人気ブログランキング |
NHK大河ドラマ「天地人」講演会および祝賀会
         6月25日(月)14:00~19:00

 ●講演会(14:00~15:30)
    原作者の火坂雅志先生の講演会。市長は市民の熱き思いを火坂先生に届けたい。  
   1200席の市民会館満席になるだろうか、あいにくの雨で出足が悪いのではと心配して
   女房と車で早めに出かける。会場近くなり車の渋滞、今頃なんだろうかと思った。
   駐車場に入りきれない車、会場は立錐の余地もないほどに満席。
   会場に入れない人もいた。
    井口副市長の挨拶に続き、火坂雅志先生の講演1時間30分があっという間に過
   ぎた。上杉謙信を師と仰ぎ、上杉景勝の家臣でありながら、天下人・豊臣秀吉、徳川
   家康と互角に渡り合い、最も恐れられた男。そして、戦乱の世にあって、「義と愛」を
   かかげて戦った武将「直江兼続」の話に酔った。
NHK大河ドラマ「天地人」講演会および祝賀会_f0019487_9533153.jpg

 ●大河ドラマ「天地人」南魚沼実行委員会設立総会(16:00~16:30)
    会場を越路荘に移し、委員会の目的である、「……全国に情報発信を行い、義と愛の
   精神を生涯貫き、現代にも通ずる日本人としての品格を戦国時代に実現しようとした
   兼続公の思いを地域の「人づくり」「まちづくり」に生かすとともに……」
     会長に井口市長が就任し、誘客に向けてスタートする。
 ●講談(17:00~17:40)
   実行委員会の顧問に就任した講談師・宝井琴梅師匠の「直江兼続公」の講談。
   60年間の生涯を40分で話術巧みに、兼続公を語る。
NHK大河ドラマ「天地人」講演会および祝賀会_f0019487_109631.jpg

 ●放映決定記念祝賀会(18:00~20:00)
    原作者、火坂雅志先生は昨年の出版祝賀会で、作家の感として、この作品はNHKの
   大河ドラマになると話したことを披露する。兼続公は弱いもの・か弱きものは助け、
   強気ものに果敢に挑んだ。ところが、現代は、弱気ものをいじめているでないかと
   涙ながらに話す。そして、11年間におよぶ誘致もあり、今日は大いに飲みましょうと
   結ぶ。会場は一気に盛り上がる。
NHK大河ドラマ「天地人」講演会および祝賀会_f0019487_10195064.jpg

by 2nezou | 2007-06-25 09:13 | 議員活動 | Comments(0)
<< 防災対策に関する講演会 前町長・小宮山孝義氏叙勲受賞を祝う会 >>