<   2010年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧
議会最終日!!
          9月22日(水)9:30~13:36

 本来の日程であれば今日は休会で、最終日は24日なのだが、昨日の議会運営委員会で、今日が最終日となる。今日が休会だと、最終日に向けて、委員長報告や意見書の発議の整理等の勉強ができるのだが、今日の睡眠は数時間だ……。
 議会最終日をタイム的に追ってみる。

 1.9:30 議長開会を告げる。
 2.9:30 総文委員長(私)報告
          陳情第2号~私立高校生が学費を心配せず学べるように、学費軽減制度の
                   抜本的拡充など私学助成の増額・拡充を求める意見書
          陳情第3号~選択的夫婦別性を認める民法の一部改正に反対を求める
                   意見書
            陳情2号は全員賛成
            陳情3号に反対討論  牛木 岩野
                   賛成討論  樋口 塩谷     賛成多数で採決
 3.9:56 産建委員長(牧野)報告
          72号議案~下水道特別会計決算認定 
                                       討論無し 採択
          73号議案~水道事業会計決算認定    
                  過大投資で水道料金上がっている。
                       投資的経費を水道料に反映すべきでない。
                   賛成討論  寺口         全員賛成
 4.10:10 社厚委員長(今井)報告
          68号議案~国民健康保険特別会計決算認定
                   反対討論・岡村、賛成討論・寺口    賛成多数で採択
     <休憩10:37~10:55>
          69号議案~介護保健特別会計決算認定        討論無し全員賛成
          70号議案~老人保健特別会計決算認定        討論無し全員賛成
          71号議案~後期高齢者医療特別会計決算認定   討論無し全員賛成
          74号議案~病院事業会計特別会計決算認定 賛成討論・佐藤 全員賛成
 5.11:08 19号報告 専決処分した事件の報告
                  (塩沢地区給食センター建設工事請負契約の変更について)
           牧野、岡村、松原、寺口から再質問や再々質問あり、市長の他に教育長、
           教育部長が答弁する。質問も答弁も理にかなっているが……。
           松原は職員の人員や技術者不足までつっこみ、はば広い応酬となり、
           どちらもひかない。
                                            全員賛成
 6.11:42 84号議案 手数料徴収条例の一部改正          全員賛成               
 7.11:45 85合議案 財産の取得 (野世ヶ原)
             松原、阿部より懸案事項に対し賛意の質疑     全員賛成
     <お昼休憩11:55~13:10>
 8.13:10 発議第11号(陳情2号と同じ内容)意見書の提出  
                         提出者 関(私)      全員賛成         
 9.13:14 発議第12号(陳情3号と同じ内容)意見書の提出
                   提出者 黒滝  反対討論あり 賛成多数で採択
 10.13:32 発議第13号
            ~緊急的な米需要調整対策に関する意見書の提出  提出者 小澤
                  岡村よりMM米に関する事で質疑あり  全委員賛成で採択
 11.13:35 日程第16 閉会中の継続調査について 
 12.13:36 議長閉会を宣言し9月議会閉じる。
[PR]
by 2nezou | 2010-09-22 06:07 | Comments(1)
一般質問で市長と論戦!!
          9月14日(火)

 昨日の7名の一般質問なかなか聴き応えがあった。
 私は一般質問2日目の4番目に登壇する。私の前が共産党の岩野議員。私の後が笠原議員なので、気合いを入れて市長と相対した。
 質問時間は持ち時間30分(市長の答弁は除く)。ふるに利用して市長に迫る。一番目の質問は教育長も答弁に立つ。

 <質問と答弁の概要>
 ●市民一人一スポーツの推進を
  浦佐耐久山岳マラソン大会に、招待した福田六花氏は「医者であり、ランナーであり、ミュージシャン」だ。かって大学病院の医者で、外科医として多くの手術を手がけた。しかし、激務と不摂生の生活で92㎏まで太り、命が危ないと思ったそうだ。その頃ランニングに出会い、走ることで体重が徐々に減り、30㎏の減量を果たした。
 南魚沼市は県内で一番の長寿のまち、一人当たり医療費も安い方から3番目。しかし、当市の一人当たりの医療費は年々上がってきている。日本の総医療費は年間32兆円(当市220億円)、そのうち生活習慣病10兆円(当市70億円)。二人に一人スポーツを行なえば生活習慣病5兆円(当市23億円二)は節減できる。その原資を福祉にと六花氏は熱く語る。
健康と福祉の充実を望まない市民はいない。市民一人一スポーツの推進」を積極的に行なうべきだが。
( 市 長 )
 市民一人一スポーツという考えは導入する。「スポーツ振興基本計画」が社会教育の分野だけでなく、医療・福祉・保険という面からも考え、市民六万二千人の計画にしたい。

●収穫の秋を素直に喜べる農政を 
 コメが80万トン余り、米価が下がり、米作りに将来展望はあるのか。
 ( 市 長 )
今まで経験したことのない衝撃の秋だ。農業を衰退させて栄えた国は無い。日本農業の再生を国、県に強く求めていく。

    質問内容の全文は、トップページの議会活動報告をクリックして下さい。
[PR]
by 2nezou | 2010-09-14 05:43 | 議員活動 | Comments(0)
経済委員会傍聴
         9月10日(金)9:30~12:00

 午前中、下水道特別会計と水道事業会計が審議される経済委員会傍聴する。
 ●下水道の普及率は89.6%で工事は25年度までには市内全域で終了するが、繋ぎ込み(水洗化率)が78.3%(特に塩沢が68.4%)と悪く、その対応について議論される。3200世帯が繋ぎ込んでいない。
 20年度以前の滞納額が3,858万円あり、下水道の負担金、分担金、使用料は、水道料と違い公法上の債権であり、時効期間5年が終了すると絶対的効力が働き、支払わなくても良くなるので、その滞納額については注意する。
 ●水道事業は、水1立方㍍当たり229円は県内はもとより全国でも高く、この問題がいつも指摘される。
その原因は、過大な投資(施設利用率33%)にあるので、下水道の繋ぎ込み等を行ない水需要を図らなければならない。21年度は、経済対策で5ヶ月間水道料金を半額にした。
 経営状況は約4割の営業外収益(一般会計からの繰り入れ金・8億円)で約2億円の黒字。
 なお、給水原価は1立方㍍当たり349円、供給単価は229円。販売損益は△の120円。

 下水道は繋ぎ込み、水道は高い料金とそして、2事業とも多額の滞納や未収金が存在しており、難題が山積しておる。一軒一軒市民との対話を通じ、正直者がバカを見ないように、案件によっては法的手段を通じ解決することも大切だ。
 
[PR]
by 2nezou | 2010-09-10 11:35 | 議員活動 | Comments(0)
社会厚生委員会傍聴
          9月9日(木)9:30~17:00

 21年度決算審査に当っては、予算が議決した主旨と目的に従って適正に、効率的に執行されたか。そして行政効果が発揮され、市民サービスが万全であったかという視点から議会に臨む。
 社会厚生委員会には、病院事業会計、国民健康保険、介護保健、老人保健、後期高齢者医療の5つの会計が負託され、今日の審議となっている。
 病院会計は、基幹病院との関係から多くの質問が出る。その主なやりとりについては、下段に列記した。
 国保会計は市民の3割の方が加入している。医療費は県下で低い方から3番目であるが、滞納者や税の公平、資格証の発行、法定外繰り入れ等々の質問が出る。国保の財源不足に関しては、このままでは、30%からの値上げをしなくてはならなくなるので、現在「国保運営協議会」で検討している。議会にも国保の検討内容を明示してもらいたいと思った。国保の採決では、共産党が原案に反対した。

 <病院事業会計>回答は事務長、院長先生
   ・21年度赤字の主たる要因は
     ~改修と看護師の増、今年度は黒字となる。
     ~常勤医師(17人)が少なく、非常勤医師(65人)が多い事も一要因
   ・大和病院に何を求めて来ているのか
     ~地域医療を学びに来ている。
     ~住民の温かい心、土地や人情。(クレーマーがほとんど無い)
   ・大和累積赤字12億円だが、一般会計から積極的な支援が必要では
     ~医療は、現場主義・継続性・独立性」、やはり経営として成り立つようにしたい。
   ・大和病院をこうしたいと、先生(医師)方がもっと主張していいのではないか。
     ~基幹病院があってもなくても、中核病院として地域医療はしいかりとやる。
     ~市民病院なので、市の考え方が大切。
   ・大和病院は、市の中央(今の六日町病院に)に出てくるべきでは
     ~六日町病院の事があり、それは微妙だ。

<>
[PR]
by 2nezou | 2010-09-09 10:59 | 議員活動 | Comments(0)
9月議会初日~22年補正予算修正動議
         9月7日(火)9:30~19:30

 9時30分ブザーと共に9月議会が開会する。今日から24日まで18日間。9月議会は決算議会とも言われており、21年度の決算会計の審査が行なわれる。この決算審議を充分議論することは、次年度の予算にも反映することなので、今までにも増して勉強して議会に臨まなくてはならない。
 いいわけはしないが、4日5日と山岳マラソン大会があり、昨日は終日決算書や議案に向かうが、眠くなるのをこらえて万全の準備!!?をし、今日の初日に臨む……。

 ●市長の所信表明、いつもより長く力がこもっていた。
<保険・医療・福祉>
 ・子宮頸がん予防ワクチン接種7月より始る。中学生女子1000人が対象。
  7月19%の接種率。
 ・第1回魚沼基幹病院財団法人設立準備委員会が8/25に開催される。
 ・住宅用火災報知器設置義務化に伴い、高齢者、1人親世帯などを対象に助成。
<教育・文化>
 ・学区再編集落懇談会始る。(大巻、城内、五十沢の中学校区と上田地区で)
 ・8月に中学生20名アメリカ合衆国へ派遣。
 ・六日町中学校野球で県大会3位となる。吹奏楽で塩沢中学校が県大会金賞。
 ・6月29日に「図書館基本整備基本構想」答申いただく。
<環境共生>
 ・緑の分権改革推進委員会立ち上げる。~地域資源の活用
                           (自然環境、クリーンエネルギー等)を検討
 ・熊の出没(4月以来40件を越える報告)対策。
 ・65歳以上の交通事故の多発~高齢者の運転免許証の自主返納の勧奨。
 ・ゴミ処理について~スラグ、汚泥、紙プラ、無料回収、廃棄物の不適正処理等。
<都市基盤>
 ・救急経済対策、住宅リォーム事業~975件・補助金7,773万円・事業費113,745万円、
                         14.6倍の事業効果。
 ・予算執行については計画通り推進している。
 ・斎場9月1日より業務が開始。
<産業振興>
 ・生産調整99.5%の達成率、初めて未達。戸別所得補償対策87.5%の加入。
 ・大相撲「雪国・南魚沼場所」は、不祥事以降最初の巡業地と言うことで話題になる。
 ・「戦国エキスポ」4/11オープン以来8/17に3万人達成。1日233人の入り。
 ・6/12開催のグルメマラソン3272人の申し込み。出走は2909人で大盛会。
<行財政改革・市民参画>
 ・市歌作曲の遠藤実先生の功績を称え、3回忌になる今年記念碑の設置費計上。
 ・大原運動公園整備基本設計費を計上。
 ・消防庁舎につきましては、7/20に規則委工事が始り、本格的な工事が開始。
<21年度決算状況>
 ・実質収支額は前年度を1億7千万上回る5億4742万円となる。
 ・財政調整基金(貯金)へ7億円積立て、繰り上げ償還を3億5千万円行なう。
 ・病院事業は2億8千万円の純損失がでた。
 ・水道事業は昨年水道料金を5ヶ月半額としたので、収益が前年度の88.2%。
 ・財政健全化法に基づく、実質赤字比率、連結赤字比率は該当無し。
  実質公債費比率は22.1%、将来負担比率とともに改善されています。
<22年度一般会計補正予算>
 ・JA六日町支店ビルを本庁舎第庁舎とすべく費用を計上。
 ・土地開発公社の塩漬け土地を買い戻し費用計上。
 
 (株)ウオロクから市民会館駐車場を用地とした大型店舗出店については。お断りすることにしたと。そして、今年産米仮渡し金が、昨年度2,200円減の16,500円であり、米情勢悪化に対する懸念を表明する。

●総務文教委員長(私)7/13、14の報告
 ・公民館分館事業 ・学童保育の学校管理に与える影響 ・市民会館の利用状況
 ・図書館 ・市内の地デジ対応 ・土地開発公社 ・市税
 の7件について、調査の報告をする。
  2名から質問があり、「図書館の位置については議論が無かったか」と言う質問に対して、「委員会ではそう言う質疑は無かった」と報告したら、何でしなかったんだという風な意見がありましたが、あくまでも私の報告は委員会での質疑の内容を報告するのであって、図書館の位置について議論が無かったことがおかしいのではないかというような再三の質問がありました。私に言わせれば、貴方の会派の方も委員会に出席しおり、そうであれば、位置について委員会で質問してもらいたかった。再三の私への質問に対して、委員長報告はどういうものなのかと勉強してもらいたいと言ようと思ったが、要望として受け止めますと回答した。

●陳情2件については私の所管する総務文教委員会に負託。
    ・私立高校生が学費を心配せずに学べるように……私学助成の増額を求める……。
    ・「夫婦別性を認める民法の一部改正」に反対を求める……。
●21年度決算、特別会計5、企業会計2については、大綱を審議をしそれぞれの委員会に負託する。

●22年度一般会計補正予算
 9月議会の主要課題と言っていい「野球場建設」に係わる予算が初めて計上されてきた。
 私どももこの件に関しては、反対派が修正動議を提出するのはまちがいないと踏んでいた。お昼や午後の休憩時間では、質疑の中で市長の答弁によっては反対しないとの情報も入ってくる。15時頃から傍聴席は、この問題の関心の高さ?から大勢の市民でほぼ満杯(野球場反対者がほとんどで、動員されてきたような感じがするのは私だけだろうか……)になる。
 質疑の中で市長は、答申がでたもだけの基本設計でなく、幾つかの案を提示すると応えたので、これは、修正動議は出ないなと思ったが、75号議案22年度一般会計補正予算(第4号)に対する修正動議が出される。提出者・笠原喜一郎、賛成者・岡村雅夫、牛木芳雄からだ。
 提出者の提案説明があり、議場内は白熱した意見が飛び交う。修正動議を出した3名、三会派7人の意見も一枚岩でなくなる意見が出る。提出者笠原議員の答弁も質問に対して時々つかえる。
 質疑が終り討論では、原案賛成の林議員の討論は良かった。それぞれ、3名づつの賛成反対討論が続き採決にはいる。原案賛成・修正動議反対は19名、修正動議賛成・原案反対は6名で、野球場建設は一歩前進する。この採決はこれから野球場建設を含む運動公園の設計1,000万円に賛成したのであって、野球場建設の是非とは違います。

 私が議員となり、一般会計に係る原案に修正動議が出されたのは初めて。そして議会が19時半まで延長したのも初めてだ。
 初づくめの9月議会初日であった。議会とはルールにのっとり自分の考えを話す事だが、ただ自分の主張が正しく、自分の主張を貫き通しがたいために、市長の答弁や相手の意見を聞かないのはいかがなものかと思った。議会が終了し、野球場建設反対は、私の選挙の公約だ……の話しに、二の矢、三の矢が仕掛けられて来ると思った。

<県風展会議>
 18時半からの会議であったが、遅れることは連絡しておいたので、会場には20時頃着く。
 こちらも会議が今終り、懇親会が始ったところだった。我々議員が5人駆けつけたので改めて、全県下参加の第25回新潟県「県風展」~盆栽、陶芸、山野草。開催は10月9日~11日。会場は今年から大和のB&G体育館。従って実行委員長が駒形正博、副実行委員長に私と佐藤議員、実行委員に大和の議員は全員名前を連ねる。
 節目の展覧会となるわけなので、是非成功させたい。
 
 
[PR]
by 2nezou | 2010-09-07 16:28 | 議員活動 | Comments(0)