社会厚生委員会
      10月23日(火)9:30~18:00

 閉会中の調査は2件
(1)保育の現状と課題について(現地調査含む)
(2)新ごみ処理施設について
(3)その他
   公立病院の改革プラン   うおぬま米ネットの新年度取組み
   介護保険計画の変更    可燃ごみ処理施設の運転状況

 ●保育園の定員が減少続けている中で、保育園の再編が続いており、今年4月に設立した、「牧之保育園」を訪問する。塩沢と中保育園が統合しての、定員150人の園。
 続いて、29年4月に設立した、私立「南魚沼どろんこ保育園」を伺う。
 どちらに通園させたいかと問われれば、私は「どろんこ」と言う。

 ●2巡目の説明会資料基づき説明を受ける。
         (精査中で資料は委員会外には出さないように)
  質問に対する回答は72(Q&A)
  ①国際大学内に建設予定地としたこと
  ②ごみ処理施設の安全性(周辺環境への影響)
  ③交通量の増加
  ④農産物(八色ブランド)、産業等への影響
  ⑤発生するエネルギーの利活用
  ⑥周辺集落の同意の取り方
  ⑦建設によるメリット、デメリット
  ⑧新ごみ処理施設に望むこと
  ⑨その他

 2巡目の集落説明会は11月下旬ごろからスタートする。
「新ごみ処理施設の件」については、関常幸「議会報告」45号(4月)、46号(7月)
 47号(10月)に掲載しておりご一読ください。

     ●元気に園児が遊ぶ「どろんこ園」にて
 
f0019487_12121970.jpg
f0019487_12130391.jpg



[PR]
by 2nezou | 2018-10-23 09:15 | Comments(1)
Commented at 2018-10-27 18:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 中国訪問団報告会及び交換会 友好都市「坂戸市」訪問 >>