人気ブログランキング |
2012年 04月 26日 ( 1 )
地域医療について懇談会
       4月26日(木)18:00~19:15

 魚沼基幹病院が5月11日に起工式。平成27年6月の開院に向けてスタートする。それに伴い地域医療を担う六日町病院、大和病院のあり方について懇談をする。
 大和の議員6人全員と宮永院長、広田副院長、松島副院長、米山事務長と予定の時間をオーバーしての懇談会であった。
 議員の質問に対して、院長、副院長が答えるという形で懇談する。
 Q 市長とは市立病院のあり方について一致されているのか。
 A 市長とはざっくばらんに話しており、おおかた方向は同じ。ただ微妙な違いやニュアンスの違いはある。
 Q 六日町120床、大和40床で今までと同じ地域医療が行われるか。ベット数から行けば後退だ。
 A 私たちは500のベットと思っている。病院のベットが在宅にあると思ってやる。
   したがって、今までより、質の高い医療をするために、多くの優秀の医師を招聘する。
   そのためにも、大和病院の場所は現在の場所でなく検討している。
 Q 魚沼基幹病院建設に際して、大和病院としての要望はできなかったのか。
 A それは、・・・・・・できなかったし、私どももいろいろの意見が聞こえ大変であった。
 Q 基幹病院と連携してやっていくことと思うが。
 A 基幹病院は高度医療と救急救命医療の病院で、地域医療を主体にする私どもとは、
   ハードの部分では難しい。ソフトの部分での連携は大切。
 Q 先生方は六日町、大和と固定されるのか。
 A 外来の先生は固定しないで両病院に行く。入院患者はある程度かかりつけになる。
 
 医療が良くなるには競争が大切とか、3年前くらい前までは、みんな大和病院でやりたいと思っていいたが、六日町病院を市で行うことになったので、少し時間がかかった・・・・。将来は、六日町160床、大和80床にしたい等々、宮永院長先生、広田・松島副院長先生の地域医療に寄せる熱い思いを聞いた。
 私ども議員は、大和病院の先生方の応援団になると話し散会する。

    ●3年を費やし取得した機能評価証
地域医療について懇談会_f0019487_1844587.jpg

  
by 2nezou | 2012-04-26 17:52 | 議員活動 | Comments(0)