議会初日
       9月3日(月)

 9月議会は決算議会とも言われ会期も19日間と長い。

市長所信表明
 ・子育ての駅「ほのぼの」利用者1日平均100人以上の利用。
  月2回スポーツ推進員による「のびのびタイム」開催。
 ・10月から「介護支援ボランテア制度」スタート。
 ・ゆきぐに大和病院と観光協会が連携し「ヘルシーツアー」を企画募集。
 ・大和庁舎の教育委員会10月9日から市民会館で業務開始。
 ・7月15日にスケートパークにおいて、日本スケボー連盟主催の大会を開催。
  東京2020オリンピックの事前合宿地として期待。
 ・東京オリンピック聖火リレー、2020年6月5日6日の2日間、
  県内12市町村で実施。当市も立候補しており決定は来年夏ごろ。
 ・「ごみ焼却炉」施設の故障から、長岡市・新潟市に運搬。
 ・新ごみ処理施設建設について、国際大学周辺集落への2巡目の説明会開催。
 ・交通事故は昨年より件数・負傷者数は減少しているが、死者数は2名。
  昨年同時期0人であり、「交通死亡事故シャットアウト緊急対策」を実施。
 ・大和クリーンセンター(下水道)の長寿命化のための工事を実施。
  マンホール蓋も計画的(今年330か所)に交換。
 ・地方創生事業で、浦佐地域に民間主導による居住施設整備が始まる。
 ・JR浦佐駅に観光案内施設を整備する方向で計画。
 ・ふるさと納税、9月3日現在、約1万軒・2億6千万円(昨年同時期1億円)

 ★南魚沼市PTA連絡協議会会長名で「市内小中学校普通教室にへエアコン設置に関する陳情」は全会一致で可決される。他の陳情2件(30人以下学級…、高校助成の公私間格差是正…)は総務文教委員会に付託。

 ★29年度決算に基ずく「健全化判断比率」「資金不足比率」について、監査委員の審査意見はいずれも適正であると報告を受けて審議に入る。
 ・実質赤字比率(無し) ・連結実質赤字比率(無し)
 ・実質公債費比率(15.2%)早期健全化基準25.0%
 ・将来負担比率(132.3%)早期健全化基準350.0%

 ・水道事業会計、病院事業会計、下水道事業会計とも資金不足無し。
  経営健全化基準は20.0%。

 ★市が出資している法人で、出資比率が4分の1から2分の1未満の法人は議会に報告のぎむがありその要件に当てはまる3法人・六日町街作り(株)、(株)アグリコア、(一社)南魚沼市まちづくり推進機構の29年度決算、30年度計画について説明を受け承認する。

 ★30年度専決処分(一般会計、下水道)と一般会計補正予算の審議で、初日がおわる。
  
 今議会、ムムド(まちづくり推進機構)で論戦が行われる……。


<9月5日>議案審議2日目
 29年度決算の5特別会計、2企業会計の大綱説明をし担当委員会に付託。
 5会計の特別・企業予算の補正内容を審議する。

 




[PR]
by 2nezou | 2018-09-03 08:14 | Comments(0)
<< 社会厚生委員会 参議院議員塚田一郎代表者会議 >>