人気ブログランキング |
定例議会初日
       5月27日(月)

 定例議会初日。今日から6月7日までの12日間。5月に定例議会が始まるのは合併以来初めてだ。

<市長所信表明>
 ・医師確保および医療施策を検討するため医療政策特別顧問を選任。
 ・大和病院では、増加する回復期の患者に対応するための病床割合を検討。
 ・幼児教育・保育の無償化、10月実施に向けて準備。
 ・子育ての駅「ほのぼの」前年比153%の利用で更なる充実を。
 ・上田地区小学校統合順調、石打地区の小学校再編検討委員会設置予定。
 ・エアコン、全小中学校普通教室に6月中に設置完了予定。
 ・トップアスリートの育成のため、村上市と「スポーツ振興連携協定」締結。
 ・新ごみ処理施設整備は、建設周辺区長と協議会立ち上げ是非について検討。
 ・高齢者の運転免許証自主返納者にバス回数券に加え、
              1万円分のタクシー券も選択できるように拡充。
 ・17号「浦佐バイバス」虫野トンネルの着手、新浦佐大橋施行ヤード整備。
 ・住宅リフォーム事業497件、補助金交付額5570万円。事業費総額7億2275万円。
 ・今年の作付面積は、前年とほぼ同じ約5千ヘクタール。
 ・機構改革で下水道事業が地方公営企業法の全部適用に移行したことにより
  「上下水道部」を設置。そして、「新ごみ処理施設整備室」を設置。
 ・病院事業会計は、やまと病院は昨年に続き黒字の見込み、
                市民病院は予定通り赤字決算。
 ・ふるさと納税を活用し、「雪国ブランド」を発信し、移住・定住を進めるとともに、
  来年に迫った東京オリンピック・パラリンピックに向けて南魚沼市を発信する。

今議会への提出案件は、条例11件、予算8件、その他10件。

 53号議案 財産の取得(42人乗りバス)で、費用対効果と言う側面からの質問・反対討論があり賛成多数で可決する。
 この予算については、3月議会で通っており、それに基ずき予算執行しているのであり、今のような質問は3月議会で行うべきだ。財産取得に関する仕様書や入札等々に関わる質問であるべきだが・・・。共産党は予算について反対したのだから・・・と言う声が聞こえてきた。





by 2nezou | 2019-05-27 09:14 | Comments(0)
<< NPO湯沢砂防総会 第67回自由民主党新潟県支部連合大会 >>