<   2010年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧
第65回浦佐婦人会総会
          3月28日(日)13:30~14:30

 時代の流れの中で、昔はどこの地域にも「婦人会」組織は存在していたが、今は大和地区ではここ浦佐だけになった。会員も306名と大所帯だ。
 男女共同参画、女性の社会進出と、ますます女性の果たす役割は大きくなるなかで、この婦人会の果たす役割は重要だ。
 事業も民謡部、生活部、ボランテア部とその活動は活発だ。地区運動会、浦佐夏祭り、敬老会などの浦佐の主要事業は婦人会の皆さんがおられなければ回らない。
 本当に自主的に行なっている活動で、年会費は1000円。浦佐区会、市から敬老会委託料等の収入があり予算は196万円。
 総会には、副市長、大区長、公民館長と議員が来賓として呼ばれる。
 総会終了後に、研修会として「救命講習会」(AEDの使い方)が行なわれた。


 <新町区役員引き継ぎ>17:00~18:00
 町内の集会所において、次年度の役員へ引き継ぎが行なわれる。

 
[PR]
by 2nezou | 2010-03-28 16:05 | Comments(0)
ウォーキングロード協議会
          3月26日(金)15:00~17:00

 「ノルデックウォーキング」・八色の森公園を新潟県の発祥の地にしようと2年前に始めました。このイベントは「まちづくり」から入っており、県も市も都市計画課が担っており、今年度は県からコースの舗装や案内板標識の設置と多くの支援をいただく。
 ウォーキング参加者からは大変好評を得ておるが、今年度は取組みが遅く参加人数は昨年度を下まわった。
 その反省から、行政任せでなく、住民主導で行こうと言うことになる。
 開催日は2回とも「八色の森市民まつり」(昨年は10月11日)に合わせて行なっていたが、今年は9月23日秋分の日とした。

●お知らせ 
 八色の森公園に、あのシンガー・ランニング・ドクター福田六花先生が来ます。
 先生は、当地の大和病院に勤務されておりました。今回のレースプロデューサーは福田先生です。  

●○南魚沼グルメマラソン○●

  開催日:平成22年6月12日(土)
  会 場:八色の森公園(新潟県南魚沼市)
  種 目:ハーフマラソン(14時スタート・制限時間3時間)
      5km(14時15分スタート・制限時間45分) 
      
 走って食べる、今までになかったユニークなマラソン大会が南魚沼市に誕生します。
 のどかな田園風景の中を走り、魚野川と八海山を眺める美しく平坦なコースです。
 走ったあとは、美味しい食べ物と飲み物でくつろぎながら、ライブやトーク
 ショーを楽しむ「南魚沼グルメパーティー」を開催します。
 レース参加者は南魚沼産コシヒカリを無料で食べ放題です。
 皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

  エントリー締切:平成22年5月12日(水)

  大会公式ホームページ
  ⇒ http://runnet.jp/mail/u/l?p=kg4zIW7wwh8Z
  お申し込み
  ⇒ http://runnet.jp/mail/u/l?p=ZGZr2BeocIgZ
[PR]
by 2nezou | 2010-03-26 10:44 | Comments(0)
浦佐小学校卒業式
        3月25日(木)9:30~10:30

f0019487_10403914.jpg
                
 卒業特集「たもん」98号に、卒業生45名の「将来の夢」が載っていた。
 卒業生の入場を見、この子達の「将来の夢」が実現するように、住みやすく・未来ある南魚沼市、日本にしていかなくてはと強く思った……。
 
 我が子の成長を見て、そっと目頭を押さえるお母さん、我が子の晴れ姿を納めようと、ビデオ・カメラをまわすお父さん。私も卒業生が退場しながら、一年生から花束を受け取るときに、握手したり、一声かけたり、頭をなでる光景に目頭が熱くなりました。
 特にみなさんは、全員45人で30人31脚に取組み、前評判の劣勢をはね返し、みごと新潟県一位の栄誉に輝きました。本当にすばらしかったです。
 これからは、中学生、高校生、大学へと進み、自己自身の将来の夢に向かってまっしぐらに進んで下さい。

<卒業生45名の将来の夢>
 野球の選手5人、ゲームを作る4人、美容師3人、先生3人、バスケットの選手3人、イラストを書く3人、保育士2人、俳優2人、動物に関係2人、デザイナー2人、史跡の発掘、物を作る(溶接)、宇宙に行きたい、外国に行きたい、オリンピック選手(陸上)、菓子作り、親の仕事を継ぐ、ダンサーに、料理人、スケートボードショップを作る、ふれあう仕事、マッサージ師に、内科医になる、税理士に、児童向けの作家に、柔道の選手に……。

     ●厳粛の中にも元気な卒業式で、感動する場面がいっぱいありました。
f0019487_10405861.jpg

[PR]
by 2nezou | 2010-03-25 09:41 | Comments(0)
井口市長後援会大和支部役員会
         3月24日(水)18:00~20:00

 井口市政2期目の1年度昨年は、NHK大河ドラマ「天地人」の放映で、直江兼続公の生誕地「南魚沼市」が全国に発信され、多くの観光客が当市を訪れた。
 昨年の「天地人」効果を、これからのまちづくりにどのように活かしていくのか井口市政が問われる年となる。
 魚沼基幹病院と地域医療、都市計画の見直し、大原運動公園、図書館等々と大型事業を控えており、確実に実施することが、市民の安全安心につながることからも、井口市長からは事業が遅れることなく、粛々と取組んでもらいたい。
 後援会は選挙のためばかりでなく、市政にうれいなく取り組めるように、日々の活動を支援するのが後援会の役割でもあるので日々の活動が大切だ。。
 今日は大和支部役員25名が集まり、浦佐からも5名出席した。各地区の役員名を整理したものを4月20日頃までに提出することになる。
 久しぶりにみなさんと盃を交換し、鳩山内閣の外交(普天間基地)、郵政問題の閣内不一致や政治と金の問題、教育、農業問題と話しがつきなかった。そして、来る7月の参議院選挙まで3ヶ月。中原八一氏が議席奪還するために、本後援会が役だってくれることを祈った。
[PR]
by 2nezou | 2010-03-24 07:13 | Comments(0)
3月議会最終日
          3月19日(金)

 12日、15日、16日、17日の4日間の、22年度予算審議は三日目、四日目とも17時をまわり白熱した議論が展開された。私もいくつかの項目で質問する。
   ・ふるさと納税について  ・FM雪国の電波が浦佐地区、難聴地域 ・土地改良事業 ・学力テスト等々について担当部長に質問する。
 
 17日質疑が終り、22年度一般会計について、共産党が反対するが賛成多数で可決する。
 
 ●19日議会最終日
  最初に総務文教委員長の審査報告から始まる。
  各委員長より請願の審査報告があり、次いで特別会計の審査報告。追加附議事件として
  報告1、条例の議案4件、21年度一般会計補正予算と工事請負契約の7件を審議する。
  発議として意見書がでる。
   ①土地改良予算の確保に関する                  (全員賛成可決)  
   ②消費税の増税計画に反対し、暮しにかかる消費税減税   (賛成少数否決)           
   ③350万人のウイルス性肝炎患者の救済            (全員賛成可決)
   ④永住外国人に地方参政権付与に慎重である         (賛成多数可決)
   ⑤核兵器の廃絶と恒久平和実現                  (全員賛成可決)
   ⑥介護保健制度の抜本的な基盤整備をもとめる        (全員賛成可決)
   ⑦子ども手当の全額国庫負担を求める              (全員賛成可決)
  
 最後に今年度退職する、桜井市民生活部長、上村産業振興部長、阿部教育次長、遠山塩沢センター長が登壇して退職の挨拶をする。
 議場で挨拶した4人を始め、退職する53人の職員の皆さん本当にご苦労さまでした。合併、中越地震、豪雪と本当に大変の中、市民のためにご奉仕頂き感謝申し上げます。これからも市政発展のために、力をお貸し下さい。
  ●議会事務局の川邊さんも退職です。同年で議員協議会長の阿部議員より花束の贈呈
f0019487_16532560.jpg

 
[PR]
by 2nezou | 2010-03-19 15:57 | 議員活動 | Comments(0)
一般質問最終日、市長と相対す
         3月11日(木)

 議会10日目、一般質問3日目・最終日、午後から登壇し「中学生海外派遣事業について」市長の考えを問う。一回目に参加した20名の感想はどうだったか!!また、今は費用(約30万円)の7割の助成で、20名参加しているが、助成を下げて多くの中学生が参加した方が、寄付をなされた広田さんの主旨にそうがいかがかと質問する。それにに対し、市長は最初は現行で行きたいような回答であったが、再質問、再々質問で市長は質問の主旨で検討する旨回答する。
 そして、今職員に意識改革が求められているが、職員に海外派遣事業的な事は考えていないかも問う。
 やりとりの中で、職員に意識改革のために「海外研修会やまと」の研修に参加するよう奨励すると回答する。
    (質問の内容はトップぺージ左側の「議会活動報告」をクリックして下さい)
[PR]
by 2nezou | 2010-03-11 15:19 | 議員活動 | Comments(0)
第34回全日本マスターズスキー選手権南魚沼大会開会式
          3月9日(火)17:00~17:30

 34回を数えるマスターズの全国大会、9年ぶりに本県での開催となり、開催地が南魚沼市。関係者は3年前から準備をすすめ今日の日を迎えた。浦佐の羽賀さん事務局の裏方として本当にご苦労さまでした。
 北は北海道からは33名の選手が、南は長崎県から1名の選手と全国から781名の選手が、ここ「直江兼続公」の生誕地南魚沼市に集まる。
 大会は明日10日から14日までの4日間。アルペン会場は六日町八海山スキー場、クロスカントリー会場は欠之上クロスカントリーコース。
 開会式に井口市長と若井議長と担当委員長(総務文教委員長)と言うことで私も出席する。
    ●選手宣誓する90歳と60歳代の親子(新潟県津川)市民会館にて
f0019487_722657.jpg

    ●歓迎パーテーにて挨拶する若井議長
f0019487_751417.jpg

    ●平川さん(全日本スキー連盟常務理事)羽賀さん(事務局)登壇しての鏡割り
f0019487_7151935.jpg

    ●会場内のあちこちで再開を喜ぶ姿が見られた。熟年パワーで会場は熱気で一杯
f0019487_775768.jpg

 
[PR]
by 2nezou | 2010-03-09 06:42 | Comments(0)
3月定例議会初日
        3月2日(火)9:30~17:00

 3月定例議会がスタートする。会期は19日までの18日間。提出案件は予算15件、条例13件、その他13件。4日は社会厚生委員会。8日は産業建設委員会。総務文教委員会は9日。9日、10日、11日は一般質問。12日、15日、16日、17日一般会計当初予算審議。19日最終日は委員長審査報告・議案審議。議会運営委員会は15日。

<市長施政方針および行政報告>
 22年度の一般会計予算は①雇用・景気・金融対策②子育て環境の充実③教育環境の充実④コミュニティ活動の推進⑤財政の健全化を重点施策として予算編成した。
 ①雇用~緊急地域雇用創出特別基金事業、ふるさと雇用再生特別基金事業、
       被災地域緊急雇用創出事業  
   景気~48億円の投資事業実施(昨年比9億円増)
   金融~信用保証料補給金事業の継続(資金繰り対策)
 ②新政権施策の子ども手当、認可外保育施設たんぽぽハウスへの助成、浦佐認定子ども園建設事業、地域子育て創生事業に新たに取組む。10代前半の女子を対象に子宮頸ガンワクチンの予防接種に助成。
 ③五十沢小学校統合、塩沢地区給食センター、学校施設の耐震化事業は22年度で完了。
 ④可能な地区から分館事業を移行する等地域の自主性を尊重した自治活動の推進。辻又地区に交流施設の改修費を計上。
 ⑤引き続き職員の削減を進める。各部に1%削減で枠配分し内部経費の削減に努める。

 市長の施政方針報告の後に委員長の所管事務調査の報告がある。
 委員長として初めて報告する。(1月29日の事務調査を) 
 
[PR]
by 2nezou | 2010-03-02 20:22 | 議員活動 | Comments(0)