<   2010年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧
「もんでん英慈」応援に
         6月29日(木)8:30~8:15

 参議院議員候補(全国比例)自民党公認の「もんでん英慈」の街宣車が、JA魚沼みなみに来る。
 JA青年部と職員が集まるので、応援弁士を4日前に、県中央会より依頼される。
 JA魚沼みなみをスタートに今日は一日県内のJAを巡回し、石川県に渡すのだと、もんでん英慈新潟県事務局長(相田真平)、県農協青年連盟新保委員長は元気に話す。
 もんでん氏は、平成14年に全国農協青年連盟の会長をし、出身は宮城県で水田3㌶、大豆2㌶、牧草1ヘクタール、路地野菜、ハウスほうれんそう600坪、納豆の会社を経営。
 農業の現場の声を国政に送るためにも、百姓の代表を送る事が大切だ。3年前には、全中の専務であった「山田俊男」を我々の代表として送り込んだ。今山田さんは、一人で孤軍奮闘している。農家の代表としてもう一人送ろう。
      ●大勢の職員の皆さんが出てくれた。
f0019487_164564.jpg

      ●事務局長、県委員長、地元委員長、前重野専務(今日から)
f0019487_1645369.jpg

      ●この街宣車が全国のJA青年部、JAを巡回し農業の再生のために「もんでん」と
f0019487_1645532.jpg

 私の応援弁士の概要
おはようございます。
みなさんの職場JA魚沼みなみは新潟県でトップであります。大いに誇りと自信をもって業務に邁進して下さい。
この不況の時代に、金融、経済事業と同業者がうらやむほどの事業成果を上げております。
この事は、JAとしてあたりまえのことですが、常に農業の振興、コシヒカリ・八色椎茸、八色西瓜を核としたJAの経営があるからです。
皆さん、記憶に新しくまだ終息しておりませんが、宮崎県で発生した口蹄疫問題。4月20日に確認し初動対策が悪く今の状況を引き起こしました。10年前にも宮崎県で発生したときは対応が良く36頭で封じ込みました。
 みなさん今年からスタートした戸別所得補償方式は、考え方は否定するものではありませんが、私たち魚沼コシヒカリの米づくりにはメリットがありません。良い例が津南町です。半数の農家しか加入しておりません。
民主党の農政は、農産物の輸入自由化、もちろん米もです。その延長線上にあるのが戸別所得補償です。
まだまだあります。農地法に収まらず、協同組合の解体まで視野に入れています。
今、日本農業の危機です。今国政の中で農政問題で一人孤軍奮闘しているのが3年前、私たちのJAの代表として送り出した全中の専務でありました山田議員です。
山田議員も全面的に応援している米づくり3㌶、大豆2㌶、牧草1ヘクタール、路地野菜5反歩、ハウスでほうれん草600坪を経営している農家です。家では納豆も生産しており、昨年には保育所も開設いたしました。
 このバエタリテー溢れる「もんでん英慈」さんが、ここJA魚沼みなみに来ると聞いたときは武者震いがいたしました。
 よしこれで、日本農業の再生はできる。そして、私ども雪国の百姓が丹誠込めて作りあげた「魚沼コシヒカリ」を安心して作れる農政の実現のためにも、「もんでん英慈」さんを私どもの代表として国会に送ろう。日本の未来のために、農業の再生無くして日本の発展は無いからです。
 最後に新潟の選挙区には、6人の立候補者がおりますが、どうしても自民党が1議席奪い返す事が、正常の国会運営になります。年齢的にももんでんさん47歳、中原八一50歳です。
今日は職場で家庭で「もんでん英慈」を話題にしてください。よろしくおねがいします。
[PR]
by 2nezou | 2010-06-29 15:56 | 議員活動 | Comments(0)
参議院選挙公示日   消防庁舎建設工事安全祈願祭
          6月24日(木)

<参議院選挙公示日>
f0019487_15343195.jpg

  8:30~種村事務所に集合
          ポスター張りや看板を建てに現地に
 14:00~選挙対策会議
         チラシに証書張り、街宣車経路や時間配分等々

 新潟選挙区、自民党が1議席奪還しないと民主党の過半数を許してしまうので、どうしても「中原八一」を国会に送らなくては行けない。

<消防庁舎建設安全祈願祭>10:00~10:30
 長年の懸案でありました、消防庁舎の建設が始まります。
   ●安全祈願祭
f0019487_15472920.jpg
f0019487_1548518.jpg
f0019487_15481832.jpg

        
[PR]
by 2nezou | 2010-06-24 15:23 | 地域情報 | Comments(0)
市長の市政懇談会
         6月22日(火)19:30~21:00

<大崎地区にて開催>60人くらいの出席がある 
 主な質問  ・消雪パイプ(集落中にないので)
         ・六日町小のグランド進入、ララの件、職員・議員の給与
         ・野球場建設、水道料金
         ・浦佐幼稚園
         ・ウオロク、買い物難民
         ・文化会館とウオロク,BGプール、臨時職員を正職員に
         ・小さい行政でよい、議員定数、行政は医療福祉等を中心にやる

<6/21は辻又地区で>19人出席 
 主な質問 ・地域防災組織
        ・植林の状況
        ・六日町駅前渋滞解消                   
[PR]
by 2nezou | 2010-06-22 15:03 | 地域情報 | Comments(0)
6月定例議会最終日
          6月18日(金)9:30~12:00

 議会初日に本委員会に付託された案件(請願第3号)を報告する。
 「30人以下学級の実現、教育職員の人材確保、義務教育費国庫負担制度拡充を求める請願」は賛成少数で「不採択」と報告する。
 この請願は毎年だが、今回職員の給与の項目が入ってきたために不採択となった。
 発議で同じ意見書が提案されたが、不採択になった項を削除してきたので、賛成多数で可決する。

 本6月議会は重要課題が出てきた。
     ・大原運動公園
     ・図書館
     ・ウオロク
     ・入札にかかわる件(斎場、消防庁舎、浦佐子ども園)
 議会最後に「合併5周年記念 大相撲南魚沼場所」については、中止すべきではないかとの意見。
 私も同じ考えだ。市長は大相撲の理事会の結果を見て決めたいと言っているが……。
 

<松原議員永年表彰を祝う会>17:30~19:30
 議会最終日でもあったが松原議員のお祝いを我がクラブ(南魚みらい8名)だけで行なう。忙しいなか井口市長他執行部も参加してくれる。前副市長の井口さんも出席してくれた。
 お祝いと同時に定例議会が終わり心地よい安堵と重要課題山積の市政の話しが中心。また、24日告示日の参議院選挙にも話題が広がる。
 みなさん、議会の緊張等の疲れでいつもより早めのお開きとなった。
 松原先輩これからもご指導のほどよろしくお願いします。
 
     
[PR]
by 2nezou | 2010-06-18 20:46 | 議員活動 | Comments(0)
郷土史編さん委員会     市自衛隊協力会総会
          6月17日(木)

<郷土史編さん委員会>13:30~15:45
 今年の4月より委員となり、今回が初めての会議で内容を充分把握していないために、最初はとまどいがあった。最初、編さん委員と編集委員の区別がつかなかったが資料の説明等でわかり、委員としての目的役割もしっかりと解ってきた。
 今年から六日町の資料集第2巻が発刊されるのだが、その事務局の体制の悪さが委員長より指摘され、抜本的な対応を副市長が約束する。
 それにしても、この会議に副市長が出席していたからいいものの、そうでなければ、あの穏当の今成委員長は、この会議を投げ出していたかも解らなかった。
 今年度予算は付いているが体制はゼロとはお粗末すぎると思った。
 郷土史編さんの全体計画や進捗率はどうなのか………。

<南魚沼市自衛隊協力会総会>16:00~19:00
 今年の春には高田自衛隊60周年記念事業に参加してきた。
 日本の周りを見れば、北朝鮮のミサイル、中国艦艇の近海通貨問題やガス田開発、韓国との竹島問題等々があり一発触発状況でも、私たちが安心して生活できるのも自衛隊の皆さんが24時間守ってくれているためです。
          ●挨拶する会長の井口市長
f0019487_20445992.jpg

[PR]
by 2nezou | 2010-06-17 20:17 | 議員活動 | Comments(0)
「中原八一」南魚沼総決起大会
         6月16日(水)18:00~19:30

 市民会館にて参議院候補予定者「中原八一」の南魚総決起大会が開かれる。今日は国会の最終日で国会議員の先生方は来られるのか心配したが、衆議院の長島先生は来られたが、参議院議員の先生方は来れなくなった。
 民主党政権は昨年の衆議院選挙で公約した事は、ほとんど守れなくウソを言って政権を取ったと言っても過言でない。
 例えば ①普天間問題~最低でも県外
       ②子供手当26,000円~半分の13,000円をの支給
       ③政治と金~時の鳩山首相の贈与税脱税問題、時の小沢幹事長政治資金問題
       ④高速道路無料化~実施されない
       ⑤暫定税率の廃止~実施されていない(高騰しているガソリンが安くなる)
 普天間問題は、国内の問題のみならず、日本の安全・抑止力と言うことや、外交問題として最重要課題だと言うことは、私でさえも解るのに時の鳩山首相(民主党)の認識に危なくて、日本を任せられないと痛感する。
 又、口蹄疫の初動対応の悪さが宮崎県の畜産を絶滅に追いやった。10年前に同じ宮崎県に発生した時は、国の適切の対応で確か35頭?の殺処分で終結した。民主党が宮崎の畜産を危機に追いやった。
 まだまだ心配はある。「外国人参政権」「教育の問題」。
 良かったのは「事業仕分け」だが、思ったほどのお金は捻出出来なかったが、独立行政法人が公務員の天下り先になっていることや業務の見直しは良かった。

 絶対に今回の選挙は、民主党に過半数取らせないためにも、新潟は中原八一さんが一議席奪取する事が至上命題だ。今日はそのための総決起大会だ。

           ●後援会長 種村元県議長の挨拶
f0019487_20141227.jpg

           ●中原八一の決意表明
f0019487_20151161.jpg

 
      
[PR]
by 2nezou | 2010-06-16 18:52 | 議員活動 | Comments(0)
一般質問で市長と相対す!!
         6月15日(火)

 今回は農業問題とJA合併と野球場整備の3点
1.戸別所得補償事業
  民主党の目玉政策だがその矛盾(米価が下がる)について市長の考えを問う。
2.JA合併
  2農協の合併から10年が過ぎ、「JA魚沼みなみ」と「JAしおざわ」の合併に市長が仲介を取る
  時期でないかと市長の考えを問う。
3.野球場の整備について
  昨日の3人の質問で答弁をいただいているので、市民フォーラム(野球場建設反対)に対する私の考えを   のべて市長の見解を問う。

<質問門内容>
 おはようございます。先に通告した3点について質問いたします。

最初に戸別所得補償モデル対策事業です。
先週、本対策への加入申請と同意書をJAに提出てしまいりました。
この加入申請書を書きながら、水田農業の将来と魚沼コシヒカリの産地として、米づくりに将来はあるのか考えた。
 この戸別所得補償制度は、菅直人首相が民主党の代表時に策定を指示して2004年5月にまとめた「農林漁業再生プラン」が原点で、民主党の農林議員は、菅首相の8年越しの悲願と言っている。
 (赤松大臣)山田新農林大臣は、農政の大転換(価格支持の補助金行政から所得政策~直接支払いの導入)の歴史的な第一歩といっており、23年度からの本格実施に向け予算は1兆円を目指す。そして、農業農村の多面的機能が発揮できるように「環境加算を検討する」と言っている。また、この制度は先進国最低の自給率を50%に向上させ、農業と地域を再生し、農山村に暮らす人々が将来に明るい展望を持って生きていける施策だと言っている。
 
 この事業は作付け面積から10アルを引いた面積に販売農家であれば誰でも15、000円所得補償収入になる。もちろんこの15,000円の交付を得るには生産調整に参加することが基本であることは承知の通りです。 
 津南町は対象農家1600戸のうち、戸別所得補償への加入は5割。
この事が示すように魚沼コシヒカリには全然メリットがないのです。
 
 農水省が昨年11月に発表した22/23年のコメ需要見通しは813万㌧で21年より8万トン減り、22年6月末の期末在庫は308万㌧と7年ぶりに300万㌧を上回る見通しだ。
 その上、生産調整が自由になりコメの作付けが増える。
 そうなれば、米価は確実に落ちる。
 このような状況が想定されるが、本当に本対策は米づくりに明るい展望をもたらすのか伺う。
 
農協合併について  
 農業情勢は内圧(産地間競争)外圧(市場開放)ともさらに厳しさを増しており、魚沼コシヒカリを核とした更なる発展・産地の強固な地盤確率のためにも、JAしおざわと魚沼みなみの合併が必要と思うのは私ばかりだろうか。
 魚沼コシヒカリ、日本一のトップブランドの産地として、同一管内にコシヒカリの生産技術、販売戦略が二通り逢って良いはずはありません。
 同じような主旨で、18年12月の一般質問で、農協合併について取り上げました。
 その時市長は「農業振興やコシヒカリのためにも合併は不可欠で、合併については両組合長さんや理事の皆さんに呼びかける」と話し、その通り働きかけを行なったと思います。

 平成12年塩沢農協が離脱し、六日町・大和町が合併し10年経ちました。合併に至らなかった理由はそれぞれあると思いますが、10年前より経済、農業情勢は更に厳しい状況になっております。
 今後は農業と観光が一体となった取組み、農商工連携の6次産業化で地域経済の活性化が今求められています。それらのためや、なによりも同じ市に同じ行政に、農協が二つあると言うことが、農業振興に余り関係ないように思うかも知りませんがそれは違います。1+1が2ではなく3にも4にもなります。その事は六日町と大和町の合併で実証済みです。将来の南魚沼市の発展と魚沼コシヒカリを中心とした農業振興と農業観光、6次産業化のためにも、10年を得た今日、今一度仕切り直し、市長から働きかけを行なって頂きたいと思いますが市長の見解を伺う 。

野球場の整備について   
 大原運動公園の整備については、9月議会に基本設計の予算を計上すべく準備をすすめている。その整備のうち野球場建設に対し市民19,212名の方が反対署名を行なっており、その署名は重い。反対者も含む市民の不安を払拭し整備することが大切と思うが市長の見解を伺う。
[PR]
by 2nezou | 2010-06-15 21:17 | 議員活動 | Comments(0)
「浦佐こども園」建設工事「安全祈願祭」
        6月15日(火)8:00~8:30

 浦佐幼稚園と浦佐保育園が一体となった認定子ども園(公立では新潟県で最初かな!)「浦佐こども園」(学童保育含む)建設工事がいよいよ着工の運びとなり、今日の地鎮祭(安全祈願祭)となる。
   ●施工者 <建設>井口・島田・桐生特定共同企業体
          <電気>(有)吉田電気
          <機械>拓越・ヤマト設備特定共同企業体
          <削井>(株)大豊地下開発
   ●設計・監理者 種村俊夫建築設計事務所
    
 和久井 白山神社宮司さんにより安全祈願祭が執り行われる。
 今、就学前教育の大切さが言われており、同じ年齢の子が家庭環境の違いで、文部省管轄の幼稚園、厚生省管轄の保育園とに分かれそれぞれ教育を受けてきた。当然教育の内容は違いが生じている。
 「認定子ども園」という制度が発足し、幼稚園と保育園が一体となった「浦佐子ども園」で教育を受けることは平等になり良かった。この施設は定員もあるが市内からであれば
誰でも入園できる。

        ●挨拶する井口市長
f0019487_16402384.jpg

  
[PR]
by 2nezou | 2010-06-15 16:18 | 議員活動 | Comments(0)
定例議会初日
          6月8日(火)9:30~17:00

 議会初日に、松原良道議員在職10年以上、峠佳一前議員正副議長4年以上の功績で、全国市議会議長表彰伝達式が行なわれる。
 峠氏は18,19年と副議長を20,21年と議長をなされた。議長の時に議会改革を打ち出し、議会改革は峠氏のリーダーシップで行なわれ現在も引き継がれている。
 松原氏は町議会から通算すると現在5期目になる。補選で出ていれば6期目。議員の中では一番古く、なお新市18,19年の初代の議長でもある。

 4/27に調査した事項、総文教委員長報告を行なう。
  <調査事項>・坂戸城跡
           ・中学生海外派遣事業
           ・図書館整備検討委員会
           ・大原運動公園整備検討委員会
           ・その他

 <主な案件>
   ○土地開発公社、しゃくなげ湖畔開発公社、白の世界文化村各経営状況
   ○一般会計補正予算(167百万円を追加)
     ・本庁舎整備事業 11百万円
     ・子宮頸ガンワクチン46百万円(中学生女子982人分3回接種)
     ・子供医療費助成16百万円(小学6年生まで)
     ・浦佐地区景観計画策定事業1百万円
   ○斎場(69千万)請負契約の変更
   ○斎場指定管理者
   ○消防庁舎(建築)入札(559百万円)
   ○浦佐こども園(建築)入札(368百万円) 

   
[PR]
by 2nezou | 2010-06-08 14:03 | 議員活動 | Comments(0)
第22回 東京やまと会総会
         6月6日(日)11:00~15:00

 朝6:30分八海山の残雪を後に大和庁舎をマイクロバスとワゴン車2台で出発する。マイクロとワゴン車には、大和・故郷の香り(山菜、八海山、しんこ餅、越後ワイン、笹団子、コシヒカリ等々)を一杯乗せて、参加者が乗れないほどの土産が積み込まれる。
 大和からの参加者を含め160人くらいが集う。会場は上野公園の「静養軒」です。

      ●田中会長の挨拶で開会する
 (左から井口市長、黒岩代議士秘書、春日県人会副会長、若井議長、私、和田JA専務)
f0019487_6484894.jpg

      ●一番人気の山菜は完売する。(今年は雪が多かったために山菜が豊富)
f0019487_6524254.jpg

      ●北区「おけさ会」の皆さんの華麗なおどり
f0019487_6543632.jpg

      ●「おけさ会」のみなんさんと一緒に
f0019487_656888.jpg

      ●最後のフェナーレ「浦佐の盆踊り」
f0019487_657078.jpg

      ●懇親会の中締めの挨拶を行なう
f0019487_6575916.jpg

   大和行きのバスに乗れず、清水さんと山本さんの三人で二次会に行く。
   最終の新幹線にようやく乗り浦佐に帰る。
[PR]
by 2nezou | 2010-06-06 06:36 | 地域情報 | Comments(0)