カテゴリ:議員活動( 871 )
市町村議会議員特別セミナー
      5月9日(水)~10日(木)

 会場は、千葉市幕張にある市町村職員中央研修所(市町村アカデミー)。受講生は125名で、北は北海道、南は鹿児島から参加している、新潟からは、南魚沼市と柏崎市、見附市、妙高市、阿賀町から18名の参加。
 一日目の18時から「情報・意見交換会(夕食)」が行われる。私のテーブルは、常陸大宮市、桐生市、三芳町、嵐山町、館山市、阿賀町、伊予市、鏡野町、江南市、本巣市、白山市、珠洲市の方で、各議会の様子や町の紹介等名刺交換する。研修とは違った意味で貴重な時間だ。

<一日目>
研修①「深刻な所有者不明土地問題」13:30~15:15
      講師 元総務大臣・(株)野村総研総合研究所顧問
            増田 寛也 氏

   
  ・2016年の所有者不明率は2割、面積は約410万ha(九州の面積367万ha)
  ・2040年には所有者不明面積は約720万ha(北海道の面積780万ha)
  ・経済的損失は2016年単年で1800億円、2040年では3100億円。累積では6兆円。
  ・ようやく国は、法整備を始めたり所有者不明土地の公共的利用を可能とする新制度。
  ・今年度法案が提出され、新制度が順次施行される。
  このまま放置すると国土・まちづくりで事業が実施できない場面が発生し、
  スピード感を持って法整備をする必要があると思った。


研修②「人口減少社会における地域づくりの展望」15:30~17:15
      講師 市町村アカデミー副学長・総務省地域力創造アドバイザー
            牧 新太郎 氏

   
   ・日本の長期的な人口推移   ・2045年地域別将来推計人口
   ・人口減少のどこが問題か?  ・高齢化の課題
   ・少子化の課題        ・生産年齢人口の減少
   ・魅力ある地域づくり
  生産年齢人口(15歳~64歳)は総人口の半分に減少するが、
  生産年齢人口を20歳~74歳と考えれば将来的にも6割は維持できる。
  そして、AI(人工知能)やロボット技術の
  進化で仕事も半減する。
  人口の総数維持よりも地域が持続可能な出生数を重視することが大切。そして生産性の
  向上で、むしろ豊かな社会が実現する。


<二日目>
研修③「地方財政の課題」
      講師 関西学院大学大学院経済学研究科・人間福祉学部教授
           小西 砂千夫 氏

   
 ・「環境」と「防災」のために森林環境税を導入
      ~地球温暖化を防ぐ、流木災害を防ぐ、水源涵養である
      ~公費を入れて間伐、伐採する。
      ~均等割りで一人1000円。東日本大震災「復興税」が終了したら導入。
      ~イノシシの数は20年前の4倍。山が荒れている。
 ・森林環境税一人千円は地方財政の本質で美しい物語で、美しい物語が地方財政である。
 ・針葉樹の森は、枝打ち、間伐しないと根が浅く危険でありCO2吸収も少ない。
   
   <基金の積み立て>
   ・財政調整基金とは、赤字決算を避けるための基金である。
   ・赤字になるときは、リーマンショップ、企業の倒産、災害。
   ・財政調整基金の積み立ては、標準財政規模の2割だ妥当。
      ~全国的には積立額が多いが、南魚沼市は12億円で少ない。
      ~一般会計の合計(目的別の積み立て)は50億円。
   ・ふるさと納税は指定寄付と同じに考えることが重要。
   ・ふるさと納税を財政調整基金の造成に充てることは問題。
   ・その趣旨を条例設置によって明確にし、特定目的基金として区分する。
   
   ・財政破たんした夕張市w病気に例えれば、回復期で夕張市は明るい。
      ~現在元気いっぱいの町だが、ニュースは暗い面を流す。
      ~職員給与30%カットから今は7%。


研修④「人口減少時代に求められる子育て支援策」
      講師 読売新聞東京本社調査研究本部主任研究員
           榊原 智子 氏

 
    ・55歳の榊原氏。30年間の記者で政治記者が長い。政治の中で弱いのが
     子育て、少子化であるとバッサリ。

    ・桑名市の出身。東京では道路で遊ぶことができない。
       ~高知県大川町「地域型保育」
    ・1986年大学卒業し、20年前に第1子が産まれる。 
       ~20年前の私の存在は違和感であった。今は私みたいの人が多い。
    ・子育てだけが昭和の時代で、全然社会が20年前と変わっていない。
       ~高齢出産の産後疲労、育児の不安と孤立
       ~職場復帰の不安
       ~保育所待機児童の葛藤
    ・子育てにも「ケアマネとケアプラン」が欲しいし必要と力説
    
    ・保育騒動の裏にある問題
      ~2013年 「待機児童」へ集団異議申し立て(杉並区)
      ~2015年 「育休退園」訴訟(所沢市)
      ~2016年 本紙で紹介 ブログ「保育園落ちた 日本死ね!!」
             国会前の抗議行動に 行政不信の噴出
     ●その背景は、女性活躍・少子化対策と政治は高く掲げたが中地半端な改革。
     ・豊かな時代に広がる「養育困難」
        ~幼稚園「4歳からでは遅い」(浦安市)
        ~外で遊ぶことが無い。「密室育児」でメデア(ゲーム、DVD)漬け 
     ・妊娠期から始まるトラブル

  子育て体験と記者としての現場の生の声を取り上げた「子育て支援」は強烈であった。
  子育て施策は「昭和の時代」「家族の中で子育てする」は昭和の時代。そして、
  介護が必要な高齢者と同じように、妊娠したら一人一人にケアマネとケアプランが
  必要と思った。
  妊娠・出産・育児に多彩な支援機関や相談があるが、一本化されていなく、
  それだけで妊婦は不安になりストレスとなる。~妊娠中絶、児童虐待に。
  
f0019487_17444117.jpg
          

  
   
      
   
   


[PR]
by 2nezou | 2018-05-09 10:50 | 議員活動 | Comments(1)
3月議会初日    社会厚生委員会
●2月26日(月)「議会初日」9:30~17:10
 3月議会は予算議会とも言われ、会期は3月16日まで。
 林市長任期2年目で、限られた予算で、林市長の独自色が出るのか。

 新年度に向けて市長所信表明
 ・新ごみ処理施設の位置(国際大学用地)決定と将来像を
 ・子育て支援を教育部局に移管
 ・財政健全化へ
 ・「稼ぎ出す」ふるさと納税2年目の取組
 ・「ハーフパイプ」国内種目別活動拠点に申請
 ・市政懇談会の見直し
 ・こども医療費助成拡充、介護人材の確保を
 ・雪の市民会議(雪室サミット)全国大会

 30年度の一般会計予算は299億2千万円と前年度10億23百万円の減額。
 所信表明にあるように、林市政の色合いが出ている。
 そして、30年度中にも本庁舎へ「市民カフェ」の開設とか看護師の確保等…。


●2月28日(水)「社会厚生委員会」9:30~17:00
 議会初日に付託された5件について審査する
 ①平成30年度 南魚沼市国民健康保険特別会計予算
 ②平成30年度 南魚沼市後期高齢者医療特別会計予算
 ③平成30年度 南魚沼市介護保険特別会計予算
 ④平成30年度 南魚沼市城内診療所特別会計予算
 ⑤平成30年度 南魚沼市病院事業会計予算
 
 今年度から長年の懸案であった国保制度の大改革が行われる。国民皆保険を守るために改革の第1歩がスタートする。
 改革は、国費を3400億円投入し財政基盤の強化を図る。二つ目は、国保財政の責任主体を市町村から都道府県に移すの二つ。 
 それにより、わが市は28年度に比べ、30年度の一人当たり納付金額は、104,235円と7.9%の減額になる。
 県内でも減額率は一番。この給付額を維持するには、健康推進(保険事業)に積極的に取り組むと同時に、ジュネリック医薬品の使用・普及が大切だ。

 国保の審査で相当の時間を費やしたので、全議案が終了するのは17時を過ぎると思ったが、原案通り可決する。



[PR]
by 2nezou | 2018-02-26 18:49 | 議員活動 | Comments(0)
石破茂先生と面談
        2月23日(金)

 自民党大和支部結党50年記念事業の記念講演の講師に石破先生をお願いしたところ、快諾をいただいた。しかし、自民党県連からの電話でのお願いであったので、今日お会いすることをお願いし時間を割いていただく。
 時間は12時10分から。泉田代議士も同行していただく。
 石破先生は28歳で国会議員となる。それも父が鳥取県知事時代、田中角栄氏から本当によくしていただいたと……。病床で付した時葬儀委員長は田中角栄にと言ったほどであった。石破先生は田中角栄氏の一声で銀行マンから政界に入る。
 その話を私どもに聞かせてくれた。
50年記念事業は、7月7日(土)「さわらび」にて行います。
f0019487_18455595.jpg
   ●時間があり、東京駅から議員会館まで初めて歩く。
f0019487_18460696.jpg



[PR]
by 2nezou | 2018-02-23 18:46 | 議員活動 | Comments(1)
社会厚生委員会   クラブ会(南魚みらいクラブ)
     2月13日(火)9:30~11:30

1月24日の委員会で「新ごみ処理施設建設の進捗について」が継続調査となり今日の委員会となる。

 28年度に2市1町で建設場所の一般公募を実施し、3件の公募があったがいずれも適当でなく、新ごみ処理施設検討委員会からの提言も踏まえ、大和地区の「国際大学用地内の土地」が適当と、初めて建設用地が示される。
 場所、面積は、坊谷山側で約5.5ha(自然公園17haの一部)
 主な選定理由5点
  ・収集運搬距離の優位性(中間地点)
  ・自家搬入距離における平等性
  ・土地の面積・性状における優位性
  ・景観保護ににおける優位性
  ・エネルギー有効活用の可能性における優位性

 集落説明、ごみ分別、排水、通学、葡萄畑、エネルギーの利用、30年後の建て替地等を質問する。

 今後は関係周辺集落への説明。そして3月議会で説明し、33年の実施設計、34年着工・37年供用用開始をめざしようやくスタートする。建設地の選定について、一般公募と言う手法を導入したが、今回の反省を次に行かさなくていけない。執行部も議会も。


●1月16日(金)クラブ会(15:30~17:00)
 午後から議会運営委員会が開催される。3月議会定例会の運営について協議される。我がクラブからの議運の委員は、クラブ長の清塚氏と幹事長の塩川氏の2人。
 会期は2月26日から3月16日までの19日間。本議会は予算議会とも言う。
 議会中、3日(土)の裸押合大祭、5日(月)大和中学校の卒業式、最終日16日(金)国際情報高校の卒業式。他に、8日は元国会議員櫻井新先生「お別れ会」同日、越後浦佐裸押合「重要無形民俗文化財」指定証書交付式が東京で行われる。

 クラブ長、幹事長から議運の説明が、そして、今井総務部長より議案の概要説明をお願いする。
 3月議会の議案や内容等等について勉強する。この議運が始まり、市長の所信表明等の議案資料に目を通すと定例議会モードになる。
 30年度の一般会計予算は300億円を割り299億2千万円。29年度より10億2千3百万円少ない予算でスタート。






[PR]
by 2nezou | 2018-02-13 17:05 | 議員活動 | Comments(1)
行政視察(倉敷市、高松市、小豆島町)
        2月6日(火)~8日(木)

<倉敷市~「観光振興について」>
 
 瀬戸内海に面し人口48万人。江戸時代は商人の町、明治時代には繊維の町、近年は工業都市、そして、文化観光都市として発展してきた。瀬戸内の穏やかな気候と高梁川がもたらした豊かな大地に望まれ、漁業と農業も盛ん。 
 倉敷市は、白壁の建物や柳並木が美しい「美観地区」。日本有数の工業地帯「水島地区」。瀬戸大橋と国産ジーンズ発祥の地「児島地区」とそれぞれ特徴ある6つの地区がある。岡山県の観光客入込数でも第1位が倉敷美観地区384万人。8位に児島地区。 「倉敷観光振興について」調査する。 
 視察目的である「観光振興プログラム策定の背景と観光振興戦略」で、ハード(瀬戸大橋開通、チボリ公園開園)に頼りすぎてはいけない(5~6年で年間300万人落ちる)に学ぶ。 
 二つ目の「フイルムコミッション事業」は、当市でも、大河ドラマ、朝ドラで経験があるが、その比ではない。専門の職員が一人おり、制作会社の問い合わせに対応。年間12~13本くらいのロケを受け入れている。無理難題を言う制作会社もおり大変だが、このロケ受け入れが観光客の安定的な入込になっている。倉敷市のようになれば待ちでもいいが、南魚沼市の自然・四季、歴史、米、祭り、山、スキーと制作会社に売り込み・営業が必要と思った。
f0019487_12371361.jpg
f0019487_12374333.jpg
<高松市~「高齢者の居場所づくり事業について>
 人口41万の高松市は、波静かな瀬戸内海に面しており、年間の寒暖の差が小さく穏やかな気候に恵まれている。世界に誇る日本庭園「栗林公園」、源平合戦で有名な「屋島」は瀬戸内海を一望できる。高松と言えば「うどん」昼食は、讃岐ざるうどんの宗家「川福」で食べる。
 うどんの消費量は日本一で、週一回以上食べている方が90%。良質な小麦、塩、醤油そして煮干しが讃岐国の特産であり、小麦粉の生産量は6万トンで日本一、埼玉県の2倍以上。
 当市も「食」でのまちおこし「本気丼」に取り組んでいるが、市民に愛される「本気丼」でなければ……。南魚沼市民、ご飯の食べる量が日本一だろうか。日本一の魚沼コシヒカリであるが、ラーメンやパンを食べる回数が増えているのでは!高松のうどんに学ばなければと思った。
 「高齢者の居場所づくり事業」を視察調査する。
 ・居場所ってどんなところ、・事業の目的、・開設数は、・実施主体は、・主な活動内容は、・実施場所は、・市からの助成は、・決算予算額は、・活動内容は、・効果は、・目指すべき姿はと意見交換する。
 開設数は、26年度から28年度までの3年間で、おおむね徒歩圏内(半径500m)に1か所を目安として300か所が目標で、今日現在で243か所と言う。
 高齢社会が進む中で、南魚沼市もこの事業に学ぶところが多いと思たった。当市も高齢者を対象とした多くの事業を行っているが、一回リセットして事業の再構築が必要だ。
f0019487_13370806.jpg
f0019487_13372724.jpg
<小豆島町~特産オリーブを活用したまちづくり>
 小豆島は香川県に属し瀬戸内海では淡路島に次ぐ島で、土庄町(12千人)、小豆島町(15千人)の2町からなり、人口は27,000人。ソーメン、醤油、佃煮、胡麻油、オリーブ油の生産が盛ん。オリーブは国内栽培発祥の地として知られる。そして、小説「二十四の瞳」のロケ地として有名。
 オリーブの栽培面積は140ha。栽培者は140戸であるが、70%は後継者がいない。現在生産や収穫に企業(醤油屋、佃煮)から参入していただき生産を維持しており、今後この方向が強くなるようだ。オリーブトップワンプロジェクトは、品質一番はもちろんで、生産者、加工・販売業者、試験研究機関、行政とまさに島あげての取組だ。そして、オリーブを用いた健康長寿の島づくり、小豆島オリーブ検定(マイスター検定)を調査する。
 当市の「グルメマラソン」「浦佐温泉山岳マラソン」の勝者に、オリーブの冠をお願いしたら快諾を得る。今後具体化に向けて進めて行くが、「オリーブの冠」で小豆島と今後ともつながりができれば最高と思う。南魚沼市からは、小豆島マラソンに「コシヒカリ」を送るとか……。
 大阪国際マラソン、別府マラソンの優勝者に「オリーブの冠」を贈呈している。
 
 当初予定になかったが、(1月18日にNSTテレビで、「伝統しょうゆを守れ」木桶3代リレーを観る。)父ちゃん、じいちゃん、ひいじちゃん、そのまたじいちゃんから受け継いだものを子供に伝えて行くのが僕の仕事と言う「5代目ヤマロク醤油」を視察する。
 日本食の基礎調味料「醤油」「味噌」「酒」等は、江戸時代まで全て木桶にて醸造されていたが、現在では、醤油、味噌で木桶での生産は1%。木桶を作る桶屋さんは日本に一社で、今から50年後には木桶での生産ができなくなるという危機感から、ヤマロク5代目は「木桶職人復活プロジェクト」を立ち上げ、桶を作りながらしょうゆ作りに励む。
 150年以上前に建てられた「もろみ蔵」の中は、高さ2メートル、直径2m30㎝の杉桶が60樽おかれ、樽も壁も柱も150年かけて育てられた菌が幾層にも覆われ美味しい醤油を作るのだと言う。樽一つ、一つが違い、職人技で美味しい醤油を作っている。
f0019487_17015996.jpg
f0019487_17021928.jpg
f0019487_17013336.jpg
 

[PR]
by 2nezou | 2018-02-07 11:22 | 議員活動 | Comments(0)
第50回自民党大和支部定期大会
       2月4日(日)15:30~

<私のあいさつ>
 自民党大和支部第50回の定期大会に、自由民主党新潟県連会長塚田参議院議員、第5区支部長泉田衆議院議員、松原県議会議員、そして、小澤市議会議長をお迎いして開催されることに先ずもって感謝申し上げます。公務ともお忙しいところありがとうございます。 
 北朝鮮の動向が心配されますが、世界の祭典ピョンチャンオリンピックが開催されます。南魚沼市から、ソチオリンピック銅メダルの小野塚彩那選手が、そして、バイアスロンに田中選手が出場いたします。小澤議長は代表して現地にはいります。お二人を皆さんで応援いたしましょう。 
 
 政治は待ったなしです。5区の盟主が長島忠美から泉田裕彦氏に変わりました。近いうちに後援会組織も立ち上がります。泉田代議士からは、大和地区民の切なる要望を国県にしっかりと届け、その実行に向けてご尽力されるよう高い場所からですが、お願い申し上げます。
 国政に目を向けると、1月22日にはじまった通常国会まっただ中。会期は6月20日までの150日間。2017年度補正予算2兆7千億円が2月1日に成立しました。来年度予算の年度内成立を目指しています。今国会の大きな焦点が、戦後一度も改訂されていない日本国憲法の改正です。わが党は会期内の憲法改正案提出を目指しており、どこまで論議が進むかが焦点と思います。   
 我が党は憲法改正で、9条への自衛隊明記や参院合区解消などを優先項目にしておりますが、与党の公明党も慎重な対応。野党の第1党の立憲民主党は対決姿勢を強めており、発議に向けた合意形成の見通しは立っていない。 

 日本国憲法は昭和21年に制定され今年で72年、一度も改正されていないのは日本だけです。アメリカは6回、中国、韓国は9回、フランスは27回、ドイツは59回。国内外の情勢は大きく変化しました。少子高齢化、人口減少、科学技術の進歩、中国の進出、北朝鮮の脅威等新たな波が押し寄せている。元号が変わろうとしている今、新しい時代にふさわしい「日本国憲法」を、国民自らの手で制定することが大切です。是非皆さん私たちの手で憲法を改正いたしましょう。 

 さて、今年の定期大会50回と言う半世紀を数えました。この平穏の世の中があるのも先人の皆さまのおかげと改めて感謝申し上げます。本3号議案に50周年記念事業を上程いたしましたので満場の一致で可決いただきたくお願い申し上げ挨拶とさせていただきます。本日は大勢の皆さまからご出席いただきありがとうございます。
f0019487_15230754.jpg
f0019487_15222905.jpg


[PR]
by 2nezou | 2018-02-04 15:15 | 議員活動 | Comments(0)
泉田代議士事務所開所式・新年懇親会
      1月6日(土)11:00~

 パストラル長岡にて、事務所開所式と新年会が開催される。来賓には5区内の首長が揃え、市会議員も大勢参加していた。泉田代議士の事務所職員に故長島代議士事務所の秘書が一人もいないのは、何とさみしいことかと思ったのは私ばかりでないと思う・・・!
 それらもあり、挨拶する来賓は手厳しい挨拶が多かった。特に、選挙戦時の責任者井口一郎前南魚沼市長や三人の県会議員は手厳しい挨拶であった。長島代議士の後継であるから、そのような活動でなければ、三本の矢(三人の県議)がとって成り代わると・・・・。
 当選し二か月余り、ようやく事務所体制が整え窓口ができ本格活動が始動する。
f0019487_16570732.jpg
f0019487_16574735.jpg



[PR]
by 2nezou | 2018-01-06 16:29 | 議員活動 | Comments(0)
旭日双光章受賞祝賀会      議長就任祝賀会
●12月16日(土)黒井安雄氏「旭日双光章」受賞記念祝賀会
 11時より、浦佐ホテルオカベにおいて祝賀会が盛大に行われる。
 黒井さんは大和郷土地改良区理事長として、長年のご苦労と功績に対して。「旭日双光章」という名誉ある勲章をいただく。全国秋の受勲で、70歳と言う一番若くしていただいたという。普通だともっと高齢になってからいただくのが普通だそうです。
 黒井さん本当におめでとうございます。そして、陰でいつも支えていた奥様、本当におめでとうございます。大きい声で突っ走る黒井さんを、家庭ではどのように操縦していたのでしょうか……?この受章はまさに奥さんと二人でいただいたものだと思った。
f0019487_14014609.jpg
f0019487_14030545.jpg
●12月17日(日)小澤実氏議長就任祝賀会
 先の11月7日の臨時議会で第9代議長となる。おめでとうございます。
 小澤さんとは同じ会派で、そして同じ大和地区と言う事もあり、すべての政治活動は一体で取り組んできた。今回の選挙、同じ集落から若い人が立候補したが、前回を上回る得票で上位で当選し、堂々の議長です。
 林市政になり1年、多くの行政課題がありますが、市長との両輪でまっすぐと進んでください。新潟に南魚沼市議会ここにありと言われるように共にがんばりましょう。
f0019487_14131246.jpg




[PR]
by 2nezou | 2017-12-16 13:47 | 議員活動 | Comments(0)
一般質問
      12月11日(月)~13日(水)

 改選後初の一般質問に16名が市長と対峙する。
 我がクラブは、質問が重複しないように調整したり、お互いに情報交換し市政の現状と課題を明確にし市長に提案するように努めた。
 今回、私と黒滝前議長は休みと思っていたが、協議の中で「地下水条例に関する」件について私が担当することになり、2日目に市長と相対する。
 2日目の3番目に登壇する。
 大和地区では、今まで通りと言う認識で変更の対象でなかった・・・・・。新条例を決定した9月議会でも、地盤沈下区域以外のことについてはほとんど話題にならない・・・・・。
 大和地区では、新条例では取水量が縮小等になる場合があり、市民生活に支障が発生すると市長に相対する。市長は、可能な限り柔軟な運用を行う。例えば、金曜日にポンプの入れ替えが発生すれば、担当に電話し工事を速やかに行う等市民生活には支障が出ないようにするとの回答を得る。

 我が会派、清塚議員は十日町に開校する「県立看護学校と北里問題」を
 吉田議員、初の質問「三国川ダム観光について」
 塩川議員、「ふるさと納税について」他
 目黒議員、初質問「活力ある観光振興について」他

 吉田・目黒両議院、調査を良くされていて、初質問とは思えなかった。
 


[PR]
by 2nezou | 2017-12-12 10:56 | 議員活動 | Comments(0)
社会厚生委員会       国際情報高校「SGH」成果発表会
       12月8日(金)

<社会厚生委員会>9:30~11:00
 改選後初の委員会。委員会は委員長・中沢、副委員長・田中、委員は大平、寺口、黒滝、阿部、関の7人。
●平成30年度から都道府県が国民健康保険制度の保険者となり、財政運営の責任者となる。その概要について説明受ける。
 そうなった時に、保険料はどうなるのかと言う事だ。
 現在の仮算定で、28年度納付金額は123,738円、30年度は101,057円で▲9.64%。
 納付金額の算定は、医療費、所得、保保険者数の3要素を基に算出している。
●次回の委員会は、1月24日に決定。
 調査項目は、①地下水採取 ②新ごみ施設 ③高齢者福祉・介護保険計画 ④その他(障がい者計画、医療職給付型奨学金)



<国際情報高校「SGH」成果発表会>13:00~16:00

1部 ・SGHの活動紹介(教諭)
   ・代表生徒5組が発表
     ①みんなでこいて!じょんのび魚沼
     ②脱エアコン
     ③LEDで安全な食を
     ④F.P.P 作戦(農 電)
     ⑤グローバル人材不足を解決~全て英語で発表
2部 ・全生徒が成果発表
     11教室で1年生と2年生が11教室で64課題を発表。
3部 ・基調講演  南魚沼市長
      「世界を視野に、南魚沼市の挑戦」

 先生の話で
  ・近い将来仕事の47%が自動化される。
  ・今の小1年生が仕事に就くとき、65%は今存在しない仕事
  ・10~20年後は人工知能が仕事の49%を占める
将来のグローバルリーダーを育てることをめざし、地域の課題をグローバルな視点で考え、それを世界の課題と結びつけて発信する。1年生の時は地域の現状を学び、2年生は地元企業や大学を訪問し課題解決のために学ぶ。今日、その成果を1.2年生全員が発表する。
 初めて参加したが、生徒の考えや思考は無限で、目から鱗であった。
 
 世界は社会は経済は、すごいスピードで動いていると改めて感じた。

   ●2部(11教室)の発表 
f0019487_15002840.jpg
  
  

[PR]
by 2nezou | 2017-12-08 14:55 | 議員活動 | Comments(0)