人気ブログランキング | 話題のタグを見る
座談会「地域研究会」
 11月28日(火)18:00~20:30

 南茗荷沢企業会(10社)の主催で開催される。
講師として、市の井口助役、議会の社厚委員長の和田英夫さん、議会の病院特別委員長の駒形正博さんがそれぞれ15分間話す。
 ○井口助役
   ・スマートインター、19・20年とかけて工事し、20年の12月から供用開始したい。
   ・工事費は3億円くらい。
   ・現在は一日平均570台。月金は640台。病院、工場団地等ができれば1,000台。
   ・県知事は基幹病院を核としたタウン構想に学園都市構想を含めた町づくりしたらどうか
    と言うことで、知事政策局?でアウトラインの構想を描くための会合を開いた。
   ・国際大学の応援団を作ったらどうか。
 ○和田議員
   ・水の郷工業団地(30㌶)について
    ・魚沼50人、大和19人の地権者。魚沼は推進委員会を、大和は連絡協議会を設立。
    ・昨年は測量、水の掘削を、今年に入り大和の協議会は魚沼と合体した。
    ・大排水、下水道整備の測量をはじめる。
    ・企業が進出したいと言ってからでは遅いので、環境整備をしておく。
   ・ゴミ焼却炉、大和病院と基幹病院の役割
   ・八海山麓スキー場、指定管理者制度に……。
 ○駒形議員
   ・合併すると大和は僻地になるのでは無いかと心配の声があった。
   ・大和の先人が構築した、医療・福祉、国際大学が南魚沼市の核となっている。
   ・基幹病院については、思い通りに進まず歯がゆい思いをしている。
   ・19年3月までには、基幹病院の位置、概要(診療科目・病床数)をはっきりすると
    言っている。
   ・南魚沼市は大和を中心に進んでいる。

 南茗荷沢企業会の他に10数社の企業の皆さん、議員では私と佐藤議員が出席。
 私の乾杯の発声で懇談が始まる。
  「大和の発展を考えたとき、古い物・文化とか歴史を……そして八色原の田園と八海山の
 景観無くして大和の発展……」と、乾杯する。
 
by 2nezou | 2006-11-28 06:10 | 議員活動 | Comments(0)
<< 黒岩参議院議員国政報告会 行政視察報告会 >>