人気ブログランキング | 話題のタグを見る
南魚自民党支部長幹事長会議
●11月20日(土)9:00~

 衆議院選挙(10月19日公示、10月31日投開票)、自民党は過半数を確保し与党で絶対安定多数をえたが、新潟は2勝(2区細田、3区斎藤)4敗と負ける。4区の国定氏は238票、6区の高鳥氏は130票と僅差での負けだが、我が5区(米山隆一79,447票、泉田裕彦60,837票、森民雄36,422票)は惨敗だ。松原県議選対本部長のもと、大和支部も事務所を設置し3回の選対会議を開催し5分の戦いになればと期待を持って活動していた。長岡での最終日街頭演説に行き期待の芽は完全に打ち破れた。故長嶋代議士の時はアオーレの広場が埋まるほどの支援者が集まる。(600人)今回は150人に満たないと思った。

 5区内ではこの一か月、泉田代議士の選挙の向き方がそうでないとか、秘書が全然だめだ、日ごろ地元にほとんど来ない結果だ、等々の声が大きくなり今日の総括の会議となる。松原県議から長岡地区での泉田代議士に対する風当たりは台風のようだと……。比例で復活当選したわけだから、我が南魚沼は従来通りの体制(中沢後援会長)で行くとまとめる。

by 2nezou | 2021-11-20 08:34 | Comments(0)
<< 田村まさゆき選対結団式 議会全員協議会(市立病院群の今... >>