人気ブログランキング |
松原県議要望会   中越地区市議会合同研修会
        8月6日(火)

<松原県議要望会:大和地区>働く婦人の家にて
       9:30~12:00 浦佐地区、薮神地区
      13:30~16:00 大崎地区、東地区

 各町内の区長さんが現場の図面を広げて県議に説明する。両脇から覗き込む職員。
 浦佐で要望の多かったのは、西山の沢川(7か所)の濁流による被害。特にうるし沢川の浸水は長年の要望だ。なんとか調査費をつけて対応していただきたい。他に県道の拡幅、消パイ、カーブミラー等々要望は幅広い。その場で回答したり、即対応できるものは職員に指示を出す。
f0019487_12055664.jpg
f0019487_12060316.jpg

<中越地区市議会合同議員研修会>燕市文化会館14:30~
 中越地区は10市の議会が持ち回りで一年に一回合同で研修会を行っている。
 
 丸山燕市議会議長の挨拶の後、燕市長の歓迎のあいさつで「地域を取り巻く課題に正解はない!」に納得する。

 講演 「田中番記者から見た令和の時代」
       ~もし今、田中角栄氏が生きていたら~

     講師:新潟日報社 代表取締役社長 小田 敬三 様

 ・田中60歳、31歳で番記者に
 ・球面体の政治家で、超現実主義者である。
 ・戦争を知っている人が、政治の中枢にいるうちは戦争はしない。
 ・戦争に行かないように憲法を変える。
 ・田中の憲法論~独立国家が定めるのが憲法で、9条、今は早いと言った。
 ・ベトナム戦争~米国の要請に韓国は30数万人送る。
      憲法9条を使えと田中は言い、一人たりとも戦場に行かせない。
 ・田中を一面体で見ない方が良い。それが中国との国交正常化だ。
 ・経済復興すれば、米国は日本に再軍備を持ちかける~米とソ連険悪
 ・再軍備要求できないように中国と手を結ぶ。
 ・池田の知恵と田中の決断
 ・周恩来が再軍備をしないのかと問う
   ~軍備のために増税しなくてはならない。
    そうすれば選挙で落ちる。私は普通の人になると応える。
   ~周恩来は正直な人だといった。
 ・政治家は社会情勢(生まれ育った時代)から逃げられない。
 ・36年に大蔵大臣になる。36豪雪~災害と認定する。
 ・日本列島改造論~時間距離の短縮がキーワード
    いい職員を紹介せよと言ったら武村正義
    ~両津に橋を架けるから先に「国道」にしなくてはと海に国道が
 ・選挙は運動量と風
    ~火事は最初の3分、選挙は最後の3日間
 ・参議院選挙~3日前に運動が止まる。(石崎問題)
       ~浮動票と無党派層は違う
 ・昭和60年2月7日創生会が立ち上がる。オールドパワー毎日1本飲む。
 ・同年2月27日倒れる。
 ・時代に生きた政治家
     ~貧しさから解放させるのが政治
 ・将来ことをなす時は、味方は2人。敵は1人でも少なくせよ。
 ・超現実主義者、平和主義者~人間くさい。
f0019487_12061242.jpg
f0019487_12061876.jpg
    


 
  

by 2nezou | 2019-08-06 08:13 | Comments(0)
<< 花角県知事との懇談会 水力発電視察 >>