、ムムドの活動に期待していた。もう少し何とかならなかったのだろうかと言うのが率直の気持ちだ。
 各種規定等の整備が充分でなく、その結果、会議費、旅費交通費、交際費等で使途に問題が生じた。意図的に会計操作したり、1円たりとも着服したのであれば余地はないが、事務的なことから発生したようであるから、これからの事を考えれば退任までしなくても良かったのではないか。

 新ごみ処理施設については、集落説明会の状況や現地視察の状況についてと、6月21日に建設予定地周辺の4集落449人の建設反対の請願が出され、今後の取組について考えを聞く。
 反対の意見は①安全性②交通量③八色ブランドへの影響。
 二回目の集落説明会は稲刈りが終わってから行い、一回目で出てきた問題について回答も含めて丁寧に話し合いをする。

 建設が1年遅れても理解いただくまで話し合いを行うことが大切だ。議長あてにも建設反対の請願が出ているわけだから、議会としても対応をしなくてはならない。


●8月10日(金)二市一町議会議員協議会総会
 湯沢東映ホテルを会場に、南魚沼市、魚沼市、湯沢町の議会で構成し主な活動は、国県への要望活動。昨年は4班に分かれて、国交省、新潟県、JR等への要望活動。
 今年の要望項目も含めて今年度の計画と予算が承認される。
 来賓は泉田代議士、皆川県議、松原県議、石坂県議、佐藤市長、田村町長、岡村副市長。

<今年度の要望>
  ①新三国トンネルの早期完成と国道17号の改修
  ②除雪業務を評価の加算に
  ③国道17号浦佐、六日町バイバスおよび上沼道の整備促進
  ④上越新幹線の新潟空港への延伸
  ⑤上越線、只見線の円滑な運行
  ⑥地域医療、介護を守るための支援
  ⑦屋根融雪等の経費を雑損控除に
  ⑧森林環境譲与税に私有林も
f0019487_14104959.jpg

[PR]
by 2nezou | 2018-08-06 11:06 | Comments(0)
<< 魚沼基幹病院との意見交換会  ... 会派研修会(1)   会派研修... >>