<   2009年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧
上村一郎議員葬儀
        6月27日(土)

<上村一郎議員葬儀>
 議会では一番の長老で、年齢も71歳で決して高齢ではない。3月の議会の時も休憩室では、「今年の秋の選挙にはまだまだ若い者には負けていられないぞ」と話していたことがウソのようだ……。
 9時のお経11時出棺12時おとき、議員全員が参列する。上村大先輩の御霊に意志を継いで良い市にしますと誓う。
f0019487_22161715.jpg
f0019487_22163340.jpg

<中越地区米山隆一青年部集会>
 15時より標記の集会が「レストラン葡萄の花」で開催された。地元と言うことで駆けつける。多くのボランテアを始め、すごく良い雰囲気だ。長岡は4年前の前回と比べ、数段良くなっていると。でも相手はでっかい山だから、この輪を二重三重に広げようと盛り上がる。
f0019487_22214246.jpg

[PR]
by 2nezou | 2009-06-27 22:04 | Comments(0)
米山隆一と語るミニ集会
       6月26日(金)15:00~16:00

 自民党は、宮崎県知事発言や総裁前倒し発言等のゴタゴタで、自ら下野する方向に進んでいるように見える。本当に麻生さんしっかりしてもらわなくては困る。
 午前中米山隆一候補とJA事務所(7カ所)を訪問する。午後からは本町通りをミニ集会の案内を兼ねて歩く。午前午後とも手応えをしっかりと感じる。そして大分浸透してきたと思う。
 絶対に勝てる。もう一息だ。
f0019487_20501544.jpg

 
[PR]
by 2nezou | 2009-06-26 20:37 | 議員活動 | Comments(0)
政務調査~四国へ
        6月22日~24日

<JA東とくしま「あいさい広場」>
 全国のトップクラスの直売所を視察する。坪当たり売り上げは全国一番と言う。人口4万人、建物は900㎡と決して大きくない直売所。18年度7億円、19年度9億円、20年度11億円。会員は240人から現在は420人。直売所の命は「新鮮・安価」安全は当たり前。良いものから売れる。農家には競争してもらう。単価は自由だけどJAが管理している。スーパーより価格が高い場合は指導する。「びしゃもん市」を思い描きながら研修を受ける。
f0019487_20285691.jpg
f0019487_20291716.jpg
f0019487_20293473.jpg

<ふれあいの里さかもと>
 人口6,200人の勝浦町、山肌にへばりつくように人家が建っている。平成6年に地元小学校の統廃合問題が発生し11年には廃校となる。活性化委員会を発足させ廃校後の校舎利用について検討するが、「観光地も温泉もない地に宿泊施設を作って誰が来てくれるのか?」と、開設には否定的な意見が多く、廃校利用を返上しょうとしたが、国の予算が付けられたので、しかたなく事業が動いた。
 14年のオープン後、泊まり客3,500人を含む13,000人が利用した。当初の計画1,800人を大幅に上回る。廃校の小学校を2億1千万円で改修し、「こころの母校」としてよみがえらした。
 私たちは、校長室、職員室と名づけられた部屋に泊まり、地元スタッフの暖かいもてなしを受け感動する。
 「廃校になり愚痴ばっかり言っていたが、あの時勇気を出し一歩踏み出して良かった」の言葉が印象に残った。
f0019487_2032816.jpg
f0019487_20325229.jpg

f0019487_20333240.jpg

<仁淀川流域エネルギー自給システムの構築>
 通称バイオマス実験事業といっており、林地残材を活用し、発電やペレット燃料を作り、流域の施設でエネルギーを使い切るという「エネルギーの地産地消」ができる仕組み作りを行なっている。
 平成19年度から実験を行ない、22年度からはそれぞれの施設が自立して運営するという。全国でも先進的な取組みを行なっている。
f0019487_2036297.jpg

[PR]
by 2nezou | 2009-06-22 20:16 | 議員活動 | Comments(0)
議会最終日議論伯仲する!!
       6月19日(金)

 農地法の「改正」に反対する意見書が市の共産党議員団から提出されていたが、農地法の改正が国会を通過したので、提出者からの申し出により、急きょ議会運営委員会が開催され意見書が取り下げとなる一幕がある。
 
 議会最終日、ある提案に対し賛成・反対が同数となり議長裁決が3件あった。ベテラン議員は「長く議員をしているが、このようなケースは初めてだ」という……!!
 
 特に、「国直轄事業負担金の廃止を求める意見書について」井口市長は、「……意見書の提出は、国を刺激することになり、国道17号浦佐バイバスが凍結のままになるおそれあるので、今の時期は慎重になってもらいたい…」と、休憩中に異例の発言をした。それにもかかわらず、このことについても反対・賛成同数となり議長裁決でようやく否決され、安堵する。

 今回のことを通じて、市長与党の19名は「17号浦佐バイバスの事業中止」を招くような、地域の活性化に逆行する行動をとってはならないと改めて思った。
[PR]
by 2nezou | 2009-06-19 20:11 | 議員活動 | Comments(0)
一般質問登壇する!!
       6月15日(月)
 
 一般質問初日の6番目で登壇する。
 質問は①町づくりを問う(都市計画事業の見直し、景観計画、基幹病院を核としたまちづくり)②「直江兼続・愛博」の開催③土地開発公社の3点です。

        質問内容はトップページの議会活動報告をクリックください
[PR]
by 2nezou | 2009-06-15 18:38 | 議員活動 | Comments(0)
参議院 塚田一郎先生来る!
         6月14日(日)14:30~15:30

 国会議員となり初めて塚田一郎代議士が来る。田中真紀子代議士に挑戦する米山隆一支部長の応援に来町する。
 自民党のゴタゴタや低落振りにはあきれており、衆議院解散選挙が行なわれれば、政権は民主党に移ることはまちがいないほど、国民の支持率は低い。
 しかし、自民党は負けても新潟5区は、米山隆一氏を何が何でも国会に送ろうと思う。
 そういう思いが通じたのか、緊急の案内にもかかわらず大勢の同志の方が見えた。
f0019487_183663.jpg
f0019487_18361765.jpg

[PR]
by 2nezou | 2009-06-14 18:20 | 議員活動 | Comments(0)
17号線「浦佐バイバス」事業見直し
       6月11日(木)19:00~20:00

 B/C(費用対効果)に湧いた3ヶ月間であった。バイバスを作っても費用の割に効果が上がらないと言うことで、浦佐バイバスが凍結された。市長を先頭に、国交省や県へ「命の道路」と言うことで、強力な運動を行なってきた。
 今日は事業の見直し(両側歩道を片側に~下流側、歩道を本線から外し測道に)についての説明が地元にある。見直しをしても、B/Cは0.95。工事費は221億円、20年度までで47%(103億円)の進捗率。
 事業評価委員会は今月開催されるという。基幹病院、工業団地を有しておるが、中央の政治情勢と微妙に絡んでおり、工事再開の確定は出来ないが、昨日、今日の会議からたぶんOKだと思う。
         ●6/10第2回「浦佐バイバス整備促進期成同盟会総会」が急遽開催される
          大平・井口両市長、斉藤・若月・皆川県議の面々
f0019487_6132116.jpg

[PR]
by 2nezou | 2009-06-11 05:48 | 地域情報 | Comments(0)
6月定例議会スタートする
           6月9日(火)9:30~17:00

 9時半に議長の開会宣言で、6月議会が始まる。会議録署名議員の指名、会期の決定がなされ、次の日程に移る前に表彰伝達式が行なわれる。
   全国市議会議長会より、在職10年以上の表彰を下記の2名が受ける。
       阿部俊夫議員   和田英夫議員
<市長所信表明>
 ●保健・医療・福祉
   新型インフルエンザ、魚沼基幹病院、ふれあい支援センター
 ●教育・文化
   五十沢地区統合小学校、塩沢地区給食センター
 ●環境共生
   地下水熱利用融雪システム、地盤沈下対策、可燃ごみ施設
 ●都市基盤
   国道17号浦佐バイバス凍結について
 ●産業振興
   スキー場入り込み前年度対比90.9%、愛・天地人博は連日満員、目標20万人は7月に達成の見通し
 ●行財政改革

 一日目は、土地開発公社、(財)しゃくなげ湖畔、(財)八海山「白の世界」の決算状況を知り、将来の展望が
見えなくこの先不安である。
[PR]
by 2nezou | 2009-06-09 21:34 | Comments(0)
東京やまと会
           6月7日(日)12:00~15:00

 「上野精養軒」で21回目の、東京やまと会が盛会に開催される。
 今年は雪解けが早かったために、山菜がすくなく、アット言う間に山菜はは無くなった。
 一年ぶりの方や、今年の裸押し合い大祭に来られた方の顔が見え、多くの方から声をかけられた。
 今年、羽賀会長(浦佐地区)から田中新会長(薮神地区)へと引き継がれる。羽賀会長さん本当にご苦労さまでした。
           ●羽賀会長さんの開会挨拶
f0019487_21241366.jpg

           ●先輩諸氏がおられる中で、壇上に並ぶ
f0019487_21243230.jpg

           ●遺作曲となった遠藤実作曲の南魚沼市歌「時代新たに」を歌う
f0019487_21245239.jpg

           ●北区おけさ会のみなさん。常蔵から3人踊りに参加している。
f0019487_21251382.jpg

           ●最後のフェナーレ「浦佐の盆踊り」市長も輪の中に入る。
f0019487_21253240.jpg

 
[PR]
by 2nezou | 2009-06-07 21:12 | 地域情報 | Comments(0)
自民党大和支部浦佐分会会合
       6月5日(金)19:00~20:00

 衆議院はいつ解散になってもおかしくない状況だ。自民党は結党以来の危機で、今回選挙があれば民主党に政権の座が移ることは確実だ……!!!
 安倍、福田、麻生総理大臣と小泉総理大臣の郵政民営化に代表される「格差社会政策」を直せないまま、自民党は自ら混迷の渦にはまって今日を迎えている。
 
 自民党は負けても、「米山隆一」だけは国会に押し上げようと意気を上げる。そうしないと、地方がダメになる。

<魚野の里に研修に行く>8:30~10:30
 毘沙門懇の羽賀不二夫事務長と二人で行く。
 魚野の里では、前から普光寺にもお客さんをよこしてくれていたり、先日は塩沢の川永さんから、魚野の里の小泉さんはすごい人だよと聞かされ、今日の研修になる。
 小泉さんと話すこと1時間半、今では30万人からの誘客をしているという。その基本は提案型で営業してきたという。その提案は県内全域で四季にわたっている。
 まさに広域観光だ。
 小泉さんのノウハウを市の観光に活かせればいいのにと思った。
f0019487_73764.jpg
f0019487_7372125.jpg

[PR]
by 2nezou | 2009-06-05 06:48 | 地域情報 | Comments(0)