人気ブログランキング | 話題のタグを見る
自由民主党大和支部第53回定期大会
●2月7日(日)15:30~

 毎年2月第1日曜日は自民党大和支部の定期大会。今年の当番は薮神分会。会場は大会終了後の懇親会、移動が無いようにと「八百重」に設定したが、緊急事態宣言が発令され、懇親会は中止としたので、各分会長は再度の案内の配布と負担をかけた。
 懇親会が無いし、コロナ禍で出席者が少ないのでは心配したが、50人近い出席者があり安堵した。
 今年は役員改選の年で私と小澤幹事長、井上総務委員、清塚事務局長は留任。組織広報委員長に井口俊郎君、青年部長に上村純隆君に。青年部長であった大平剛君は副事務局に。

<支部長(私)あいさつ>

53回自由民主党大和支部定期大会が、松原県議会議員、林市長、小沢市議会議長をお招きし開催できますことをまずもって感謝申し上げます。同志の皆様におかれましても、このコロナ禍大勢の皆様よりお集まりいただきありがとうございます。

安倍政権から菅政権に移行し5か月、9月就任時は支持率62%、不支持16%、でありましたが1月の調査では支持が半減の33%、不支持が57%。

コロナの対応がこの一因にありますが、国のコロナ政策は、感染を防ぎつつ、経済を回すということで間違ってはいませんが、go.toキャンぺーンの時期や、緊急事態宣言の発令が遅れた等々の問題が支持率に影響していると推察します。   

しかし、このコロナとの戦いは、世界と比較しても大変良くやっていると思います。支持率が下がったのは、コロナよりも「金とおごり」に、国民が呆れたのです。河井杏里議員の選挙違反、国会議員の夜の街での会食、ここにきて森東京オリンピック会長の失言は、菅政権にとどめを刺さした感じがしました。

 さて、こういう厳しい環境の中で、衆議院は今年の秋10月が任期です。任期での選挙はこれまで1回しかなく、4月解散説もとりただされています。

ここ5区は、米山前知事が動いていますし、森前長岡市長が名乗りを上げたようです。森氏の動向いかんでは、泉田代議士は大変厳しい状況に置かれます。もし泉田代議士が負ければ、私どもの国政への窓口は無くなります。泉田代議士を好きになれとは言いませんが、私どもの公共事業を始め多くの陳情要望が出来なくなり、地域が停滞します。この衆議院選挙どうしても勝たねばなりません。

して、この10月には市議会選挙があります。同志をしっかりと議場に送ることが自民党の発展、地域の発展です。

 一日でも早いコロナの終息と幹事当番の薮神分会に感謝申し上げ挨拶といたします。

 
自由民主党大和支部第53回定期大会_f0019487_10521484.jpg
自由民主党大和支部第53回定期大会_f0019487_11040177.jpg
自由民主党大和支部第53回定期大会_f0019487_11042009.jpg
自由民主党大和支部第53回定期大会_f0019487_11042792.jpg
自由民主党大和支部第53回定期大会_f0019487_11044237.jpg

by 2nezou | 2021-02-07 10:53 | Comments(0)
<< 定期監査・行政監査 産業建設委員会 >>